LotR なんでも掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

99995

※掲示板を再開しました。SPAM対策を強化してあります。必ず掲示板内「HELP」の案内をご覧下さい。

-----------------------------------

当掲示板は、2005年2月〜3月『オペラ座の怪人』の字幕検証作業場となっておりました。
出来上がった総覧、すなわち全脚本+一部対訳+問題字幕指摘と解説は、
きれいにまとめた形で [字幕改善連絡室新掲示板]にあります。

-----------------------------------
移行以前の旧ツリーは、こちらをご覧ください。


■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalスーパーコピーブランド N級品 代金引換専門店(0) | Nomalブランドコピー服(0) | NomalMAXMAN(0) | Nomal時計N激安買取brepli8(0) | NomalKoH【DCネタバレ】雑談ツリー(29) | NomalKoH-DC字幕のツリー(55) | NomalKoHディレクターズカット Disc2(23) | NomalKoHディレクターズカット Disc1(25) | NomalKoHの歴史解説字幕(50) | Nomal書き込みテスト用のツリー(3) | Nomal[報告]連名ありがとうございました (37) | NomalKingdom字幕の指摘総覧?(44) | Nomal第2:Kingdom字幕総覧?(22) | Nomal「オペラ座の怪人」字幕に関するお返事(26) | Nomal第2:Kingdom of Heavenの言葉(50) | Nomal[バカ]KOH DVDのススメ[ネタ](1) | Nomal検証ではなくKingdom of Heaven(70) | NomalKingdom of Heavenの言葉のツリー(70) | NomalKingdom 本編以外(6) | Nomalsage進行雑談ツリー(52) | Nomal『総覧』ミス捜し願い(70) | Nomal「オペラ座」後夜祭ツリー(70) | Nomal【マスター】1-5 Little Lotte / The Mirror(12) | Nomal【マスター】番号リスト(43) | Nomal【マスター】1-1 PROLOGUE(3) | Nomal【マスター】2-1 Masquerade(13) | Nomal【マスター】1-10 Notes(4) | Nomal【マスター】1-9 I Remember / Stranger than you dreamed it (7) | Nomal【マスター】1-3 Think of me (前半)(13) | Nomal【マスター】2-9 The point of no return / Chandelier crash(6) | Nomal〔お知らせ〕連絡室新掲示板に(11) | Nomal【マスター】1-7 THE MUSIC OF THE NIGHT(9) | Nomal【マスター】2-8 Don Juan(13) | Nomal【マスター】2-10 (前半)Down once more(27) | Nomalサントラ番号(37) | Nomal【マスター】2-10後半: 三重唱〜ラスト(31) | Nomal【マスター】2-4 Wishing you were somehow here again (16) | Nomal【マスター】1-11 Poor Fool, / IL MUTO (6) | Nomal【マスター】1-6 The Phantom Of The Opera(7) | Nomal【マスター】1-4 Angel of Music(5) | Nomal【マスター】1-12 屋上へ(4) | Nomal【マスター】1-2 OVERTURE-HANNIBAL[1](11) | Nomal【マスター】1-8 Magical Lasso(0) | Nomal【マスター】2-2 Madam Giry's Tale(12) | Nomal【マスター】2-7 We have all been blind(3) | Nomal【マスター】1-13 All I ask of you(7) | Nomal【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight(5) | Nomal【マスター】2-3 Journey to the cemetery(2) | Nomal代案、投票にかけます(4) | Nomalご協力願い(0) | Nomal【マスター】1-10 Prima Donna(6) | Nomal【マスター】 1-14 All I ask of you (Reprise)(1) | Nomal【マスター】1-10 Notes(前半・未完)(8) | Nomalヘルプ求む!(16) | Nomal1-10 Notes / Prima Donna(2) | Nomal1-8 Magical Lasso(6) | Nomal【マスター】2-11 Learn to be lonely(1) | Nomal【皆様へ】お詫びとお断り(6) | Nomal日本語字幕に関するコメントツリー(19) | NomalRotKSEEその3(26) | NomalRotKSEEその7(34) | Nomal『王の帰還』SEE感想解禁!(23) | NomalRotKSEEその5(33) | Nomal書き取りご協力くださる方へ(17) | Nomal一粒で何度も・・・楽しくつつく隅(1) | NomalRotKSEEその2(20) | NomalRotKSEEその6(23) | NomalRotKSEEその4(28) | NomalRotKSEE 追加分その1(31) | Nomalタイトルについて(2) | Nomal【ネタバレ危険!】RotK SEE【感想】(6) | Nomalコンサート行きました(12/11)(10) | NomalROTK SEE(1) | Nomalエンディング長し(45) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(40) | NomalLotRコンサート(12) | Nomal『王の帰還』DVDのツリー(2) | Nomal雑談ツリー:FotR関連(43) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(その2) (23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(その2)(31) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 1〜5(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 11〜15(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 26〜30(その2)(8) | NomalMelting Pot Party! 多国籍交流会 7月17日(土)(0) | NomalFotRのDVD/VHS字幕見直しについて(6) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(44) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 21〜25(その2) (16) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 6〜10(30) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(その2) (19) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■4046 / 親記事)  KoH-DC字幕のツリー
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/12(Tue) 01:44:57) [ID:KMvvpEUw]
引用返信

▽[全レス55件(ResNo.51-55 表示)]
■4119 / ResNo.51)  Chap56 身分なんか
□投稿者/ 白い都 -(2007/01/06(Sat) 15:57:44) [ID:LATEMBG1]
    (負傷者の手当てをするシビラ。元墓掘り人の兵士、包帯を巻かれながら)
    Gravedigger:
    You are not a sister.
    【尼僧ではないな】

    Sibylla:
    We are what we do.
    【身分なんか {5} 】

    Gravedigger:(頷く)
    Then I'm a man who has traveled a long way to die for nothing.
    【俺は異国で犬死にする男だ】
    What would you say to that?
    【どう思う?】

    Sibylla:(バリアンから顔を隠すことに気を取られて)
    I - I would say that I'm sorry.
    【お気の毒だわ {6} 】

    Gravedigger:
    And I'm sorry for you, Queen of Jerusalem.
    【あなたもね】
    【エルサレムの女王】

    普通の訳:私たちは何をするかによって、何者であるかが決まる。
    墓堀人の追及に対して、シビラは「尼僧の役目である治療行為をしているのだから、私は尼僧と同じですよ」と、かわした。
    ハーブ訳No3946「今はこれが務めです」は分かりやすい意訳。

    cf.Chap60のバリアンとギーの決闘シーンにも同じような台詞がある。
    Balian:
    We are all of us what we do.
    【行いが人間を決める】

    字幕は「私たちは明日死ぬかもしれない立場なのに、今さら身分なんて、どうだっていいでしょ」という開き直りに聞こえて、やや意訳が過ぎると思う。
    「お気の毒」のところは、通りかかったバリアンに気を取られて、言い淀んでいることを示したい。

    代案:私の役目です (+1) //
       お・・・お気の毒だわ (+1) //
引用返信
■4122 / ResNo.52)  火花ひとつで燃え上がる柴
□投稿者/ ハーブ -(2007/01/07(Sun) 22:19:04) [ID:wFDKVile]
    2007/01/08(Mon) 10:07:19 編集(投稿者)

    chap42(全文はNo.3942またはNo.4044にあります)は本当に、
    >英語台詞を直訳しても禅問答のようで、ストーリー理解が難しい場面
    ですよね。英語として理解に悩むような単語構文はなくても、言っていることがよく分からない。だから私のこの投稿も、回答や解答ではなく、「自分もあれこれ考えた」の域を出ないものであることを、最初にお断りしておきます。

    でも、白い都さまのおかげで、まず「光になる」が納得できました。
    >あなたがたは、世の光である。(マタイ福音書5-14、山上の垂訓)
    膝ポン、それがあったよ。私はthe lightというとどうしても神またはイエスと思っていたので、謙虚なはずのホスピタラーが?と戸惑っていたのが、すっきりしました。

    次に、One spark, a creosote bush. について。
    No.3952のまめ様にレスするはずだったのですが(ごめんなさい!)、
    >クレオソートブッシュって、アメリカ南西部の樹木
    と決まったものでもないんですよ。植物学上の分類では現在特定地域の特定種のみにこの名を使うのかもしれませんが、英語としては新大陸発見以前に
    creosote;1) 木タールを蒸留して得られる油状液 2) 石炭タールを蒸留して得られる油状液
    はあったので、とにかく油分が多くて発火しやすい灌木ってことでしょう。「油柴」くらいの感じじゃないかと思います。
    特にここでは「燃える柴(Burning bush)」と同義でしょうし、それなら英語ウィキに
    Burning bush is also a common name applied to several different, unrelated plants
    つまり分類学上はつながりのない種類の、複数の植物の俗称として使われる呼び名であって
    It gets its name from comparison to the Bible account; the whole plant produces aromatic oils that can catch fire readily on hot days
    熱く乾燥した気候のもとでは自然発火しかねない可燃性・香油成分を持つ植物だから、(地元では)そういう名で呼ばれているものがひとつならずあるのでしょう。

    で、画面に戻って、バリアンが何か投げると柴(というより低木)が燃えるのは、投げた物がギリシャ火のように特殊だったからではなく、摩擦でも石がぶつかって火花が散ってもすぐ燃え上がる発火性素材だから。つまり宗教は(一神教限定ですが)ルサンチマン・救世主待望といった可燃性の下地があってこそ、きっかけひとつで燃え上がるものだ、というのがこの場面の意味だと思うのです。

    よってここの字幕
    【閃光が― // 茂みを焦す】
    これは不適切と言えるでしょう。そもそもsparkは火打石などで出る火花であって、閃光の意味ならflashを使うか、spark of lightが必要だろうと思うなあ。
    ついでに言うと花火はまた別でfirework(s)です、白い都さま(凡ミスだよね ^^;)
    -----------
    本論の、バリアンの信仰についての私見は次回。(つづく)
引用返信
■4123 / ResNo.53)  バリアンの「信仰」
□投稿者/ ハーブ -(2007/01/07(Sun) 23:43:14) [ID:wFDKVile]
    No.4122が長くなったので分けましたが、承前でNo.4112へのレスです。

    There's your Moses, I did not hear it speak.
    【私の耳には / モーセの声が聞こえない】
    >字幕「モーセの声」は、「モーセが聞いたとされる神の声」の趣旨でしょうが、この逸話を知らないと、モーセが語りかけるのかと誤解されそうです。
    全くその通り。
    [モーゼは燃える柴の声を聞いた 私と違って](No.3942ハーブ訳)
    モーセと違って (+1.5) / 私に声は聞こえない (-1)(No.4112白い都字幕案)

    さて、奇跡と神の存在についての完璧な論考(命題・逆・裏・対偶)はさすがで、異論の余地はありませんが
    >ホスピタラーの揺るぎない信仰心に対して、バリアンは宗教に懐疑的です。
    これには、完全同意ではないんですよ。
    私が初見で感動したツボのひとつが、監督は誰にも「神などいない」と言わせなかったことでした。私の受け取り方では、神の存在自体を疑うという「現代的な」発想はこの世界にはまだない。それを最もよく表している台詞が
    “God does not know me.”(バリアン)  であり、
    “God be with you. He is no longer with me.”(ティベリアス)
    だと思うのです。

    バリアンには、最初「宗教」を第三者的に見る視点はありません。「神が」自分を赦すかどうか、神が自分を見捨てているのではないか、それが問題なのであって
    “ ... it seems I have lost my religion.”
    は私の解釈では「信仰心を失った(lose faith)」というよりも、心の支えを失い、行くべき道を見失って途方に暮れているような感じなのです。父に向かって“I hope to find forgiveness. That's all I know.”と言った通り、エルサレムに着いて旅装も解かず休みもせずにゴルゴタの丘へまっすぐ向かう。罪の赦しを得たいという切実な願いの他には何もない、それほどに神を求めていたバリアンは、多数の他者にとっての「宗教」が何かなど考えたこともなかった。

    「神は私に話しかけてはくれなかった」。自嘲の余裕すらないこの純粋すぎる失望に、全く違う方向から一撃を与えたのがホスピタラーです。聖職者があっさりと“I put no stock in religion.(私は「宗教」に何の信頼も置かない) ”と言う。ホスピタラーの思想は短く言えば「神を信じ、宗教(団体多数)を信じない」だと私は思います。これに続く短い会話を、バリアンは幾度も思い返しては考え抜いたことでしょう。
    この次にバリアンの口からreligionという語が出るのは、エルサレム大司教に向かって言う
    “You've taught me a lot about religion, Your Eminence.”
    これだけです。そしてこのreligionはまさに「何ら信を置くに足らない」種類の、教会権力正統派のものです。つまり、ホスピタラーと同化したと言ってもいいくらいに、両者の宗教観はここで重なるのです。

    その意味では、追加シーンの「燃える柴問答」は私には違和感がありました。直後に全然話変わって“Do you love her?”と来てはなおさらです。どう訳そうが唐突すぎ。最後の
    “Nor should they.”
    に殴られたような衝撃を受けただけに、いっそう惜しくてなりません。That does not mean からYour duty is to the people of the city.までカットしたほうがずっと良かったろうにと思ってしまう。


    …ついつい字幕論議を離れての暴走、お詫びします。なお白い都さまのNo.4113No.4114には全面賛成、何もつけ加えることはありません。
引用返信
■4124 / ResNo.54)  危険思想家たち
□投稿者/ 白い都 -(2007/01/08(Mon) 13:47:17) [ID:LATEMBG1]
    > >ホスピタラーの揺るぎない信仰心に対して、バリアンは宗教に懐疑的です。
    > これには、完全同意ではないんですよ。
    > 私が初見で感動したツボのひとつが、監督は誰にも「神などいない」と言わせなかったことでした。私の受け取り方では、神の存在自体を疑うという「現代的な」発想はこの世界にはまだない。

    いや、私も現代思想の「神は死んだ」みたいなことは、バリアンも考えていないと思いました。
    バリアンはあくまでキリスト教徒の立場を守って、エルサレムを防衛しています。

    例の、“壁”論争に絡んで、以前に字幕改善連絡室のほうに書きましたが、
    Chap51
    Balian:
    The wall?   The mosque?   The sepulcher?
    【壁か? // モスクか? // 聖墓か?】

    http://miyako.cool.ne.jp/cgi-bin/jimaku/bbs.cgi?mode=one&namber=642&type=579&space=45&no=0&P=R
    > 宗教否定的な思想からすれば、「嘆きの壁」には他の城壁と比べて何ら特別な価値はないという否定的な評価を込めて、あえて単なる「壁」というそっけない言い方(小文字のthe wall)をしているとも考えられます。
    > しかし、私は最終的にはこの説を採りません。
    >
    > 2)The mosque「モスク」はそれ自体が聖所を意味する語なので、三並べで座りが悪い。
    > もし私が脚本家であって、この場面に宗教否定の含みを持たせたければ、「モスク」ではなく、もっと一般的な単語を使うでしょう。例えば、
    >  The wall?   The dome?   The sepulcher?
    > ※ウマル・モスクの別名「岩のドーム」。ドームは一般的に、丸屋根とか、大きい家という意味があります。
    > しかし、mosqueと言っている以上、バリアンは宗教をそこまで相対化する意識はないように思われます。

    ---
    > ホスピタラーの思想は短く言えば「神を信じ、宗教(団体多数)を信じない」だと私は思います。
    > この次にバリアンの口からreligionという語が出るのは、
    > つまり、ホスピタラーと同化したと言ってもいいくらいに、両者の宗教観はここで重なるのです。

    ハーブさまの考察には全面賛成です。

    私には、ホスピタラーやバリアンの考え方は、後のプロテスタント思想の先取りであるように、感じられました。
    つまり、キリスト教内部において、神と自分の距離をどう取るかの問題。
    当時の教会は、平信徒である民衆は教会や聖職者を通じてのみ、神とコンタクトを取ることができると教えていました。これに対して、神と信者が直接に対話すべきであると考えて既存の教会勢力に反旗を翻す集団が現れ、カトリックとプロテスタントが激しく対立するのは16世紀のことです。
    この映画の時代にそういうことを言うのは、かなり危険思想ではないでしょうか。

    既成の宗教組織を否定的に見る見解の一例として、DC版追加シーン。
    Chap37
    Patriarch:
    Your confession, my lord.
    【王よ 神に告解を】

    King Baldwin:
    I shall confess to God when I see Him.
    【神に会った時に直接する】

    Not to you.
    【お前には せぬ】

    (初見感想)
    しぇ〜ええんだろうか、こんな事を言っちゃって。王様だから不問にされたのかな。

    ----
    > その意味では、追加シーンの「燃える柴問答」は私には違和感がありました。
    モーセは神と直接対話した人だから、ホスピタラーがモーセを信奉するというのも、その意味では一貫性があるのでは。

    > 直後に全然話変わって“Do you love her?”と来てはなおさらです。どう訳そうが唐突すぎ。
    それはそうですね。
    高尚な宗教論議が、急に女性問題に切り替わるので、あれれ?がくっとなりました。

    > That does not mean からYour duty is to the people of the city.までカットしたほうがずっと良かったろうにと思ってしまう。
    That does not mean that there is no God. はそのままでよいでしょう。ホスピタラーはこれから神に祈りに行くのだし。
引用返信
■4125 / ResNo.55)  発火原因とクレオソートの疑問
□投稿者/ 白い都 -(2007/01/09(Tue) 21:41:05) [ID:LATEMBG1]
    > 花火はまた別でfirework(s)です、白い都さま(凡ミスだよね ^^;)
    ありゃ! そこは私的には「火花」のつもりでした。確かに誤字です。

    訂正代案:神の力と言うが― (+2) //
         火花が柴(しば)に (+2) / 飛んだだけ (0) //   ←二段組みで表示

    -----
    ところで、この場面で、バリアンがcreosote bushに向かって投げ付けたものは何でしょうか?
    私は、少量の火薬の包みような、何らかの発火材料を投げたのではないかと思いました。
    バリアンは職人だから、そういう道具類を持ち歩いていても、おかしくないし、柴が燃えた理由が科学的に明解に説明しやすいから。

    一方、ハーブさまは、単なる小石とみるようですNo4122
    > バリアンが何か投げると柴(というより低木)が燃えるのは、投げた物がギリシャ火のように特殊だったからではなく、摩擦でも石がぶつかって火花が散ってもすぐ燃え上がる発火性素材だから。

    ハーブさまの解釈はおもしろいと思いました。
    > つまり宗教は(一神教限定ですが)ルサンチマン・救世主待望といった可燃性の下地があってこそ、きっかけひとつで燃え上がるものだ、というのがこの場面の意味だと思うのです。

    God wills it!の掛け声ひとつで、枯れ草に点いた野火が燃え広がるごとく、宗教熱に浮かされた民たちが一大集団となって、聖地征服を目指したのですね。
    この解釈に従った代案を考えてみました。

    バリアン:宗教は火花だ (+1) //
         柴(しば)を焚き点けるが― (0) //   
         モーセと違って (+1.5) / 私に声は聞こえない (-1) //

    ------
    疑問:クレオソート・ブッシュは燃えやすいか?

    モーセ伝説のBurning bushと、バリアンが燃やしたCreosote bushを同視してよいかどうかは、疑問です。

    ハーブ様が調べてくださった「クレオソート」の定義
    > creosote;
    > 1) 木タールを蒸留して得られる油状液
    > 2) 石炭タールを蒸留して得られる油状液

    この、1)と2)は全く別の物質です。
    1)木クレオソート
    ブナなどを乾留させる際に水蒸気とともに留出する油層(木タール)を蒸留して得られる、淡黄色で燻製のような臭いのある油状の液体。
     医薬品として、消毒、鎮痛、咳止め、下痢止めなどに用いられる。(←薬効と副作用に関しては議論があります。)

    2)石炭クレオソート(クレオソート油、工業クレオソート)
     コールタールを蒸留して得られる液体。インキ・トナーのカーボンブラックや、木製品の防腐剤に用いられる。発ガン性の疑いがあり、人体に有害な物質として使用規制されている。
    可燃性
    http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0572c.html

    つまり、2)の石炭クレオソートが燃えやすいことは分かりましたが、クレオソート・ブッシュは1)のほうですね。
    で、そのブッシュが燃えやすいかどうかまでは、調べがつきませんでした。
    木クレゾールの主成分は、グアヤコール、クレゾール、フェノール等だそうですが、これは燃えやすい物質なのでしょうか。
    情報をお持ちの方は教えてください。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-29] [30-39] [40-49] [50-55]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3937 / 親記事)  KoHディレクターズカット Disc2
□投稿者/ ハーブ -(2006/07/19(Wed) 22:09:54)
    2006/08/03(Thu) 19:26:03 編集(投稿者)

    本編の後半です。見出しの数字は、
    ・本編通しのチャプター番号(Disc2内でのチャプター番号)
    となっています。

    ただしchap35(1)はインターミッション、音楽のみで映像はなし。

    その他の凡例などはNo.3915をご覧下さい。



引用返信

▽[全レス23件(ResNo.19-23 表示)]
■4098 / ResNo.19)  Chap52騎士よ 立て!、Chap53 開かれた戦端
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/24(Sun) 22:26:21) [ID:N4x1r8Py]
    【 】日本語字幕
    [ ]ハーブ訳

    chap 48(14) The Road to Hattin ハッティンへの進攻
    chap 49(15) A King's Example エルサレム軍の敗北
    chap 50(16) Four Days 残された時間
    chap 51(17) To Defend Jerusalem 守るべきもの
     以上の4チャプターは変更なし。

    chap 52(18) Rise A Knight 騎士よ 立て!

    (バリアン、一般人を騎士任命のシーン。変更は次のみ)

    Balian:
    Master Gravedigger.
    【あの墓堀り人か】  [村の墓掘りの?]

    Gravedigger:
    It is you.
    【あなたは・・・】  [やはりあなただ]

    Balian:
    Not what I was. Nor are you.
    【今は互いに別人だ】  [変われば変わるものだ お互いに]

    Rise a knight.
    【騎士よ 立て】  [さあ 騎士として立て]

    -----------------
    chap 53(19) Siege 開かれた戦端

    Balian:
    Almaric,
    【アルマリック】  [アルマリック]
    if you survive, Ibelin is yours.
    【お前が生き残ったら / イベリンをやろう】  [生き残ったらイベリンを頼む]
    You are master of Ibelin. 
    【イベリンの領主だ】  [お前がイベリンの主(あるじ)になるようにしておく]
    I confirm it.
    【約束する】

    Rise a knight and baron of Ibelin.
    【立ち上がれ】
    【イベリン卿よ】  [騎士として立て イベリン卿]

    Almaric:
    But it is a poor and dusty place.
    【貧しく ほこりっぽい所です】  [埃っぽく 痩せた土地ですが]

    (両者微笑する)

    (サラセン人ひとりが騎馬で宣戦布告に現われる)
    以下、劇場版と同じ

    英語字幕:There can be no victory expect through God.
        [神の加護なくして勝利なし!]
         May God be with us.
        [神は我らの側にこそあれ!]
引用返信
■4099 / ResNo.20)  Chap56 傷の手当て
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/24(Sun) 22:27:37) [ID:N4x1r8Py]
    【 】日本語字幕
    [ ]ハーブ訳

    chap 54(20) Retaliation  反撃開始
    chap 55(21) The Third Day 攻城戦3日目
     この2チャプターは台詞に追加変更なし。

    chap 56(22) God Will Understand 傷の手当て

    (負傷者の手当てをするシビラ。元墓掘り人の兵士、包帯を巻かれながら)

    Gravedigger:
    You are not a sister.
    【尼僧ではないな】  [修道女さんじゃないね]

    Sibylla:
    We are what we do.
    【身分なんか】  [今はこれが務めです]

    Gravedigger:(頷く)
    Then I'm a man who has traveled a long way to die for nothing.
    【俺は異国で犬死にする男だ】  [なら俺の務めは はるばる旅してきて 名もなく死ぬことだ]
    What would you say to that?
    【どう思う?】  [どう思うね?]

    Sibylla:(バリアンから顔を隠すことに気を取られて)
    I - I would say that I'm sorry.
    【お気の毒だわ】  [あ…あの お気の毒に思うわ]

    Gravedigger:
    And I'm sorry for you, Queen of Jerusalem.
    【あなたもね】
    【エルサレムの女王】  [あんたもお気の毒だと思うよ 女王様]

    (両陣営それぞれの埋葬シーン。変更なし)


    chap 57(23) The Door Into Jerusalem エルサレムへの入り口
    chap 58(24) Final Stand      残された城壁
    chap 59(25) Nothing And Everything 和議の条件
     この3チャプターは台詞にほぼ追加変更なし(My lord!といった呼びかけが増えた程度にとどまる)。
引用返信
■4100 / ResNo.21)  Chap60“完全なる騎士”
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/24(Sun) 22:28:47) [ID:N4x1r8Py]
    【 】日本語字幕
    [ ]ハーブ訳

    chap 60(26) A Perfect Knight “完全なる騎士”

    (シビラへの報告も終えて、武装を解き顔を洗っているバリアン。
     突如としてギーが現われる)

    Guy:(剣のつかを突きつけて)
    The perfect knight.
    【“完全なる騎士”】  [非の打ちどころなき騎士か]
    Is that what you think you are, is it?
    【それが お前か?】  [そのつもりで さぞ得意だろう]

    Balian:
    We are all of us what we do.
    【行いが人間を決める】  [人はその行いで決まるものだ]

    (剣での決闘。ギーは両刀を使うが、2本とも叩き落され、膝をつく)

    Guy:
    Do it.
    【殺せ】  [殺せ]

    Balian:(首を横にふる)

    When you rise again, if you rise,
    【今度 立ち上がったら―】
    【立ち上がれたら―】   [今度 立ち上がるときには]
    rise a knight.
    【騎士になれ】  [騎士として立て]


    chap 61(27) Leaving Jerusalem   エルサレム開城
    chap 62(28) A Queen Never Walks シビラの決断
    chap 63(29) I Am the Blacksmith  故郷の地
    chap 64(30) Epilogue/End Titles  エピローグ/エンド・クレジット
     この4チャプターは台詞に追加変更なし。
引用返信
■4102 / ResNo.22)  ★英語字幕が大違い
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/27(Wed) 13:46:00) [ID:wFDKVile]
    2006/12/27(Wed) 14:34:02 編集(投稿者)

    気づくのがなんとも遅すぎて申しわけない。キリサワ様のサイト
    http://koh777.holy.jp/
    に久々に行って、今初めて知りましたが

    >ディスク2、チャプター39。結婚を断ったバリアンに、シビラが詰め寄る場面
    ここの英語字幕が、US版4枚組みと日本版2枚組で全然違っているのです。

    US版英語字幕:Guy is indebted to your say-so and my brother's, but it's mine.
    ハーブ訳:[ギーの地位は あなたと兄の考え次第だけど][私の継承権は動かない]
    つまり私は、itをその前の台詞 I will have power のその「統治者としての権力」と解したわけです。

    No.4040のOne of many様にしても、私と同様よもや英語字幕がこんな似ても似つかぬものとは思いもよらなかったのでしょう、US版を書き取ったハーブのNo.3940の英語脚本そのままを使用しておられますが、実は

    日本語版の英語字幕:Guy isn't dead at your say so, or my brother's, but at mine.
    日本語字幕:【彼の死を左右できるのは // 私だけよ】

    さあどっちなんだ!?

    …結論を先に言えば、私は日本版のほうが正しいと思います。
    その根拠は
    1)英語圏DVDの英語字幕は聴覚障害者のためのもので、基本的に普通の人の聞き取り書きにすぎない。脚本家のチェックが入っていないために省略や間違いがあるのは珍しくない。むしろ日本版のほうが、翻訳用に渡された最終脚本に基づいている場合が多い(No.3927)
    2)US版英語字幕の該当箇所前半
    Guy is indebted to your say-so and my brother's
    を無理に直訳するなら「ギー(の身)はあなたの発言と兄の発言に負っている」だが、indebtedという語は借金debtが変形したもので、本来の意味は「借りがある、恩恵を受けている」である。ギーと、バリアン・ボードワンW世陣営の関係を考えるに、ギーが後者のおかげをこうむっているというのは、よく考えるとやはりおかしい。

    …というわけで、US版英語字幕およびそれに基づいたハーブ訳は間違っていたとの判断を、ここに言明いたします。(あうう)
引用返信
■4106 / ResNo.23)  Re: ★字幕意見No.4095が大違い
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/27(Wed) 23:08:26) [ID:N4x1r8Py]
    > >ディスク2、チャプター39。結婚を断ったバリアンに、シビラが詰め寄る場面
    > ここの英語字幕が、US版4枚組みと日本版2枚組で全然違っているのです。
    >
    > US版英語字幕:Guy is indebted to your say-so and my brother's, but it's mine.
    > ハーブ訳:[ギーの地位は あなたと兄の考え次第だけど][私の継承権は動かない]
    >
    > 日本語版の英語字幕:Guy isn't dead at your say so, or my brother's, but at mine.
    > 日本語字幕:【彼の死を左右できるのは // 私だけよ】
    >
    > 私は日本版のほうが正しいと思います。
    > …というわけで、US版英語字幕およびそれに基づいたハーブ訳は間違っていたとの判断を、ここに言明いたします。(あうう)

    No.4095の字幕意見はUS盤英語字幕に依拠していたので、間違っていました(あうう)
    後で、訂正レス入れます。

    ちなみに、ここの吹き替え訳も日本語字幕と同義です。
    吹き替え訳:ギーが生きているのは、あなたや兄のおかげじゃない。私のおかげよ。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-23]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3915 / 親記事)  KoHディレクターズカット Disc1
□投稿者/ ハーブ -(2006/06/28(Wed) 10:14:45)
    2006/09/01(Fri) 15:17:56 編集(投稿者)

    日本では未発売(2006年6月現在)、US版は発売中の、リドリー・スコット監督“Kingdom of Heaven Director's Cut”のツリーです。

    ご存知のとおり、本来監督が意図したのはこのバージョンでしたが、映画会社が愚かにも劇場用に無理な短縮を強いて2時間15分の長さで劇場公開されました。その「不完全版」でさえ、私にとっては生涯ベスト3映画入り決定!の秀作で何度も劇場に通いましたが。

    このたびようやく、「より完全な」3時間11分のバージョンを見られるようになったので、日本語版を待ちきれず購入した方々と共に、劇場版にはなかった英語台詞を読み解いていけたらと思い、このツリーを立てます。
    この映画を愛する方々の参加をお待ちします。英語台詞書き取り提供でも、感想のみでも、ご自分の和訳を提供してくださるのでも歓迎です。

    当然ながら、ネタバレそのものの内容ですので、ご自分の判断で見る見ないを決めてください。
    ------------------
    1)劇場版と同じ(変更なし)の部分はこちら↓からいただきます
    Kingdom of Heaven 字幕と英語脚本
    http://miyako.cool.ne.jp/LOTR/think/j/KOH_script.html

    従って、【劇場版DVDの日本語字幕】はつけたままにしてあります。
    ただし、主観的判断で[ハーブ訳]に差し替えている箇所もかなりあります。

    2)追加分の脚本は、青字で示します。訳は、できる時に英文(lines)の下に[ハーブ訳](字幕案に非ず)を入れていきます。

    3)ハーブによる投稿は随時、編集書き足しされる可能性があります。更新情報はこの下に出していく予定です。
    ------------------
    chap 4 Without an Heir  城館の晩餐 重要修正7/1 末尾の注を参照のこと
    No.3919 ゴドフリーと城主の関係、城主のよからぬ企みが明らかになる。

    chap26 Guests of the House 訪れた客人  重要追加7/13
    No.3936 シビラが最初の夫と息子に言及したのに、それが抜けていたので補足。
引用返信

▽[全レス25件(ResNo.21-25 表示)]
■4037 / ResNo.21)  DC版字幕 chap25〜34まとめて
□投稿者/ One of many -(2006/12/10(Sun) 05:59:03) [ID:tpVYzetX]
    2006/12/10(Sun) 06:37:57 編集(投稿者)

    chap25 Ibelin イベリンの地

    (壁に描かれた骸骨の絵。ラテン語。)
    Balian:(声に出して読む)
    Quad sumus...hoc eritis.

    Such as you are,
    【”これが真実の姿”】
    you will be.
    【”皆 こうなる”】


    (イベリンを案内する際の台詞、一文のみ追加)
    Almaric:
    My lord, you have 1,000 acres, 100 families.
    【ご覧ください
     1000エーカーの土地に100家族】

    You have Christians, Jews, Muslims.
    【キリスト ユダヤ イスラム教徒】

    You have 50 pairs of oxen.
    This is a poor and dusty place.
    【牛は100頭
     貧しく ほこりっぽい所です】

    Balian:
    What we do not have
    【ないものがある】
    is water.
    【水だ】


    ----------
    chap26 Guests of the House 突然の訪問者

    (シビラ、イベリン訪問。到着シーンは変更なし。
     仕事を終え帰宅したバリアンを迎え、シビラは水で布を絞り
     彼の汚れた顔を拭こうとする。その手を止めるバリアンに)

    Sibylla:
    But this isn't adultery. It's washing.
    【不貞じゃない 拭くだけよ】

    (バリアン渋い表情で、されるに任す)

    But if it were adultery...
    【不貞を犯しても---】
    which it isn't...
    【これは違うけど…】
    the Commandments are not for people like us.
    They are for others.
    【その罪に問われるのは
     私たち以外の人よ】

    Balian :(目をそらしつつ)
    Did they give you something to eat?
    【もう食事を?】

    Sibylla:
    They said to wait until the master returned.
    【ご主人のお帰りを待ってたの】

    My cook will prepare something while you wash.
    【その前に汚れを落として】

    (シビラ立ち去る。バリアン、自分で水と布を使う)

    (食事シーンは台詞の変更なしにつき省略)

    (夜明け。祈りを捧げるイスラム教徒たち)

    Sybilla:
    They try to be one.
    【一つの心を分かち合いたいと
     祈ってる】
    One heart, one morality.
    【1つの道義を】

    Their prophet says "Submit."
    Jesus says,
    【彼らの預言者は”従え”と説(と)き】
    【イエスは―】

    "Decide."
    【”決断せよ”と】

    Balian :
    Did you decide on Guy?
    【ギーとの結婚も?】

    Sybilla:
    Guy was chosen by my mother.
    【母が決めた縁組よ】

    My first husband died before our son was born.
    【最初の夫は息子を見ずに他界】

    I was only 15.
    【私は15才だった】

    Balian :
    I've met your son.
    【息子さんを見かけた】

    -------------
    chap27 There Is Only Light 光を消して

    (夜、机に向かうバリアンのもとにいきなり訪れたシビラ)

    Sibylla:
    I could stay here forever.
    【ずっと いたいわ】

    Balian :
    This house is yours.
    【あなたの家です】

    Sibylla:
    Why do you think I'm here?
    【なぜ来たと思う?】

    Balian :
    I know that Ibelin is not on the way to Cana.
    【カナへの途中ではない】

    Sibylla:
    What else do you know, my lord?
    【他に知っていることは?】

    Balian :
    I know that you are a princess.
    【あなたは王女で---】
    And I am no lord.
    【私は貴族ではない】

    Sibylla:
    You're a knight.
    【騎士よ】
    [あなたは騎士の身分よ]

    Balian :
    Neither earned, nor proved.
    【騎士らしいことはしていない】

    (以下台詞の変更なしにつき省略)

    chap28 隊商への襲撃
    (ギー達のキャラバン襲撃。台詞自体には変更なしにつき省略)


    chap29 Tokens バリアンとシビラ

    (バリアンの寝室。夜明け。)

    Sibylla:(自分の指輪を示しながら)
    This is from France.
    I've never been there.
    【これは まだ訪ねてない
     フランスのもの】

    This from my brother.
    【これは兄から】

    This to remind us of death.
    【これは”死”を思うため】

    And this...
    【これは---】
    I put the day I saw you.
    【あなたと出会った記念に】

    Balian :
    You lie.
    【嘘だろ?】

    (二人とも笑う)

    -----------------
    chap30 Blasphemy  軍の召集
      31 Deffenders of Kerak  カラクの守り
      32 The Friendly Enemy  戦場での再会
      33 Jerusalem Has Come  到着したエルサレム軍
      34 The Kiss of peace   ルノーの処罰
    以上5チャプターは台詞に変更なし

引用返信
■4063 / ResNo.22)   2. 丘の上の埋葬
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/13(Wed) 22:36:53) [ID:wFDKVile]
    (chap 1 序曲 は、音楽のみで映像も台詞もなし)

    chap 2 丘の上の埋葬

    〔画面に白文字〕
    It is almost 100 years since Christian armies from Europe seized Jerusalem.
    【キリスト教徒イスラム教徒双方の聖地エルサレム】【そこを十字軍が奪って約100年】
    Europe suffers in the grip of repression and poverty.
    【ヨーロッパは慢性的な圧制と貧困に苦しめられていた】
    Peasant and lord alike flee to the Holy Land in search of fortune or salvation.
    【農民も貴族も運と救いを求め 遠い聖地を目指した】
    One Knight returns home in search of his son.
    やがて一人の騎士が 未だ見ぬ息子を探し―
    故郷の地に戻ってきた】

    1184 France

    KINGDOM of HEAVEN〔題字〕

    Gravedigger:
    She's denied the cross for suicide and buried at the center of a crossroads. Huh.
    【自殺者の墓に十字架は許されない / だが十字路に埋められる】
    Show me the logic.
    【理屈に合わない】
    Father?
    【神父様?】

    Priest: What?
    【(字幕out)】

    Gravedigger:
    The devil is a practical man.
    【悪魔は計算高いんです
    If she were a witch, she was a poor return on his investment.
    こんな女を魔女にします?】

    Priest:
    What would you know of logic?
    【知った口きくな】

    Gravedigger:
    Oh, I have ears, Father. Although one is notched. Because I love justice.
    【耳は聞こえるんです / 耳たぶに穴は開けられたけど】

    Priest:
    You love theiving.
    【盗みの罰だろ?】
    Shut up. You dig.
    【さっさと掘れ】


    Gravedigger:Crusaders.【十字軍だ】

    soldier:Clear the road if you will.【通してくれ】

    Godfrey:Squire. 【来い】

    soldier:Hyah!【(字幕out)】
    (呼ばれて行き、戻って来て司祭に銀貨を手渡す)
    This is for the burial from my lord...
    【殿から埋葬の手間賃だ 女の魂にー】
    And a mass for the soul.
    【祈ってやれ】

    (兵士去る。司祭、墓掘り人に)
    Priest:
    Wait. Have you forgotten?
    【待て 忘れてるぞ】

    Gravedigger:
    She was you brother's wife.
    【義姉では?】


    Priest:
    She was a suicide. Cut off her head.
    【自殺者だ 首を切れ】
    And return the axe.
    【斧は戻せよ】
引用返信
■4065 / ResNo.23)  3. 十字軍
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/13(Wed) 22:56:42) [ID:wFDKVile]
    chap 3 十字軍

    Hospitaler:
    You know this place, my lord?
    前にもここへ?
    Godfrey:
    Know it? I know all of it.
    良く知っている土地だ

    bishop:
    Your brother? You have spoken to him?
    【兄さんと話したか?】
    Priest:
    On what matter, my lord? He is still arrested.
    【まだ捕らえられてます】

    bishop:
    Your brother is as responsible for his wife's sin as I am.
    【女房の大罪は 彼の責任ではない】
    Priest:
    Opinions differ, my lord.
    【それは どうだか…】

    bishop:
    The burial was―
    【埋葬したのか?】
    Priest:
    Yes.
    【はい】
    bishop:
    And you did not mutilate the person?
    【首を落としたのか?】
    Priest:
    No.
    【いいえ】
    bishop:
    Good.
    【よかった】

    The law can go too far. It can go too far, I ask myself,
    【法の行き過ぎだ / キリストなら絶対にー】
    "Would Jesus do it thusly?"
    【お許しにならぬ】
    There is so much done in Christendom of which Christ would be incapable.
    【最近は そういうことばかりだ】

    You must release your brother. I cannot do without him.
    【釈放しろ 彼が必要だ】

    Priest:
    My-My brother, my lord bishop, uh, is possessed by the devil
    【司教様 兄は悪魔に / 取りつかれております】
    and must be...examined.
    【教会のー // 審問を】

    bishop:
    Your brother is as mad as you are.
    【困った兄弟だ】
    He grieves. Without your brother, I cannot finish my church.
    【兄がおらぬと 教会が仕上がらぬのだ】

    Let him out. And give him this.(数枚の銀貨を手渡す)
    【牢から出し この金を】
    And tell him htat he is at the very center of my prayers.
    【彼のために私が祈っていると 伝えてくれ】

    (牢のバリアン。回想、身重で幸福そうな妻が苗木を植えている)

    Priest:
    The bishop needs you.
    【司教が仕事しろと】
    Release him.
    【縄を解け】

    jailer:
    On your feet.
    【立て】
    This is not heaven. It's the world. And there's troubles in it.
    【現世は天国じゃない 悩み 苦しみが満ち満ちている】

    (バリアン戸外へ)

    jailer:
    Do yourself no injury. Other men are always good for that.
    【自らを傷付けるな そうすれば他人も救われる】
引用返信
■4066 / ResNo.24)  4. 跡取り
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/13(Wed) 23:12:37) [ID:wFDKVile]

    the lord:
    And what of Jerusalem?
    【エルサレムは?】

    Godfrey:
    Jerusalem?
    【エルサレム?】

    Hospitaler:
    In peril, my lord, as always.
    【今も危機に瀕しています】

    the Lord:
    We have stood there against the Saracens for over a hundred years.
    【100年もサラセン人と / 戦ったのに?】

    Hospitaler:
    Saracens, as you call them, have now unified
    【彼らは今や統合された】
    in Egypt, Syria and all Arabia.
    【エジプトとシリア 全アラビアが】

    the Lord:
    Year.
    【(字幕out)】

    Hospitaler:
    Saracens and someone new.
    【新指導者の元で】

    Lord's son:(to his father)
    Saradin, the king.
    【サラディンという王だ】

    black man:
    Sarah-din.(原語発音で)
    【サラーディン(傍点)だ】

    the Lord:
    Gibberish.
    【どうでもいい】

    Hospitaler:(銀杯を手に)
    Very fine.
    【素晴らしい】

    the Lord:
    And yet, you do not drink.
    【酒をー 飲まんのか?】
    A knight should be a knight, a monk a monk...
    【騎士は騎士】【坊主は坊主】

    Godfrey:
    Brother.
    【兄上】(たしなめるが無視される)

    the Lord:
    ...not both. One. That's what I say.
    【お前は どっちなんだ?】
    Now I may be old-fashioned, but
    【俺は古いかもしれんがー】
    as for the cup, I have, uh, an artificer, uh, a blacksmith.
    【杯(さかずき)だけは腕のいい職人に / 作らせることにしている】
    Or did have.
    【この村にもいい鍛冶職人がいた】

    Godfrey:
    Which son of the blacksmith of my time is the blacksmith now?
    【先代の親方の跡を継いだのは / どの息子だ?】

    the Lord:
    Balian, the eldest.
    【バリアンだ】【長男だよ】
    His child died.
    【最近 子供を亡くしたとか】
    His wife fell into a melancholy. She would not listen to reason.
    【女房は悲しみのあまりー】
    She killed herself. It occurs.
    【命を絶った】 【よくある話だ】
    But what's that to you?
    【何の関係が?】

    Godfrey:
    Private matter.
    【いや ちょっと…】(席を立ち退出する)


    the Lord:(隣席の息子に)
    It's been six and 20 years since my brother took the cross.
    【弟は十字軍と共に26年】
    Now he returns an actual baron of the kingdom of Jerusalem.
    【凱旋する今はー // エルサレム王国の直臣の位を持つ】
    How is that for the lot of the younger brother?
    【あいつは何を受け継ぐ?】
    With no heir, comes to me
    【嫡子がいないから / 跡取りは俺だ】
    and thus to you.
    【そして お前】

    Lord's son:
    Then I thank the stars for my uncle.
    【いい叔父を持った】
引用返信
■4083 / ResNo.25)  Chap24 No.4031の誤字訂正
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/17(Sun) 23:24:00) [ID:N4x1r8Py]
    > Protect the helpless.
    > 【弱気を助け---】

    ○ 【弱きを助け―】

    No.4031を修正してくだされば、このレスは削除します。


引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-25]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3559 / 親記事)  KoHの歴史解説字幕
□投稿者/ ハーブ -(2005/12/13(Tue) 19:54:57)
    もはや、需要は限りなくゼロに近いでしょうが、場所があいているので使います。

    史実解説は日本版に英語原文がないので、とうとうUS版を入手しました。全部を比較することはとても出来ませんが、

    ・史実解説の日本語字幕に疑問点があれば、ここにお寄せください。原文(英語)を提供いたします。

    順不同でもバラバラでもいいので、日本語字幕と共にそのチャプター番号と、出来ればその場面の本編台詞(英語でも日本語でも)を書いてくだされば助かります。

引用返信

▽[全レス50件(ResNo.46-50 表示)]
■3648 / ResNo.46)  窒化
□投稿者/ naoy -(2006/01/29(Sun) 18:22:05)
http://pantani.cocolog-nifty.com/wannabe/
     確かに、DVDで「表面窒化」という解説がありましたが、しばらく前からこの件についてあちこちのページを眺めていて、ついぞこの言葉に出会わないでいます。これがどういう現象で、本当に剣を鍛えることに関連があるものなのか、ご存知の方があればおしえていただけないでしょうか。

     今のところ、私は「奴隷に刺す云々」の話題とともに出てきたので、「窒化」という言葉そのものもその伝説を説明するために生まれた言葉ではないのか、と疑いのまなざしで見つめています(^^;。
引用返信
■3649 / ResNo.47)  金属製品の表面硬化
□投稿者/ 白い都 -(2006/01/30(Mon) 01:55:18)
    2006/01/30(Mon) 01:59:23 編集(投稿者)

    「窒化 鋼」でぐぐると出ました。
    化学的な窒化処理は現在の金属加工業でも行われています。

    窒素は常温では不活性の気体(窒素ガスN2)として大気中の4/5を占めていますが、高温高圧下では活性化し、金属とも化合します。
    窒化処理Nitriding とは、鋼の表面から窒素を拡散侵入させ、鋼の表面上に硬い層を作ることです。その目的は、金型や機械部品などの金属製品において、強度を増し、耐摩耗性や耐腐食性を得ることです。
    剣についても窒化処理をすることによって、硬さや耐久性が向上すると思われます。

    ガス窒化処理の工程
    http://www.kyokutou-tikka.com/nitride.html

    窒化処理法のいろいろ
    http://homepage1.nifty.com/seas/database/heat/nitro.htm
引用返信
■3650 / ResNo.48)  Re[10]: 窒化で硬化
□投稿者/ naoy -(2006/01/30(Mon) 16:26:46)
http://pantani.cocolog-nifty.com/wannabe/
     白い都さん、ありがとうございます。

     なるほど、きちんと科学に裏付けられた金属加工(?)の技術だったのですね。失礼しました(^^;。

     紹介していただいたページを拝見していて、特に印象的だったのは

    1.純鉄・炭素鋼は窒化しても硬化しない
    2.セ氏500度前後の低温で起こる

    の2点です。

     1は、硬化を期待するにはアルミニウム・クローム・モリブデン・チタニウム・ヴァナジウムなどの「不純物」が混じった鋼でなければならないということになります。当時、意図的にこれらを含んだ合金鋼を得る技術はなかったでしょうが、翻って純鉄や不純物のない炭素鋼を得る技術もなかったでしょうから、結果的に窒化=硬化を得られたのかな。

     2は、鉄の融点がセ氏約1,500度とされており、それと比較しての「低温」ということです。ただ、これまた話が日本刀の方へ行ってしまいますが(^^;、日本刀に用いられた鋼は「たたら製鉄」と呼ばれる、木炭を熱源にした製法で得られた玉鋼(たまはがね)と呼ばれるものです。これも前述したページで得た知識ですが、「たたら製鉄」は西洋などで用いられたコークスを熱源にした製法に比べて遥かに低い温度で鋼を得るために、得られた「玉鋼」は非常に優秀なものであった、とされています。
     しかし、白い都さんの紹介されたページに触発されて調べてみると、純鉄の融点がセ氏約1,500度、銑鉄の融点がセ氏約1,200度とされています。それより低い温度の「たたら製鉄」ではどうやって砂鉄などから鋼を得ていたのだろう、という疑問が新たに浮かび上がってしまいました(^^;。
引用返信
■3651 / ResNo.49)  問題:金偏の漢字が何個有るでしょう(笑)
□投稿者/ エンチィング -(2006/01/30(Mon) 19:03:39)
    専門馬鹿の心くすぐる投稿が集まってきましたね。

    >きちんと科学に裏付けられた金属加工(?)の技術
    えーと表面窒化自体は、この加工の代表が「薄刃のかみそりの刃」っていう位、
    刃物の切れ味とは密接にかかわる技術なんですけど、如何せん、固体の中を窒素原子が拡散させる方法なので、ご紹介いただいたHPにもあるように早い方法でも処理の必要時間が数十分〜数時間必要です。まあ、これはワークの変形を避けるために500℃という低温で行っているのですが、ダマスカス鋼のほうは 焼き入れも兼ねた高温から行えるからもう少し拡散速度を取れるとしても、ジュと窒素源に接触させただけで、一体どのくらいの厚みの窒化層がえられるのか?また、突き刺す前には当然表面は酸化するので、これも窒素の入りにくくなる原因となるので、かなり眉唾かと。。。
    何より、これが本当なら、刃を研ぐのがご法度になってしまう。。。 
    そうはいっても人体の以外の諸説に尿で焼き入れって、妙に窒素ラジカルが得られそうな例が有るのが気になる。(ごめんなさい。結局、具体的な組成と処理方法が確かめられないと何も断定できないのが、自称専門家って人種です。)

    あ、それから低温高温は相対的な物で分野によってもいろいろですが鉄鋼の場合はおおむねフェライト/オーステナイトの変態点(A1変態:セ氏727度)が目安になります。
    たたら製鉄ですが、あれは固体(砂鉄と木炭)と気体(酸素、一酸化炭素)の反応
     Fe3O4(固体)+C(固体)→3Fe(固体)+4CO(気体)
    なので熔鋼、熔銑の出る幕はありません。熔けてないのでスポンジ状の鉄塊が火床(ほど)に残る事になります。この塊も全部が玉鋼ってわけではなく割って使い分けるし、酸素によって再酸化してケラになる無駄も有るので、大変、贅沢な製鋼法です。

    ところで、3642の投稿で「鋼の大量生産に坩堝(るつぼ)」っておっしゃってますが、ご紹介の3つのHPのどちらに有るのでしょうか?  日本刀には坩堝も型も出る幕はないのですが、このサイトの中心話題であるLOTRの映画では敵方の工房で「櫛状の型に鋳込まれて大量生産される刀」というシーンがありました。また、指輪繋がりでオペラの「ニューベルンゲンの指輪」の中でも折れた剣(ノートウィング)をヤスリで削って粉にして、坩堝で熔かすって「びっくり仰天。さすがは大神の息子、英雄のやることは違うね」って表現だと思ってたシーンがあります(銑、や鋳鉄はいざ知らず、鋼を鋳込む鋳鋼は近代になってやっと出来るようになった技術です)。

引用返信
■4061 / ResNo.50)  DC版の年代設定
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/12(Tue) 19:18:51) [ID:LATEMBG1]
    The film begins in 1181 and ends in 1187 as RichardT
    takes up the Third Crusade. In 1181, St.Francis of
    Assisi was born and Pope Alexander V died, only to be
    replaced by Lucius V, who died four years later.

    映画は1181年に始まり、1187年にリチャード1世が第3回十字軍を起こす場面で終わる。
    1181年にはアッシジの聖フランシスコが生まれ、教皇アレクサンデル3世が逝去した。
    これを(対立教皇なく)ただ一人で後継したルキウス3世は、その4年後に没した。

    > うーん、好意的に解釈するなら、監督の意図したバージョン(SEEに期待)では
    > 父の訪れ以前にバリアンが教会建築やってるシーンとか妻と幸福に暮らしていた頃の
    > シーンがあったのではないでしょうか。

    2006年12月に日本語盤DVDが発売されたディレクターズ・カット(DC)版も、劇場版と同様に、「1184 France」で始まります。
    No.3916

    回想シーンにバリアンの妻がちらっと映りますが、既にお腹が大きいことからして、物語の始まる直前の時期であり、1181年ということはありません。バリアンが教会建築を手掛けたことは会話によって説明されるのみで、映像なし。
    1181年のエピソードは最終的に編集でカットされたのでしょうか。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-29] [30-39] [40-49] [50-50]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■4025 / 親記事)  書き込みテスト用のツリー
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/03(Sun) 01:47:52)
    新装なったツリー板にようこそ!

    いきなり目的の場所に書き込むのがためらわれる場合は、どうぞご利用ください。
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■4026 / ResNo.1)  練習1号機
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/03(Sun) 01:59:06)
    早くDC版買わなくちゃ!!
引用返信
■4027 / ResNo.2)  練習弐号機
□投稿者/ One of many -(2006/12/03(Sun) 02:12:02)
    2006/12/03(Sun) 02:17:26 編集(投稿者)

    書き込みテスト。首尾よく書き込めたらこの後
    字幕書き出し用ツリー立てに移ります。

    訂正。Off the Ring板を見ておりませんでした。

    >キングダムDC版のツリーに
    >枝つけで各チャプターの字幕(英和対比ならベスト)
    >書き出し作業が可能になりました。

    >ではとりあえずチャプター4までは
    >すでに書き出してくださった月花さまに、
    >それ以降は「席取り」方式でOne of many様(および有志の方どなたでも)に
    >お願いしていいでしょうか。
    了解です。今から席取りして参ります!
引用返信
■4032 / ResNo.3)  ありがとうございます
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/03(Sun) 14:35:58)
    2006/12/03(Sun) 14:38:07 編集(投稿者)

    One of many様、早速の作業開始、ありがとうございます。
    私がまだ作業に入れなくてすみません。
    以下は重要性は低いのですが気づいた点

    予め申し上げておくべきでした、もう日本語版が発売された以上、
    【DCネタバレ】
    をタイトル頭につけていただく必要はありません。

    また、編集すると投稿冒頭に出る「日付時間編集(投稿者)」が重なって煩い場合は
    再編集の際にすべて消せば、最新の編集のみ残ります。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]






Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -