LotR なんでも掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

69932

※掲示板を再開しました。SPAM対策を強化してあります。必ず掲示板内「HELP」の案内をご覧下さい。

-----------------------------------

当掲示板は、2005年2月〜3月『オペラ座の怪人』の字幕検証作業場となっておりました。
出来上がった総覧、すなわち全脚本+一部対訳+問題字幕指摘と解説は、
きれいにまとめた形で [字幕改善連絡室新掲示板]にあります。

-----------------------------------
移行以前の旧ツリーは、こちらをご覧ください。


■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
NomalMAXMAN(0) | Nomal時計N激安買取brepli8(0) | NomalKoH【DCネタバレ】雑談ツリー(29) | NomalKoH-DC字幕のツリー(55) | NomalKoHディレクターズカット Disc2(23) | NomalKoHディレクターズカット Disc1(25) | NomalKoHの歴史解説字幕(50) | Nomal書き込みテスト用のツリー(3) | Nomal[報告]連名ありがとうございました (37) | NomalKingdom字幕の指摘総覧?(44) | Nomal第2:Kingdom字幕総覧?(22) | Nomal「オペラ座の怪人」字幕に関するお返事(26) | Nomal第2:Kingdom of Heavenの言葉(50) | Nomal[バカ]KOH DVDのススメ[ネタ](1) | Nomal検証ではなくKingdom of Heaven(70) | NomalKingdom of Heavenの言葉のツリー(70) | NomalKingdom 本編以外(6) | Nomalsage進行雑談ツリー(52) | Nomal『総覧』ミス捜し願い(70) | Nomal「オペラ座」後夜祭ツリー(70) | Nomal【マスター】1-5 Little Lotte / The Mirror(12) | Nomal【マスター】番号リスト(43) | Nomal【マスター】1-1 PROLOGUE(3) | Nomal【マスター】2-1 Masquerade(13) | Nomal【マスター】1-10 Notes(4) | Nomal【マスター】1-9 I Remember / Stranger than you dreamed it (7) | Nomal【マスター】1-3 Think of me (前半)(13) | Nomal【マスター】2-9 The point of no return / Chandelier crash(6) | Nomal〔お知らせ〕連絡室新掲示板に(11) | Nomal【マスター】1-7 THE MUSIC OF THE NIGHT(9) | Nomal【マスター】2-8 Don Juan(13) | Nomal【マスター】2-10 (前半)Down once more(27) | Nomalサントラ番号(37) | Nomal【マスター】2-10後半: 三重唱〜ラスト(31) | Nomal【マスター】2-4 Wishing you were somehow here again (16) | Nomal【マスター】1-11 Poor Fool, / IL MUTO (6) | Nomal【マスター】1-6 The Phantom Of The Opera(7) | Nomal【マスター】1-4 Angel of Music(5) | Nomal【マスター】1-12 屋上へ(4) | Nomal【マスター】1-2 OVERTURE-HANNIBAL[1](11) | Nomal【マスター】1-8 Magical Lasso(0) | Nomal【マスター】2-2 Madam Giry's Tale(12) | Nomal【マスター】2-7 We have all been blind(3) | Nomal【マスター】1-13 All I ask of you(7) | Nomal【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight(5) | Nomal【マスター】2-3 Journey to the cemetery(2) | Nomal代案、投票にかけます(4) | Nomalご協力願い(0) | Nomal【マスター】1-10 Prima Donna(6) | Nomal【マスター】 1-14 All I ask of you (Reprise)(1) | Nomal【マスター】1-10 Notes(前半・未完)(8) | Nomalヘルプ求む!(16) | Nomal1-10 Notes / Prima Donna(2) | Nomal1-8 Magical Lasso(6) | Nomal【マスター】2-11 Learn to be lonely(1) | Nomal【皆様へ】お詫びとお断り(6) | Nomal日本語字幕に関するコメントツリー(19) | NomalRotKSEEその3(26) | NomalRotKSEEその7(34) | Nomal『王の帰還』SEE感想解禁!(23) | NomalRotKSEEその5(33) | Nomal書き取りご協力くださる方へ(17) | Nomal一粒で何度も・・・楽しくつつく隅(1) | NomalRotKSEEその2(20) | NomalRotKSEEその6(23) | NomalRotKSEEその4(28) | NomalRotKSEE 追加分その1(31) | Nomalタイトルについて(2) | Nomal【ネタバレ危険!】RotK SEE【感想】(6) | Nomalコンサート行きました(12/11)(10) | NomalROTK SEE(1) | Nomalエンディング長し(45) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(40) | NomalLotRコンサート(12) | Nomal『王の帰還』DVDのツリー(2) | Nomal雑談ツリー:FotR関連(43) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(その2) (23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(その2)(31) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 1〜5(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 11〜15(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 26〜30(その2)(8) | NomalMelting Pot Party! 多国籍交流会 7月17日(土)(0) | NomalFotRのDVD/VHS字幕見直しについて(6) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(44) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 21〜25(その2) (16) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 6〜10(30) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(その2) (19) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■2443 / 親記事)  【マスター】2-3 Journey to the cemetery
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 00:07:02)
    2005/03/04(Fri) 00:07:27 編集(投稿者)

    To my father's grave, please.          (父の墓所へやって下さいな)
    【お願い 父の墓所へ】

    RAOUL
    Where have they gone?               (どこへ行った?)

    STABLE MAN
    The cemetery.                    (墓地でさ)
     

    CHRISTINE
    In sleep he sang to me,               (眠りのうちに彼は私に歌いかけ
    【眠っていると私に歌いかけ】
    in dreams he came...                 夢の中 彼は訪れる…)
    【その人は夢の中に現れる】

    That voice which calls to me             (呼びかけてくるあの声が
    【私を呼び起こすその声】
    and speaks my name...               わたしの名を口にする)
    【私の名を囁きかける】
      

    CHRISTINE
    Little Lotte thought of everything and nothing...   (小さなロッテはあれこれ考えた…)
    【ロッテはまだ幼かった】
    Her father promised her               (ロッテの父は約束した)
    that he would send her the Angel of Music.    (音楽の天使をつかわしてあげると)
    【だから父は約束した 音楽の天使を送ると】
    Her father promised her... Her father promised her... (父は約束した…彼女に約束した…)
    【それは父親の約束 それは父親の約束】 やや奇異に感じられる。「父は約束した」で十分ではないか。
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■2450 / ResNo.1)  解説:Her father promised her
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 08:59:45)
    Her father promised her... Her father promised her... 
    【それは父親の約束  // それは父親の約束】

    >意味はわからなくはないが、普通に言うなら、
    >代案:父は約束してくれた
    (白い都様の意見。元発言は原稿ツリーにあったので一括削除済み)

    これに対するハーブのレスが以下です。残しておきます。

    >父は約束してくれた
    だとどうしてもFather(, you) promised me でしょう(My father promised meだと独り言ではなく話し相手がいる感じ)。
    なのにここでは、Her fatherと言っているその理由ですが。

    映画では「小さなロッテ Little Lotte」はラウルが幼い時クリスティーヌを呼ぶ愛称だった、となっているのでイコールと思った人も多いでしょう。原作では彼女の父がふたりに聞かせてくれたお話の中に、「小さなロッテのお話」があって、舞台がはねた後クリスの私室(?)を訪れたラウルが挨拶よりも先に"Little Lotte let her mind wander..."  というのはそのお話の出だしの一節だったわけです。成長したクリスティーヌに、僕だよ、覚えてる?という代わりにラウルはこれを言う。そして彼女も、ひとり父に語りかけるために墓地を訪れたとき、そのお話を思い出しているわけです。

    どちらにしても現行字幕は妙に印象が強く観ていてひっかかるので、できれば直したいけど、重要度は他のものに比べて低いと思います。

    クリスが二人称でなく三人称を使っていることは強調せず、どちらにも取れるようぼかして、これでどうでしょう。

    代案:父は約束した ロッテに約束した
       父は約束した 約束した…
引用返信
■2748 / ResNo.2)  一応終わってますが
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/11(Fri) 14:22:15)
    Her father promised her               (ロッテの父は約束した)
    that he would send her the Angel of Music.    (音楽の天使をつかわしてあげると)
    【だから父は約束した 音楽の天使を送ると】

    この部分、個人的には「送る」が違和感なんです。でも「つかわす」も天使の上位にいるみたいだし…「お前のところに行ってくれるようにとたのんであげるよ」ではどうにも長すぎる。代案がないのと、誰も何も言っていないので、指摘なしになっています。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2707 / 親記事)  代案、投票にかけます
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/10(Thu) 11:17:51)
    ここは悩みすぎて判断できなくなりました。
    票数だけで決めると言うわけではないのですが、皆様のご意見を聞かせていただけたらと思います。
    今日いっぱい。別案も受け付けます
    -------------
    RAOUL
    I love her!                (愛しているんだ! 
    Does that mean nothing?          それが無意味だというのか!)
    【彼女を愛してる】
    【その気持ちがわかるか?】 (10)
     お前にもわかるだろう? (0)

    I love her!                 愛しているんだ!
    Show some compassion            思いやりを見せてくれ…)
    【情けを】 (3)
     情けはないのか (+4)

    PHANTOM (snarls furiously at RAOUL)
    The world showed             (世間は俺に思いやりなど
    no compassion to me!            見せはしなかった!)
    【誰が私に情けを?】 (7)
     私は情けなど知らぬ (+2)
     情けなど縁が無い!(+1)
     私が情けを受けたか?(+2)

    あるいは、一気に以下の台詞をまとめて言っているのだからDoes that mean nothing? には消えてもらって

    RAOUL  
    I love her! Does that mean nothing?                     
    I love her! Show some compassion  
    愛しているんだ! 憐れみを示してくれ
                    
    PHANTOM (snarls furiously at RAOUL)
    The world showed no compassion to me!  
    世間が私を憐れんだか!?(+3)

引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■2709 / ResNo.1)  Re[1]: 代案、投票にかけます
□投稿者/ がらん堂 -(2005/03/10(Thu) 11:55:30)
    RAOUL  
    I love her! Does that mean nothing?                     
    I love her! Show some compassion  
    愛しているんだ! 憐れみを示してくれ
                    
    PHANTOM (snarls furiously at RAOUL)
    The world showed no compassion to me!  
    世間が私を憐れんだか!?(+3)

    ****

    ハーブさまのこの案に一票です。
    表記としても、
    「憐」という漢字が入っているだけで
    ずいぶん深みが出るのではないかと思います。

引用返信
■2711 / ResNo.2)  Re[1]: 代案、投票にかけます
□投稿者/ よし -(2005/03/10(Thu) 14:46:10)
    いつもありがとうございます。
    以前UPした四季訳に字幕も併記しようとしておりますが、
    ついていけていません。比較しやすいようにと思っていたの
    ですが、全然役立たずで申し訳ないです・・・。

    さて、私はハーブ様の案と金のたてがみ様の案(ですよね?)を
    足して2で割った感じで

    「愛しているんだ! 憐れみを示してくれ」

    「憐れみなど縁がない!」

    でもいいなぁと思っています。
引用返信
■2712 / ResNo.3)  字幕の流れ
□投稿者/ ゆきみ -(2005/03/10(Thu) 14:57:14)
    こんにちは、ハーブ様。


    RAOUL  
    I love her! Does that mean nothing?                  
    I love her! Show some compassion  
    愛しているんだ! 憐れみを示してくれ

    -------------
    字幕のまとめ方はこちらでも構わないと思います。
    憐れみを示してくれ、は良いと思います。
    ですが、あの一瞬で変わるシーンでの字幕ですし
    流れるように読めて意味が取れるかというと、少し「示して」という言葉に
    つまりがでるような気が致します。

    -------------

    PHANTOM (snarls furiously at RAOUL)
    The world showed no compassion to me!
    情けなど縁が無い!(+1)

    -------------

    代案の中ではこちらがしっくり来ます。
    「情けなど」の言い回しがあると雰囲気が出ると思うのです。
    「憐れみ」も捨てがたいのですが、良い代案が浮かびません…。




     
                    

引用返信
■2713 / ResNo.4)  Re[2]: 良い代案
□投稿者/ ゆきみ -(2005/03/10(Thu) 15:00:25)

    PHANTOM (snarls furiously at RAOUL)
    The world showed no compassion to me!

    よし様の「憐れみなど縁がない!」というのが
    一番しっくり来ます。
    私はそちらに一票入れさせて頂きます。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2683 / 親記事)  ご協力願い
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/09(Wed) 21:29:39)
    2005/03/10(Thu) 08:37:50 編集(投稿者)

    すみません、半日休んだら自信なくなったので、お願いしたいのですが

    1)補完投稿を下さっている方々、ご自分の投稿でマスターに反映されていないものに
    タイトル◆マークつけていただけますか?(下の2・3はこれに該当しません)
    この掲示板ではageがデフォです。

    一応今夜、あるだけのものはマスターに入れてしまいたいと思っています。
    (お願いはここまでです。以下はお願いと言うよりガイドラインかな)
    --------------------

    2)字幕の代案は歓迎。
    代案:(ブランク)
    のところは「すぐには思いつかなかったが悠長に時間を費やしていられない」ためそのままになっているものですので、代わりに考えて、あるいは思いついたら、ご投稿くださるのは歓迎です。。
    (ここに来てくださる方々に、「ご自分の案がマスターに入らなくても悪く思わないで下さるなら」なんて但し書きは不要ですよね? ^^;)

    3)コメントは、ハーブがつけたものに不足などお気づきの点、異論などは遠慮なくお寄せいただいていいのですが
    「★がついてるのにまだ書かれていない」所のコメントは、単に「まだ」なんです(^^;)
    代わって考えていただくにはおよびませんが

    4)ご自分の「是非入れてほしいコメント」は、これまでに金のたてがみ様がしてくださっているように、マスターにつけていただければ(かなりの高確率で)入れさせていただきます。

引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2552 / 親記事)  【マスター】1-10 Prima Donna
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/06(Sun) 23:23:40)
    2005/03/13(Sun) 13:32:33 編集(投稿者)

    1-10は多すぎるため、前半Notesと後半Prima Donnaに分割しています。
    和訳、金のたてがみ様。マスター原稿作成、梅の一さまとOne of many様。感謝です、遅くなってすみません。
    -----------------
    CARLOTTA
    You have reviled me!                 (わたしを悪し様に言ったわね!
    You have rebuked me!                    わたしを非難するのね!)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, pardon us...                  (シニョーラ、お許しを…)

    CARLOTTA
    You have replaced me!                 (わたしを交替させたわね!)

    FIRMAN / ANDRE
    Please, Signora, we beseech you...        (どうかシニョーラ、お願いです…)

    GIRY
    This hour shall see your darkest fears...     (世にも恐ろしいことが起きますよ…)

    RAOUL
    I must see her                        (彼女に会わなくては)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar! Non vo' cantar!       (歌いたくないのよ! 歌いたくないの!)

    RAOUL
    Where did she go...?                 (彼女はどこへ行っていたのだろう?)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar!                         (歌いたくないの!)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, sing for us!          (シニョーラ、わたしたちのために歌ってください!
    Don't be a martyr.                   どうか受難者にならずに)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar!                        (歌いたくないの!)

    RAOUL / GIRY / MEG
    What new surprises lie in store...?   (一体どんな驚くべきことが、待ち受けているのか…?)

    FIRMAN / ANDRE
    Our star!                             (当劇場の花形!)

    FAN
    Would you please give this to Miss Daae?     (これをダーエ嬢に渡してくれませんか、 
    Miss Daae?                              ダーエ嬢に?)


    ANDRE
    Your public needs you!               (観客はあなたを望んでいます!)

    FIRMAN
    We need you, too!                    (我らもあなたが必要です!)

    CARLOTTA
    Would you not rather have                (私よりもあの娘っ子の方が
    your precious little ingenue?                 いいんじゃないの?)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, no!                    (とんでもございません、シニョーラ!)
    the world wants you!                 (世界はあなたを求めております!)

    Prima donna                             (プリマ・ドンナ
    first lady of the stage!                        舞台の花!
    Your devotees are on their knees              崇拝者はあなたの前に跪く
    to implore you !                       その歌声を聞くために!)

    ANDRE
    Can you bow out                   (あなたの名を叫ぶ崇拝者のために
    when they're shouting your name?              会釈して下さいますか?)
    【彼らの熱い歓呼に (耳も貸さず)】
    【背を向けてしまうので?】※私見:今回は語尾までいちいち咎めている余裕無いです。ここなど人物像を破壊しているとは言えないし。 

    FIRMAN
    Think of how they all adore you!       (みんな、どんなにあなたに憧れていることか!)

    FIRMAN / ANDRE
    Prima donna,                        (プリマ・ドンナ
    enchant us once again!                どうかもう一度我らを魅了して下さい!)

    ANDRE
    Think of your muse...                 (あなたの素晴らしい芸術…)

    FIRMAN
    And of the queues round the theatre!           (劇場のまわりには長蛇の列!)

    FIRMAN / ANDRE
    Can you deny us the triumph in store?       (約束された成功を棒に振るおつもりですか?)
    【目の前にある勝利を // みすみす取り逃すので?】※上に同じく、被害軽微につきコメントもつけません。

    Sing, prima donna, once more!     (歌って下さい、プリマ・ドンナ! もう一度!)

    RAOUL
    Christine spoke of an angel...        (クリスティーヌは天使の事を話していた…)
    【クリスティーヌは天使の話をしていた】

    CARLOTTA
    Prima donna                           (プリマ・ドンナ
    your song shall live again!                  さあ、歌声が甦るわ!)
    【プリマドンナ!今その歌(声?)がよみがえる】

    FIRMAN / ANDRE
    Think of your public!                (観客の事を考えて下さい! )

    CARLOTTA
    You took a snub                     (嫌な横槍は入ったけれど
    but there's a public who needs you!             観客が待っているわ! )
    【傷ついたけれど / ファンは私を待っている】

    GIRY
    She has heard the voice                  (あの子は声は聞いたのよ
    of the angel of music...                    音楽の天使の声を…)
    【あの娘は聞いた / 音楽の天使の歌声を】

    FIRMAN / ANDRE
    Those who hear your voice                   (貴女の声を聞く者は
    liken you to an angel!                みんな天使の声を聞いたと思いますよ!)

    CARLOTTA
    Think of their cry                          (考えてもみて
    of undying support !                   絶え間ない励ましの声の事を!)
    【(?)熱烈なファンの声は / 私だって無視できない】

    RAOUL
    Is this her angel of music...?        (彼女の言っていた音楽の天使の仕業なのか…?)

    ANDRE
    We get our opera                        (オペラが上演できる)
    【(?)やったぞ】

    FIRMAN
    She gets her limelight!                    (彼女に脚光があたる!)
    【(?)彼女が(再び)主役】

    CARLOTTA
    Follow where the limelight leads you!           (脚光の導く所へ行きましょう!)
    【(?)私が主役に】

    FIRMAN / ANDRE
    Leading ladies are a trial!             (主役のご婦人方には、気骨が折れる!)
    【歌手は扱いにくい】

    CARLOTTA
    Prima Donna, your song shall never die!  (プリマ・ドンナよ、あなたの歌は永遠です!)
    【(プリマドンナ)私の歌は決して死なない】

    PIANGI
    When she sings we see heaven!          (彼女が歌えば、天にも昇る気持ち!)

    CARLOTTA
    You'll sing again, and to unending ovation!  (もう一度歌えば、果てしない拍手喝采!)

    RAOUL
    Orders! Warnings! Lunatic demands!       (命令! 警告! 気違いじみた要求!)
    【命令に警告?
      正気とは思えない】

    CARLOTTA
    Think how you'll shine in that final encore!  (最後のアンコールで、どんなに輝かしいか考えてごらんなさい!)
    【最後のアンコールを浴びて / 輝く私!】 
    普通の日本語なら「拍手を浴びて」か「アンコールを受けて」だろう。


    FIRMAN / ANDRE
    Surely there'll be further scenes worse than this!  (きっと、これよりもっと酷い場面があるだろう!)
    【先が思いやられる】

    ◆該当台詞不明
    【(?)こんな理不尽な要求】

    FIRMAN / ANDRE
    Who'd believe a diva                    (パトロンと消えて寝ていた
    happy to relieve a chorus girl,               コーラスガールが助かって
    who's gone and slept with the patron?         嬉しい歌姫などいるわけがない。
    【パトロンと寝ているコーラスガール?】
    【その(?)が主役を奪う?】
    Raoul and the soubrette,                  ラウルと腰元役のソプラノ、
    entwined in love's duet!                   絡み合って愛の二重唱!
    Although he may demur,                      すましちゃいるが、
    he must have been with her!               彼女といたにきまっている!)
    【ラウルは認めんだろうが】またしても、支配人のほうが子爵より上であるかのような口調。
    【あの若者はあの娘とデキてる】「デキてる」は必要以上に下品。


    FIRMAN / ANDRE
    You'd never get away with all this in a play,       (演劇じゃ通用しなくても
    【芝居ならありふれた筋書き】
    but if it's loudly sung                         大声で歌って
    and in a foreign tongue                        外国語でやれば
    it's just the sort of story audiences adore,            観衆受けする物語
    【(?)外国語で歌うオペラなら】
    【お客は大喜びで受け入れる】
    in fact a perfect opera!                  完璧なオペラってわけだ!)
    ★【正にパーフェクトなオペラ!】一度ならず二度までも、何故この無意味なカタカナ「パーフェクト」を使い、時代の雰囲気をぶち壊すのか。
    代案:完璧なオペラの出来上がり!(±0)

    MME. GIRY
    For, if his curse is on this opera...  (だって、もしもあの方がこのオペラを呪われたら…)

    MEG
    But if his curse is on this opera...     (でも、もし彼がこのオペラを呪ったら…)

    FIRMAN / ANDRE
    Prima donna, the world is at your feet!  (プリマ・ドンナ、世界はあなたの足下にひれ伏します!
    A nation waits, and how it hates to be cheated!  国中が待っています、ごまかされたくはないんですよ!)

    ALL
    Light up the stage with that age old rapport!  (長年培った信頼感で、ステージを照らすのだ!)
    ★【さあこの世界で / 生きてる人たち!】過度の意訳で、原文無視の捏造。
    【ステージにライトを!】またしてもカタカナ乱用。
    代案:息の合った仲間たちで / この舞台を照らそう!

    Sing, prima donna, once more!     (歌ってください、プリマ・ドンナ、もう一度!)
    【(?プリマドンナよ)歌え!】
    【今一度!】

引用返信

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■2602 / ResNo.2)  英語脚本・和訳の補完
□投稿者/ 梅の一 -(2005/03/07(Mon) 18:38:57)
    ●*中略3*部分の英語脚本・和訳
    ----------
    ANDRE
    Your public needs you!  (観客はあなたを望んでいます!)

    FIRMAN
    We need you, too!  (我らもあなたが必要です!)

    CARLOTTA
    Would you not rather have  (私よりもあの娘っ子の方が
    your precious little ingenue?  いいんじゃないの?)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, no!  (とんでもございません、シニョーラ!)
    the world wants you!  (世界はあなたを求めております!)

    Prima donna  (プリマ・ドンナ
    first lady of the stage!  舞台の花!
    Your devotees are on their knees  崇拝者はあなたの前に跪く
    to implore you !  その歌声を聞くために!)

    ANDRE
    Can you bow out  (あなたの名を叫ぶ崇拝者のために
    when they're shouting your name?  会釈して下さいますか?)

    FIRMAN
    Think of how they all adore you!  (みんな、どんなにあなたに憧れていることか!)

    FIRMAN / ANDRE
    Prima donna,  (プリマ・ドンナ
    enchant us once again!  どうかもう一度我らを魅了して下さい!)

    ANDRE
    Think of your muse...  (あなたの素晴らしい芸術…)

    FIRMAN
    And of the queues round the theatre!  (劇場のまわりには長蛇の列!)

    FIRMAN / ANDRE
    Can you deny us the triumph in store?  (約束された成功を棒に振るおつもりですか?)
    Sing, prima donna, once more!  (歌って下さい、プリマ・ドンナ! もう一度!)

    RAOUL
    Christine spoke of an angel...  (クリスティーヌは天使の事を話していた…)

    CARLOTTA
    Prima donna  (プリマ・ドンナ
    your song shall live again!  さあ、あなたの歌声は甦るわ!)

    FIRMAN / ANDRE
    Think of your public!  (観客の事を考えて下さい! )

    CARLOTTA
    You took a snub  (嫌な横槍は入ったけれど
    but there's a public who needs you!   観客はあなたを待っているわ! )

    GIRY
    She has heard the voice  (あの子は声は聞いたのよ
    of the angel of music...  音楽の天使の声を…)

    FIRMAN / ANDRE
    Those who hear your voice  (貴女の声を聞く者は
    liken you to an angel!  みんな天使の声を聞いたと思いますよ!)

    CARLOTTA
    Think of their cry  (考えてもみて
    of undying support !  絶え間ない励ましの声の事を!)

    RAOUL
    Is this her angel of music...?  (彼女の言っていた音楽の天使の仕業なのか…?)

    ANDRE
    We get our opera...  (オペラが上演できる…)

    FIRMAN
    She gets her limelight!  (彼女に脚光があたる!)

    CARLOTTA
    Follow where the limelight leads you!  (脚光の導く所へ行きましょう!)

    FIRMAN / ANDRE
    Leading ladies are a trial!  (主役のご婦人方は、気骨が折れる!)

    CARLOTTA
    Prima Donna, your song shall never die!  (プリマ・ドンナよ、あなたの歌は永遠です!)

    PIANGI
    When she sings we see heaven!  (彼女が歌えば、天にも昇る気持ち!)

    CARLOTTA
    You'll sing again, and to unending ovation!  (もう一度歌えば、果てしない拍手喝采!)

    RAOUL
    Orders! Warnings! Lunatic demands!  (命令! 警告! 気違いじみた要求!)

    CARLOTTA
    Think how you'll shine in that final encore!  (最後のアンコールで、どんなに輝かしいか考えてごらんなさい!)

    FIRMAN / ANDRE
    Surely there'll be further scenes worse than this!  (きっと、これよりもっと酷い場面があるだろう!)

    FIRMAN / ANDRE
    Who'd believe a diva  (パトロンと消えて寝ていた
    happy to relieve a chorus girl,  コーラスガールが助かって
    who's gone and slept with the patron?  嬉しい歌姫などいるわけがない。
    Raoul and the soubrette,  ラウルと腰元役のソプラノ、
    entwined in love's duet!  絡み合って愛の二重唱!
    Although he may demur,  すましちゃいるが、
    he must have been with her!  彼女といたにきまっている!)
    ----------
引用返信
■2603 / ResNo.3)   英語脚本・和訳の補完 移植しました
□投稿者/ One of many -(2005/03/07(Mon) 19:29:22)
    2005/03/07(Mon) 19:32:06 編集(投稿者)

    梅の一様投稿分を補完しました。
    ★後で字幕追加予定。


    ***省略補足***


    CARLOTTA
    You have reviled me!  (わたしを悪し様に言ったわね!
    You have rebuked me!  わたしを非難するのね!)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, pardon us...  (シニョーラ、お許しを…)

    CARLOTTA
    You have replaced me!  (わたしを交替させたわね!)

    FIRMAN / ANDRE
    Please, Signora, we beseech you ...  (どうかシニョーラ、お願いです…)

    GIRY
    This hour shall see your darkest fears...  (世にも恐ろしいことが起きますよ…)

    RAOUL
    I must see her...  (彼女に会わなくては…)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar! Non vo' cantar!  (歌いたくないのよ! 歌いたくないの!)

    RAOUL
    Where did she go...?  (彼女はどこへ行っていたのだろう?)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar!  (歌いたくないの!)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, sing for us!  (シニョーラ、わたしたちのために歌ってください!
    Don't be a martyr...  どうか受難者にならずに…)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar!  (歌いたくないの!)

    RAOUL / GIRY / MEG
    What new surprises lie in store...?  (一体どんな驚くべきことが、待ち受けているのか…?)

    FIRMAN / ANDRE
    Our star...!  (当劇場の花形…!)

    FAN
    Would you please give this to Miss Daae? Miss Daae?  (これをダーエ嬢に渡してくれませんか? ダーエ嬢に?)
    ----------



    ANDRE
    Your public needs you!  (観客はあなたを望んでいます!)

    FIRMAN
    We need you, too!  (我らもあなたが必要です!)

    CARLOTTA
    Would you not rather have  (私よりもあの娘っ子の方が
    your precious little ingenue?  いいんじゃないの?)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, no!  (とんでもございません、シニョーラ!)
    the world wants you!  (世界はあなたを求めております!)

    Prima donna  (プリマ・ドンナ
    first lady of the stage!  舞台の花!
    Your devotees are on their knees  崇拝者はあなたの前に跪く
    to implore you !  その歌声を聞くために!)

    ANDRE
    Can you bow out  (あなたの名を叫ぶ崇拝者のために
    when they're shouting your name?  会釈して下さいますか?)

    FIRMAN
    Think of how they all adore you!  (みんな、どんなにあなたに憧れていることか!)

    FIRMAN / ANDRE
    Prima donna,  (プリマ・ドンナ
    enchant us once again!  どうかもう一度我らを魅了して下さい!)

    ANDRE
    Think of your muse...  (あなたの素晴らしい芸術…)

    FIRMAN
    And of the queues round the theatre!  (劇場のまわりには長蛇の列!)

    FIRMAN / ANDRE
    Can you deny us the triumph in store?  (約束された成功を棒に振るおつもりですか?)
    Sing, prima donna, once more!  (歌って下さい、プリマ・ドンナ! もう一度!)

    RAOUL
    Christine spoke of an angel...  (クリスティーヌは天使の事を話していた…)

    CARLOTTA
    Prima donna  (プリマ・ドンナ
    your song shall live again!  さあ、あなたの歌声は甦るわ!)

    FIRMAN / ANDRE
    Think of your public!  (観客の事を考えて下さい! )

    CARLOTTA
    You took a snub  (嫌な横槍は入ったけれど
    but there's a public who needs you!   観客はあなたを待っているわ! )

    GIRY
    She has heard the voice  (あの子は声は聞いたのよ
    of the angel of music...  音楽の天使の声を…)

    FIRMAN / ANDRE
    Those who hear your voice  (貴女の声を聞く者は
    liken you to an angel!  みんな天使の声を聞いたと思いますよ!)

    CARLOTTA
    Think of their cry  (考えてもみて
    of undying support !  絶え間ない励ましの声の事を!)

    RAOUL
    Is this her angel of music...?  (彼女の言っていた音楽の天使の仕業なのか…?)

    ANDRE
    We get our opera...  (オペラが上演できる…)

    FIRMAN
    She gets her limelight!  (彼女に脚光があたる!)

    CARLOTTA
    Follow where the limelight leads you!  (脚光の導く所へ行きましょう!)

    FIRMAN / ANDRE
    Leading ladies are a trial!  (主役のご婦人方は、気骨が折れる!)

    CARLOTTA
    Prima Donna, your song shall never die!  (プリマ・ドンナよ、あなたの歌は永遠です!)

    PIANGI
    When she sings we see heaven!  (彼女が歌えば、天にも昇る気持ち!)

    CARLOTTA
    You'll sing again, and to unending ovation!  (もう一度歌えば、果てしない拍手喝采!)

    RAOUL
    Orders! Warnings! Lunatic demands!  (命令! 警告! 気違いじみた要求!)

    CARLOTTA
    Think how you'll shine in that final encore!  (最後のアンコールで、どんなに輝かしいか考えてごらんなさい!)

    FIRMAN / ANDRE
    Surely there'll be further scenes worse than this!  (きっと、これよりもっと酷い場面があるだろう!)

    FIRMAN / ANDRE
    Who'd believe a diva  (パトロンと消えて寝ていた
    happy to relieve a chorus girl,  コーラスガールが助かって
    who's gone and slept with the patron?  嬉しい歌姫などいるわけがない。
    Raoul and the soubrette,  ラウルと腰元役のソプラノ、
    entwined in love's duet!  絡み合って愛の二重唱!
    Although he may demur,  すましちゃいるが、
    he must have been with her!  彼女といたにきまっている!)
    ----------

    ***省略補足終わり***



    FIRMAN / ANDRE
    You'd never get away with all this in a play,      (演劇じゃ通用しなくても
    but if it's loudly sung                    大声で歌って
    and in a foreign tongue                    外国語でやれば
    it's just the sort of story audiences adore,        観衆受けする物語
    in fact a perfect opera!                完璧なオペラってわけだ!)
    ★【正にパーフェクトなオペラ!】一度ならず二度までも、何故この無意味なカタカナ「パーフェクト」を使い、時代の雰囲気をぶち壊すのか。
    代案:完璧なオペラの出来上がり!(±0)

    MME. GIRY
    For, if his curse is on this opera...  (だって、もしもあの方がこのオペラを呪われたら…)

    MEG
    But if his curse is on this opera...  (でも、もし彼がこのオペラを呪ったら…)

    FIRMAN / ANDRE
    Prima donna, the world is at your feet!  (プリマ・ドンナ、世界はあなたの足下にひれ伏します!
    A nation waits, and how it hates to be cheated!  国中が待っています、ごまかされたくはないんですよ!)

    ALL
    Light up the stage with that age old rapport!  (長年培った信頼感で、ステージを照らすのだ!)
    【(?)さあ この世界で / 生きてる人たち!】【(?)さあ、この世界に生きる人たち!】<2説有り、要確認
    ◆【さあこの世界に生きる人たち // ステージにライトを】
    Sing, prima donna, once more!  (歌ってください、プリマ・ドンナ、もう一度!)
引用返信
■2652 / ResNo.4)  AorB?さあこの世界に生きる人たち 
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/08(Tue) 22:57:55)
    ALL
    Light up the stage with that age old rapport!  (長年培った信頼感で、ステージを照らすのだ!)
    >【さあこの世界に生きる人たち  (13) // ステージにライトを (9)】
    Sing, prima donna, once more!  (歌ってください、プリマ・ドンナ、もう一度!)

    意訳にしても、意味不明。
    ストーリー上の重要度は低い箇所だが、Aに入れるか?

    代案:息の合った仲間たちで / この舞台を照らそう!  
引用返信
■2665 / ResNo.5)  英語脚本移植・字幕の補完 完了しました
□投稿者/ One of many -(2005/03/09(Wed) 01:10:30)
    2005/03/09(Wed) 01:15:39 編集(投稿者)

    予定より遅くなってすみません。


    ***省略補足***


    CARLOTTA
    You have reviled me!  (わたしを悪し様に言ったわね!
    You have rebuked me!  わたしを非難するのね!)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, pardon us...  (シニョーラ、お許しを…)

    CARLOTTA
    You have replaced me!  (わたしを交替させたわね!)

    FIRMAN / ANDRE
    Please, Signora, we beseech you ...  (どうかシニョーラ、お願いです…)

    GIRY
    This hour shall see your darkest fears...  (世にも恐ろしいことが起きますよ…)

    RAOUL
    I must see her...  (彼女に会わなくては…)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar! Non vo' cantar!  (歌いたくないのよ! 歌いたくないの!)

    RAOUL
    Where did she go...?  (彼女はどこへ行っていたのだろう?)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar!  (歌いたくないの!)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, sing for us!  (シニョーラ、わたしたちのために歌ってください!
    Don't be a martyr...  どうか受難者にならずに…)

    CARLOTTA
    Non vo' cantar!  (歌いたくないの!)

    RAOUL / GIRY / MEG
    What new surprises lie in store...?  (一体どんな驚くべきことが、待ち受けているのか…?)

    FIRMAN / ANDRE
    Our star...!  (当劇場の花形…!)

    FAN
    Would you please give this to Miss Daae? Miss Daae?  (これをダーエ嬢に渡してくれませんか? ダーエ嬢に?)
    ----------



    ANDRE
    Your public needs you!  (観客はあなたを望んでいます!)

    FIRMAN
    We need you, too!  (我らもあなたが必要です!)

    CARLOTTA
    Would you not rather have  (私よりもあの娘っ子の方が
    your precious little ingenue?  いいんじゃないの?)

    FIRMAN / ANDRE
    Signora, no!  (とんでもございません、シニョーラ!)
    the world wants you!  (世界はあなたを求めております!)

    Prima donna  (プリマ・ドンナ
    first lady of the stage!  舞台の花!
    Your devotees are on their knees  崇拝者はあなたの前に跪く
    to implore you !  その歌声を聞くために!)

    ANDRE
    Can you bow out  (あなたの名を叫ぶ崇拝者のために
    when they're shouting your name?  会釈して下さいますか?)
    ◆【彼らの熱い歓呼に (耳も貸さず)// 背を向けてしまうので?】 

    FIRMAN
    Think of how they all adore you!  (みんな、どんなにあなたに憧れていることか!)

    FIRMAN / ANDRE
    Prima donna,  (プリマ・ドンナ
    enchant us once again!  どうかもう一度我らを魅了して下さい!)

    ANDRE
    Think of your muse...  (あなたの素晴らしい芸術…)

    FIRMAN
    And of the queues round the theatre!  (劇場のまわりには長蛇の列!)

    FIRMAN / ANDRE
    Can you deny us the triumph in store?  (約束された成功を棒に振るおつもりですか?)
    ◆【目の前にある勝利を // みすみす取り逃すすので?】 
    ◆#2538 「珍訳集」サイト管理人様
    【?】間違いではないのですが、この翻訳者に多い「ーので?」という形に笑ってしまいました。

    Sing, prima donna, once more!  (歌って下さい、プリマ・ドンナ! もう一度!)

    RAOUL
    Christine spoke of an angel...  (クリスティーヌは天使の事を話していた…)
    ◆【クリスティーヌは天使の話をしていた】

    CARLOTTA
    Prima donna  (プリマ・ドンナ
    your song shall live again!  さあ、あなたの歌声は甦るわ!)
    ◆【プリマドンナ!今その歌(声?)がよみがえる】

    FIRMAN / ANDRE
    Think of your public!  (観客の事を考えて下さい! )

    CARLOTTA
    You took a snub  (嫌な横槍は入ったけれど
    but there's a public who needs you!   観客はあなたを待っているわ! )
    ◆【傷ついたけれど / ファンは私を待っている】

    GIRY
    She has heard the voice  (あの子は声は聞いたのよ
    of the angel of music...  音楽の天使の声を…)
    ◆【あの娘は聞いた / 音楽の天使の歌声を】

    FIRMAN / ANDRE
    Those who hear your voice  (貴女の声を聞く者は
    liken you to an angel!  みんな天使の声を聞いたと思いますよ!)

    CARLOTTA
    Think of their cry  (考えてもみて
    of undying support !  絶え間ない励ましの声の事を!)
    ◆【(?)熱烈なファンの声は / 私だって無視できない】

    RAOUL
    Is this her angel of music...?  (彼女の言っていた音楽の天使の仕業なのか…?)

    ANDRE
    We get our opera...  (オペラが上演できる…)
    ◆【(?)やったぞ】

    FIRMAN
    She gets her limelight!  (彼女に脚光があたる!)
    ◆【(?)彼女が(再び)主役】

    CARLOTTA
    Follow where the limelight leads you!  (脚光の導く所へ行きましょう!)
    ◆【(?)私が主役に】

    FIRMAN / ANDRE
    Leading ladies are a trial!  (主役のご婦人方は、気骨が折れる!)
    ◆【歌手は扱いにくい】

    CARLOTTA
    Prima Donna, your song shall never die!  (プリマ・ドンナよ、あなたの歌は永遠です!)
    ◆【(プリマドンナ)私の歌は決して死なない】

    PIANGI
    When she sings we see heaven!  (彼女が歌えば、天にも昇る気持ち!)

    CARLOTTA
    You'll sing again, and to unending ovation!  (もう一度歌えば、果てしない拍手喝采!)

    RAOUL
    Orders! Warnings! Lunatic demands!  (命令! 警告! 気違いじみた要求!)
    ◆【命令に警告?
    正気とは思えない】

    CARLOTTA
    Think how you'll shine in that final encore!  (最後のアンコールで、どんなに輝かしいか考えてごらんなさい!)
    ◆【最後のアンコールを浴びて / 輝く私!】 
    ◆【?】アンコールを浴びるというのはおかしいのでは?】#2538 「珍訳集」サイト管理人様
      「アンコールの拍手を浴びて」か「アンコールを受けて」ではないでしょうか?


    FIRMAN / ANDRE
    Surely there'll be further scenes worse than this!  (きっと、これよりもっと酷い場面があるだろう!)
    ◆【先が思いやられる】

    ◆該当台詞不明
    【(?)こんな理不尽な要求】

    FIRMAN / ANDRE
    Who'd believe a diva  (パトロンと消えて寝ていた
    happy to relieve a chorus girl,  コーラスガールが助かって
    who's gone and slept with the patron?  嬉しい歌姫などいるわけがない。
    ◆【パトロンと寝ているコーラスガール?】
    ◆【その(?)が主役を奪う?】
    Raoul and the soubrette,  ラウルと腰元役のソプラノ、
    entwined in love's duet!  絡み合って愛の二重唱!
    Although he may demur,  すましちゃいるが、
    he must have been with her!  彼女といたにきまっている!)
    ◆【ラウルは認めんだろうが】
    ◆【あの若者はあの娘とデキてる】
    ▼1)「認めんだろうが」は尊大。 2)「デキてる」も必要以上に下品に思われる。

    ----------

    ***省略補足終わり***



    FIRMAN / ANDRE
    You'd never get away with all this in a play,      (演劇じゃ通用しなくても
    ◆【芝居ならありふれた筋書き】
    but if it's loudly sung                    大声で歌って
    and in a foreign tongue                    外国語でやれば
    it's just the sort of story audiences adore,        観衆受けする物語
    ◆【(?)外国語で歌うオペラなら】
    ◆【お客は大喜びで受け入れる】
    in fact a perfect opera!                完璧なオペラってわけだ!)
    ★【正にパーフェクトなオペラ!】一度ならず二度までも、何故この無意味なカタカナ「パーフェクト」を使い、時代の雰囲気をぶち壊すのか。
    代案:完璧なオペラの出来上がり!(±0)

    MME. GIRY
    For, if his curse is on this opera...  (だって、もしもあの方がこのオペラを呪われたら…)

    MEG
    But if his curse is on this opera...  (でも、もし彼がこのオペラを呪ったら…)

    FIRMAN / ANDRE
    Prima donna, the world is at your feet!  (プリマ・ドンナ、世界はあなたの足下にひれ伏します!
    A nation waits, and how it hates to be cheated!  国中が待っています、ごまかされたくはないんですよ!)

    ALL
    Light up the stage with that age old rapport!  (長年培った信頼感で、ステージを照らすのだ!)
    ◆【さあこの世界で / 生きてる人たち!】
    【ステージにライトを!】

    Sing, prima donna, once more!  (歌ってください、プリマ・ドンナ、もう一度!)
    ◆【(?プリマドンナよ)歌え!】
    【今一度!】
引用返信
■2850 / ResNo.6)  終了、問題指摘少ないシーン
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/13(Sun) 13:35:57)
    ストーリー的にも、ここは理屈抜きに視覚とメロディーハーモニーを愉しむ箇所なので、後回しになってしまいました。よっぽどのことがなければこれは補完しなくていいと思っていますが、遅れをご容赦くださるならご投稿を拒むものではありません。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■2487 / 親記事)  【マスター】 1-14 All I ask of you (Reprise)
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/05(Sat) 20:35:17)
    2005/03/13(Sun) 13:40:09 編集(投稿者)

    ベースはOne of many様、和訳は主として金のたてがみ様の連絡室のご投稿によっています。
    -----------------
    CHRISTINE
    I must go --                        (もう行かなくては)
    they'll wonder where I am.           (みんなが、どこに行ったのかと思うわ)
    Come with me, Raoul!                     (一緒に来て、ラウル!)

    RAOUL
    Christine, I love you!                (クリスティーヌ、愛してるよ!)

    CHRISTINE
    Order your fine horses                (あなたの立派な馬車の支度をさせてね)             
    Be with them at the door!                   (出口で待ってて!)

    RAOUL
    And soon you'll be beside me       (そしたら すぐに僕の隣に来てくれるね)

    CHRISTINE
    You'll guard me, and you'll guide me...     (あなたが守って、導いてくれる...) 
    【あなたは私を守り 手を引いてくれる】


    PHANTOM
    I gave you my music...              (私はおまえに音楽を与えた...)
    【私はお前に 私の音楽を与えた】           
    made your song take wing...           (おまえの歌に翼を与えた...)
    【そしてお前の歌に 翼を与えてやったのに】
             
    And now, how you've repaid me:        (なのに、なんという報い方)
    【そういう私に お前はどう報いた】        
    denied me and betrayed me             (わたしを拒み、裏切った)

    He was bound to love you            (奴がお前に恋をしたのは当然のこと)
    【あの男はたちまち恋に落ちた】           
    when he heard you sing...              (お前の歌を聞いたからこそ...)
    【お前の歌を耳にしたその瞬間に】
    Christine ...Christine ... 

    RAOUL / CHRISTINE(far off)
    Say you'll share with me          (言ってちょうだい わたしと分かち合うと)
    【誓ってほしい / 私と分かち合うと】
    one love, one lifetime...             (一つの愛、一度だけの人生を...)
    【たった1つの愛 / たった一度の人生を】
    say the word and I will follow you...      (そう言ってくれたら あなたについて行く)
    【その言葉があればーー // 私は あなたについてゆく】
    Share each day with me,            (共に分かち合いましょう 日ごとに)
    【めぐり来る日を / 分かち合おう】
    each night, each morning...                  (夜を、朝を...)
    【めぐり来る夜 / めぐり来る朝を】


    PHANTOM
    You will curse the day you did not do          (お前はいまに 呪うことになる)
    【きっと今に呪うだろう 今日というこの日を】                 
    all that the Phantom                  (ファントムの ただひとつの
    asked of you...!                        望みを拒んだ日を!)
    【ファントムの願いを聞き入れず /
     私に背いたこの日を!】

    -------------
    訳注
    最後の一文は、All (that) I ask of you というフレーズの「私」を「ファントム」に置き換えただけ(時制は別として)なので、
    「私があなたに望むのは ただそれだけ」 この愛のテーマの曲名をいわば裏返しての
    ⇒ 「ファントムがお前に望んだのは ただそれだけだった」
    と解釈しました。

    可能性としては、
    1)(did) not (do) all だから、部分否定「全部ではない(一部肯定、一部否定)」
    2)「ことごとく拒んだ」(もろもろあっての全否定)
    3)「それだけしか望まなかった」(望んだことはひとつしかなかった)

    金のたてがみ様と lot667様は 2)で、私は 3)というわけです(文法の教科書通りに1)の解釈をする人はまずいないでしょう)。
    現行字幕はその点はぼかしてあるので無問題。
引用返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■2851 / ResNo.1)  終了、問題指摘特になし
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/13(Sun) 13:41:14)
    だと思います。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]






Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -