LotR なんでも掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

97561

※掲示板を再開しました。SPAM対策を強化してあります。必ず掲示板内「HELP」の案内をご覧下さい。

-----------------------------------

当掲示板は、2005年2月〜3月『オペラ座の怪人』の字幕検証作業場となっておりました。
出来上がった総覧、すなわち全脚本+一部対訳+問題字幕指摘と解説は、
きれいにまとめた形で [字幕改善連絡室新掲示板]にあります。

-----------------------------------
移行以前の旧ツリーは、こちらをご覧ください。


■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalスーパーコピーブランド N級品 代金引換専門店(0) | Nomalブランドコピー服(0) | NomalMAXMAN(0) | Nomal時計N激安買取brepli8(0) | NomalKoH-DC字幕のツリー(55) | Nomal書き込みテスト用のツリー(3) | NomalKoH【DCネタバレ】雑談ツリー(29) | NomalKoHディレクターズカット Disc2(23) | NomalKoHディレクターズカット Disc1(25) | NomalKoHの歴史解説字幕(50) | Nomal第2:Kingdom字幕総覧?(22) | NomalKingdom字幕の指摘総覧?(44) | Nomal[バカ]KOH DVDのススメ[ネタ](1) | Nomal第2:Kingdom of Heavenの言葉(50) | NomalKingdom 本編以外(6) | NomalKingdom of Heavenの言葉のツリー(70) | Nomal検証ではなくKingdom of Heaven(70) | Nomal「オペラ座の怪人」字幕に関するお返事(26) | Nomal「オペラ座」後夜祭ツリー(70) | Nomal[報告]連名ありがとうございました (37) | Nomal『総覧』ミス捜し願い(70) | Nomal〔お知らせ〕連絡室新掲示板に(11) | Nomal【マスター】1-8 Magical Lasso(0) | Nomalsage進行雑談ツリー(52) | Nomal【マスター】番号リスト(43) | Nomal代案、投票にかけます(4) | Nomalご協力願い(0) | Nomal【マスター】1-10 Notes(4) | Nomal【マスター】2-7 We have all been blind(3) | Nomal【マスター】1-3 Think of me (前半)(13) | Nomal【マスター】1-12 屋上へ(4) | Nomal【マスター】1-11 Poor Fool, / IL MUTO (6) | Nomal【マスター】1-10 Prima Donna(6) | Nomal【マスター】1-10 Notes(前半・未完)(8) | Nomalヘルプ求む!(16) | Nomal【マスター】2-11 Learn to be lonely(1) | Nomal【マスター】2-4 Wishing you were somehow here again (16) | Nomal【マスター】 1-14 All I ask of you (Reprise)(1) | Nomal【マスター】2-10後半: 三重唱〜ラスト(31) | Nomal【マスター】2-10 (前半)Down once more(27) | Nomal【マスター】2-9 The point of no return / Chandelier crash(6) | Nomal【マスター】2-8 Don Juan(13) | Nomal【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight(5) | Nomal【マスター】2-3 Journey to the cemetery(2) | Nomal【マスター】1-4 Angel of Music(5) | Nomal【マスター】1-9 I Remember / Stranger than you dreamed it (7) | Nomal【マスター】1-13 All I ask of you(7) | Nomal【マスター】1-2 OVERTURE-HANNIBAL[1](11) | Nomal【マスター】1-7 THE MUSIC OF THE NIGHT(9) | Nomal【マスター】1-6 The Phantom Of The Opera(7) | Nomal1-10 Notes / Prima Donna(2) | Nomal【マスター】1-5 Little Lotte / The Mirror(12) | Nomal1-8 Magical Lasso(6) | Nomal【マスター】1-1 PROLOGUE(3) | Nomalサントラ番号(37) | Nomal【マスター】2-2 Madam Giry's Tale(12) | Nomal【マスター】2-1 Masquerade(13) | Nomal【皆様へ】お詫びとお断り(6) | Nomal日本語字幕に関するコメントツリー(19) | Nomal一粒で何度も・・・楽しくつつく隅(1) | Nomal『王の帰還』SEE感想解禁!(23) | Nomalタイトルについて(2) | Nomal書き取りご協力くださる方へ(17) | NomalRotKSEEその7(34) | NomalRotKSEEその6(23) | NomalRotKSEEその5(33) | NomalRotKSEEその4(28) | NomalRotKSEEその3(26) | NomalRotKSEEその2(20) | NomalRotKSEE 追加分その1(31) | Nomal【ネタバレ危険!】RotK SEE【感想】(6) | Nomalコンサート行きました(12/11)(10) | NomalROTK SEE(1) | Nomal『王の帰還』DVDのツリー(2) | NomalLotRコンサート(12) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(その2) (23) | NomalMelting Pot Party! 多国籍交流会 7月17日(土)(0) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(その2)(31) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(その2) (19) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 26〜30(その2)(8) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 21〜25(その2) (16) | Nomal雑談ツリー:FotR関連(43) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(40) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(44) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 11〜15(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 6〜10(30) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 1〜5(38) | NomalFotRのDVD/VHS字幕見直しについて(6) | Nomalエンディング長し(45) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■2338 / 親記事)  【マスター】2-2 Madam Giry's Tale
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/27(Sun) 20:37:42)
    2005/03/12(Sat) 18:45:05 編集(投稿者)

    英文すぐ右の( )内和訳は、金のたてがみ様のものがベースです。
    字幕補完は「珍訳集」サイト管理人さま、One of many様。

    -----------

    RAOUL
    Madame Giry... Wait!                (マダム・ジリー、待ってください!)

    GIRY
    Please, Monsieur, don't ask me.          (お願いだから私に訊かないでください)
    【私に聞かないで】
    I know no more than anyone else.             (皆さん同様何も知りません)
    【(?字幕なし?)】※要最終確認

    RAOUL
    That's not true!                        (そんなはずはない!)
    ★【話を!】
    あまりにも短すぎる。名詞に「を!」「を?」をつけて済ませるこの中途停止の乱用は以前から批判の的。
    代案:知ってるはずだ!

    GIRY
    Monsieur, don't ask.                   (どうか、訊かないでください)
    【聞かないで】
    There have been too many accidents.          (あまりにも多く事故が続きました)
    ★【また事故が・・・】
    たった今事故があったのか、予期なのか、全く不明な字幕。すでに「私に聞かないで」が出た後なので、ここの1文目は訳出しなくても済むだろう。
    2文合わせての代案:事故はもうたくさんです
              これ以上“事故”は嫌です
    〔未確定、募集中。「あなたが詮索すると、またしても事故=ファントムによる悪事を引き起こすだろう。訊かない方があなたの身のためだ」の意を盛り込みたいところなんですが〕

    RAOUL
    Accidents?                      (「事故」だなんて、よしてください、マダム
    Please, Madame Giry, for all our sakes.        皆を助けるためです。どうか)
    【我々のために話して下さい】


    GIRY
    Very well...                       (わかりました…
    It was years ago.                      何年も前のことです
    There was a travelling fair in the city ...       街に旅回りの市が立ちました
    gypsies.                             ジプシーたちです)
     
    I was very young...                     (わたしはまだとても若くて
    studying to be a ballerina.               バレリーナになるため勉強していました

    one of many,                        大勢の中の一人として
    living in the dormitories of the Opera House...      オペラ座の寮で暮らしていました…)

    Gypsy:
    See the wonder from the East!                (東洋の神秘をご覧に入れるよ)           
    〔※スクリプトになく、サントラ聞き取りのため不確定〕
    【東洋から流れてきたんだ】
    代案:さあさ 東洋の神秘だよ!(-1)

    MAN
    Come ... come ... come inside!              (さあ、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!
    Come and see the devil's child!             ほうら、悪魔の子だよ、見て行きな!)

    【醜い化け物】※子供ファントムを見て笑っているシーンで、誰もしゃべってなく笑い声だけのところで出る

      〔少年ファントム脱出〕

    ANOTHER MAN
    Murder! Murder!                      (ひとごろしだあ! 人殺し!)

    THIRD MAN
    Which way?
    (どっちへ行った?)

    MME. GIRY
    I hid him from the world,               (わたしは彼を世間から隠しましたand its cruelties --                     世間の残酷さから…)

    He has known nothing else of life since then      (それ以来彼は、このオペラ座以外の
    except this Opera House.                     生活を知りません)
    It was his playground and ...                 ここが彼の遊び場でした
    now his artistic domain!                 そして今では彼の芸術の領域です!)
    He is a genius!                       (あの方は天才なのですわ!

    He's a architect and designer,                建築家でデザイナーで、
    he's a composer and a magician!                 作曲家で奇術使いで!)
    ★★【作曲家で魔法使い】
    ファンタジーのひげの老人ではないのである。しかも仮面舞踏会の会場から、目くらましの火を使って消えたばかり。
    代案:作曲家で奇術師

    ... A genious, Monsieur.                 (…彼は天才なんです、子爵様)
    【(未確認?)】
引用返信

▽[全レス12件(ResNo.8-12 表示)]
■2745 / ResNo.8)  the East
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/11(Fri) 12:32:40)
    2005/03/11(Fri) 12:52:33 編集(投稿者)

    >【東洋から流れてきたんだ】という字幕がありました。
    >英語ではeastと言ってましたが、単に「東から来た」だけであり
    >「東洋」と地域を限定してしまうのはどうかと思います。

    私の耳には the Eastと聞こえるので、「東洋」で問題ないと思いますが。
    どのみち本筋に関係ないし、白い都さまNo.2434へのレスNo.2745でも書きましたが、香具師の口上ですからもとが出まかせで、インドだろうがエジプトだろうが構わないと思います。この時代のジプシーの分布移動範囲等の地理的事実など!(失礼)。

    まじめな話、東方とか東欧では香具師の使う言葉らしくならない、というのが「修正要求」必要と思えない最大の理由です。
引用返信
■2746 / ResNo.9)  (削除)
□投稿者/ -(2005/03/11(Fri) 12:49:52)
    この記事は投稿者に削除されました
引用返信
■2749 / ResNo.10)  the East 「東洋」は優先度低し
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/11(Fri) 14:34:40)
    2005/03/12(Sat) 15:50:22 編集(投稿者)

    Gypsy:
    See the wonder from the East!                (東洋の神秘をご覧に入れるよ)           
    〔※スクリプトになく、サントラ聞き取りのため不確定〕
    【東洋から流れてきたんだ】
    代案:さあさ 東洋の神秘だよ!(-1)

    ----------
    the East は辞書的には、「東洋」も「東欧」もあります。

    east
    ━━ n. (普通the 〜) 東, 東方; (the 〜 またはthe E-) 東部(地方); (the E-) 東洋; (the E-) 米国東部諸州; 【史】(時にthe E-) 東欧.
    goo辞書 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=East&kind=ej&mode=0&ej.x=38&ej.y=15

    歴史的理解としては、ジプシーの大半はロシア・東欧から西欧へ流れてきた人々で、先祖を遡れば最大限インドあたりまで行くことはあるかもしれませんが、中国は範囲外でしょう。ファントムは顔立ちからして中国系ではありませんし。※
    ※ガストン・ルルーの原作では、ファントム(エリック)の経歴は、フランス・ルアン近郊の生まれ、少年のころに「ペルシャ」(19世紀後半のイランはイスラム王朝が支配)まで行って宮廷に仕え、オスマン・トルコでも宮廷に仕えたりしたが、殺されそうになったのでヨーロッパに帰還したという設定です。
    「東洋」の語は明らかに、東アジア・東南アジア地域を指すので、そこから来たというのは事実としては間違いです。
    しかし、映画のキャラとしては、ここで必ずしも正確な説明をしているとは限らず、客寄せの口上としてホラを吹いているとも考えられ、その場合は「東洋から来た」と言っても差し支えないわけです。
    とはいえ、ストーリー上、この人物がここで絶対にホラを吹かなければならないわけではなく、ホラの内容が「東洋」でなければならない必然性もありません。

    私の意見では、「東から」または「東方」とぼやかしておけば、辞書的にも映画の文脈とも齟齬はないので、限定的な「東洋」という語を使うよりも、無難であると思います。
    代案:東方の驚異をご覧あれ! (-1)

    ただし、理由が立つ以上「誤訳」と言いにくいこと、ストーリーの進行に影響しないことからすれば、修正要求の必要性は低いレベルです。よって、これを意見書に入れるかどうかは皆さんの多数のご要望があれば、というところだと考えます。
引用返信
■2791 / ResNo.11)  ★【話を!】コメント、代案を?
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/12(Sat) 18:09:55)
    RAOUL
    Madame Giry... Wait!                (マダム・ジリー、待ってください!)
    GIRY
    Please, Monsieur, don't ask me.          (お願いだから私に訊かないでください)
    【私に聞かないで】
    I know no more than anyone else.             (皆さん同様何も知りません)
    【(?字幕なし?)】
    RAOUL
    That's not true!                        (そんなはずはない!)
    >★【話を!】
    GIRY
    Monsieur, don't ask.                   (どうか、訊かないでください)
    【聞かないで】


    「話しを!」は★で残しますか? 他の箇所に比べれば重要度は低いと考えます。
    一応、コメントと代案。

    コメント
    中途終止文「名詞+を!(?)」という表現は、日本語として不自然で意味がわかりにくい上、この字幕翻訳家独特の言い回しとして観客の反発が強いので、できるだけ避けていただきたい。

    代案 直前のマダム・ジリーの台詞にも字幕を付ける。
    マダム・ジリー:私に聞かないで // 何も知りません
    ラウル:嘘でしょう?
    マダム・ジリー:聞かないで
引用返信
■2795 / ResNo.12)  終了、ご指摘入れました
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/12(Sat) 18:56:34)
    まだ見落としがあればお願いします
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-12]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2337 / 親記事)  【マスター】2-1 Masquerade
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/27(Sun) 20:36:07)
    2005/03/15(Tue) 16:23:21 編集(投稿者)

    英文すぐ右の( )内和訳は、金のたてがみ様のものがベース。不要と思われる箇所ではつけていません。現行字幕補完はOne of many様、 「珍訳集」サイト管理人さま。

    ラウルとクリスの婚約のシーンは、末尾に回して保管としています。
    -----------

    CHORUS:
    Masquerade!
    【仮面舞踏会(ルビ:マスカレード)】
    Paper faces on parade                   (紙で作った顔が勢揃い)
    【ここは仮面の洪水!】
    「仮面の洪水」は賛否両論。同じ英語歌詞でもラストシーンではこの字幕にしないで欲しいとの声多数。

    Masquerade!
    Hide your face, so the world will never find you!  (誰にも見つからないよう顔を隠せ)
    【素顔を見られないように顔を隠そう】
    Masquerade!
    Every face a different shade            (ひとつひとつ 色合いの違う顔、顔)
    【色とりどりのたくさんの顔】
    Masquerade!
    Look around -                         (振り向いてごらん、
    there's another mask behind you!            後ろにもまた別の仮面がある)
    【振り向けばそこにも別の仮面】

    <<略>>

    ANDRE
    Three months...                        (あれから3ヶ月…)
    ★★【3か月のロングラン】 「ロングラン」は捏造、しかも完全な誤りの付け足し。ここで言っているThree monthsとは「安堵の3ヶ月 Three months of relief!」であり「喜びのof delight・平安のof Elysian peace」3ヶ月であって、怪人から音沙汰がなかった期間のこと。現況では、続く台詞が字幕なしなのでそれに対応する代案は
    代案:何事もなく3か月!(±0)
    しかし本来は、続くピアンジとカルロッタの台詞を合わせた台詞にも字幕を入れて、たとえば次のようにすべきだろう。
    下と合わせての代案:あれから3か月…(-2)
              何事もなく ひと安心!()

    PIANGI
    ... of relief!                        (もう安堵していい!)
    ★【(字幕なし)】
    CARLOTTA
    ... of delight!                            (嬉しいわ!)
    ★【(字幕なし)】

    ANDRE / FIRMAN
    ... of Elysian peace!                        (至福の平安!)
    ★★【成功は間違いない】「ロングラン」という最初の捏造を強化するためか、嘘の上に嘘を重ねる字幕。英文の意味は完全に無視されている。
    代案:平和が一番!

    FIRMIN
    And we can breathe at last!                    (ようやく一息つける!)
    【これでほっとした】
    CARLOTTA
    No more notes!                          (手紙も来ないし!)
    PIANGI
    No more ghost!                          (幽霊も現れない!)
    【ゴーストは消えた】
    RAOUL
    Here's to health!                        (健康を祝して!)
    ANDRE 
    Here's a toast: to a prosperous year!            (乾杯! 栄えある新年に!)
    ★【大ヒットに乾杯】上記の捏造の延長である。a happy new yearと同様、不定冠詞がついているのだから「これからの新年が豊かな年でありますように」、であって、すでに成功したことを祝っているのではない。
    代案:よき新年に乾杯!(±0)

    FIRMAN
    To our friends who are here.                 (ご出席の友人方に)
    CARLOTTA / PIANGI
    And may our splendour never fade!    (私たちがいつまでも輝いていられますように)

    ------
    〔ファントム登場〕

    Why so silent, good messieurs?       (なぜそう沈黙するのかな、善良なる諸君?)
    【なぜ静まるのだ 皆さん】
    Did you think that I had left you for good?   (私が去ってそれきりと思ったかね?)
    【この私が永遠に姿を消したとでも?】
    Have you missed me, good messieurs?   (私がいなくて寂しかったかね、善良なる諸君?)
    【私に会いたかっただろう】

    I have written you an opera!          (私は君たちにオペラを作曲してあげたよ)   
    【私はあなた方のためにオペラを書いた】
    Here I bring the finished score --        (ここに仕上がった総譜を持ってきた―
    【これが完成したスコアだ】できればカタカナより「譜面」「楽譜」「総譜」にしたいところ。

    "Don Juan Triumphant" !                    『ドン・ファンの勝利』だ!)

    Fondest greetings to you all,             (諸君に心からの挨拶を申し上げ
    【あなた方に心からの挨拶を】
    a few instructions                         少し指示をしておく
    just before the rehearsal starts:                稽古を始める前にね)
    ★【リハーサルを始める前に 幾つか注文をつけたい】
    カタカナの「リハーサル」は本番同様の予行演習だが、英語rehearsalは下稽古まで含む。ここではまだ譜面が来た直後なのだからいきなり「リハーサル」はおかしい。
    代案:稽古を始める前に (後半問題なし)
                 
    Carlotta must be taught to act           (カルロッタは 演技を習いたまえ)
    【カルロッタは演技の勉強を】
    Not her normal tricks                   (いつものように気取って
    of strutting round the stage.             舞台を歩くだけではなく、な)
    【今の君は気取って舞台を歩き回るだけ】

    Our Don Juan must lose some weight --      (我らがドン・ファンは体重を落としたまえ)
    【ドン・ファンはもっと減量を】
    it's not healthy in a man of Piangi's age!    ピアンジ君の年齢では体にも良くないぞ)
    【その年で太りすぎは / 健康に良くない】
    And my managers must learn                 (それから、私の支配人たちは
    【支配人(たち)にも忠告しよう】
    that their place is in an office --     自分たちの居るべき場所はオフィスであって
    【支配人のいるべき場所は事務所】
    not the arts!                      芸術の場ではないと心得よ!)
    【芸術の場ではない】

    As for our star,                        (さて 当劇場の花形
    Miss Christine Daae...              クリスティーヌ・ダーエ嬢についてだが…)
    【そして我らのスター クリスティーヌ・ダーエ】カタカナはなるべく避けたい。
    代案:さて当劇場の花形 クリスティーヌ・ダーエ嬢(±0)

    No doubt she'll do her best           (彼女が最善を尽くすことは疑わないし)
    【彼女はベストを尽くすだろう】またしても安易なカタカナ。
    代案:きっと最善を尽くすだろうし(±0)

    it's true her voice is good.                 (声質が良いのも認めよう)
    【美声にもめぐまれている】
    She knows, though,                   (しかし、本人も承知だろうが
    should she wish to excel,            抜きん出て優れた歌手になりたいならば
    【だがそれ以上を目指すなら】
    she has much still to learn,                 まだ学ぶべきことは多い)
    【もっと学ばねばならん】

    if pride will let her return to me,    (謙虚になれるなら 私のところへ戻りなさい)
    【プライドを捨てて 私の元に戻るのだ】
    彼女はいわゆる「プライドの高い性格」ではないので違和感。prideをプライドとするのはplayをプレイとするのと同じく安直。
    代案:慢心しないで(-2) 私の元に戻るのだ

    her teacher, her teacher...                  (師の許へ 師の許へと…)
    ★【師の胸へ // 師の胸へ】
    「胸」を付け足すのは不要であり不快、と感じる人多数。
    代案:師のもとへ(+1)

    Your chains are still mine!You belong to me!
    ★★★【私の贈り物! お前は私のもの!】
    ラウルから贈られた指輪である。英語を聞き取れない人ふくめ誰にでもわかる、信じ難い大間違いの捏造。
    代案:お前はまだ 私につながれた身だ!(2文合わせての案)


    -------以下は問題なしとみなしカット予定のパートです------


    CHRISTINE
    Think of it! A secret engagement!
    【夢のよう】【秘密の婚約】
    Look -- your future bride! Just think of it!
    【見て】【私は あなたの未来の花嫁よ】

    RAOUL
    But why is it secret?
    【でもなぜ秘密に?】
    What have we to hide? You promised me.

    CHRISTINE (nervously)
    No, Raoul. Please don't. They'll see...    (だめよ、ラウル。お願い、みんなが見るわ…)

    RAOUL
    Well, then let them see.                 (それなら、見せてやればいい)
    It's an engagement, not a crime!       (婚約なんだ、犯罪を犯したんじゃない!)
    Christine what are you afraid of?             (何を怖れているんだい?)

    CHRISTINE / RAOUL
    Let's not argue                   (喧嘩はやめよう)
    【やめて言い争いは】
    CHRISTINE / RAOUL
    Please pretend              (どうか何でもないふりをして)
    【私の言うとおりに】
    RAOUL
    I can only hope I'll...                (ぼくにはいずれ)
    CHRISTINE
    You will...                      (あなたもいずれ)
    BOTH
    understand in time.                  (わかるでしょう)
    【そのうちあなたにも きっとわかる日が来る(わ)】


    ここのラウルとクリスティーヌの会話の字幕は、何箇所かニュアンスが少しずれているものの、許容範囲内とみなしました。

引用返信

▽[全レス13件(ResNo.9-13 表示)]
■2744 / ResNo.9)  一応終わりました
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/11(Fri) 10:40:59)
    ご意見があればどうぞ。
引用返信
■2784 / ResNo.10)  3か月のロングラン・代案
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/12(Sat) 16:34:00)
    ANDRE
    Three months...                        (あれから3ヶ月…)
    ★【3か月のロングラン (9)】 「ロングラン」は捏造、しかも完全な誤りの付け足し。ここで言っているThree monthsとは、「安堵の3ヶ月」であり「喜びの、平安の3ヶ月」であって、怪人から音沙汰がなかった期間のこと。

    Three monthsが、後のピアンジやカルロッタの台詞に続いていることを示すために、英語を併記するほうがわかりやすいのでは?
     「安堵の3ヶ月 Three months of relief!」であり「喜びのof delight!、平安のof Elysian peace!」3ヶ月であって、                        
    代案が入っていなかったので。
     代案1:あれから3か月だな… (0)
     代案2:3か月たった
引用返信
■2821 / ResNo.11)  Re[1]: 補完
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/13(Sun) 00:48:50)
    >ANDRE 
    Here's a toast: to a prosperous year!            (乾杯! 栄えある新年に!)

    >【大ヒットに乾杯】

    ここの 'Here's a toast' の所で出てきました。
引用返信
■2888 / ResNo.12)  かなり足しました
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/15(Tue) 16:32:08)
    One of many様のおかげでかなり現行字幕が補完され、「なし」の確認ができましたので、問題の「ロングラン」代案出しなどいろいろ追加しました。新連絡室のほうだけでなくこちらのも同じにしましたので、できましたらご確認の上お気づきの点はお教えください。
引用返信
■2947 / ResNo.13)  2-1 Masquerade字幕
□投稿者/ piece_of_moon -(2005/03/18(Fri) 07:34:10)
    総覧と私の手元資料での相違をあげます。
    ご検証ください。


    >【大ヒットに乾杯】
    「大ヒットに乾杯!」

    >【リハーサルを始める前に 幾つか注文をつけたい】
    「リハーサルを始める前に/幾つか注文を付けたい」

    >her teacher, her teacher...                  
    【師の胸へ // 師の胸へ】
    her teacher,
    「彼女の師の胸へ」
    her teacher...
    「師の胸へ」   

    >【私の贈り物! お前は私のもの!】
    「私の贈り物!/お前は私のもの!」               


    以上です。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-13]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2336 / 親記事)  【皆様へ】お詫びとお断り
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/27(Sun) 20:32:53)
    2005/02/27(Sun) 22:04:01 編集(投稿者)

    ここはThe Lord of the Ringsのサイトなので、別の作品をもってくるのはいわば暗黙のルールに違反することになり、心苦しいのですが、お知らせします。
    しばらくの間、字幕について非難ごうごうの『オペラ座の怪人』字幕改善のため、この場所を使わせていただきます。

    もう一通りLotR映画は完結したことでもあり、この場所を一時的に別の用途に有効活用することに弊害はそうないと思います。LotRのファンで、『オペラ座の怪人』を未見、また好きでない方には、サイト主特権の濫用、幾重にもお詫びいたします。どうかこれから始まる一連の『オペラ座の怪人』字幕抗議のためのツリーはスルーでお願いいたします。

    ここには持ち込みたくなかったんですが、連絡室では投稿済みのものを修正できないため、どうしても必要になりました。ご寛恕くだされば幸いです。
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■2341 / ResNo.2)  付記:最小限の篩(ふるい)
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/27(Sun) 22:40:37)

    「総覧」は基本的には出された指摘を書き加えていきますが、次のものは加えない、またはコメントつき星なしとさせていただくつもりです。積極的なご投稿をここに頂いた場合は個別に検討します。

    ・単独意見か、それに近い少数意見のもの
    ・賛否両論ありで、一定以上の「この字幕はOK」意見が出ているもの
    ・代案が全く不在、または不可能と思われるもの
    例:  ミュージック・オブ・ザ…

       …ナイト!

    これが奇異に見えて邪魔でしょうがない、というのは私も同感です。
    でもどうすればいいんでしょうか?本当に知りたいんですけど、誰か答を出した人はいますか?
    (字幕なしにしろとか英語字幕にしろとかいう常識的に無理な要求は困ります)
引用返信
■2345 / ResNo.3)  間違えました、マスター投稿は
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/28(Mon) 08:52:10)
    No.2339で大きな間違いを書いてしまったので、修正しました。
    昨夜(2/28朝より前の時点で)すでにお読みになった方は、すみませんが

    >集大成のための追記作業は具体的には次のように進めます。

    >1)英語脚本に現行字幕その他を足していく、ベース(土台)の投稿は

    に始まる段落の●部分をお読みください。要点は、【マスター】投稿はやはりサイト主が行うことにしないと後で困る、ということです。
    申しわけありませんでした。

    なお英語脚本を含む資料提供をしてくださる方は、他の人や私の作業とぶつかるのを避けるため事前に簡単な「予告」を出すことをおすすめします。

    例:2-8(CD2枚目の8)DON JUAN やります。遅くとも明日には原稿をここに出せると思います。

引用返信
■2353 / ResNo.4)  すごい!感謝&私事
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/28(Mon) 14:28:15)
    One of many様、英語工房へようこそ、そして驚倒のすごい作業量!

    すぐにも【マスター】作成にかかりたいのですが、生活面の事情で今日昼間はまとまった時間が取れません(深夜の22時〜午前2時くらいがネット活動確定時間、他はちょこまか断片出没)。
    本当にありがとうございます。無理しすぎで身体こわさないで下さいねー。
引用返信
■2364 / ResNo.5)  Re[3]: 付記:表記について:星印その他
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/01(Tue) 09:30:38)
    2005/03/01(Tue) 12:00:38 編集(投稿者)

    マスター内では次のように記号を使っています。

    英語脚本 (普通の和訳)
    【現行字幕】

    問題があると思われる箇所は、★を現行字幕の前につける。重大な誤訳などは★★、非難集中の最悪箇所は★★★とする。また、現行字幕に確信が持てない、できれば今後確認をしたほうがいい、という箇所は(?)を文頭につける。

    2行同時に出る字幕の改行は、 / (半スペ+スラッシュ1+半スペ)
    いったん消えて次の字幕が出る、は // (半スペ+スラッシュ2+半スペ)
    で表す。

    現行字幕のすぐ右に最小限の解説。問題点を見つけやすいようにイタリック使用。
    代案: は、随時追加・修正あり。代案の後の(+1)等の数字は、現行字幕に対する字数の増減の意味。
    -------
    些細な点ですが、「点々」についても表記を統一します。
    といってもこれは私の書く【マスター】内では、最小スペースで済む形を使わせていただきます、という断り書きであって、ご投稿者の皆様にまでお願いするものではありません。あまり気にしないで、どんどん投稿下さい(^^;)

    ・英文の場合は、ピリオド3つスペースなし。例: Ladies and gentlemen...
    ・和文の場合は、一文字分に納まる「…」を使用します。

    これは好みもあるでしょうが、なるべく見やすくするため横並びが改行しないようにと考えたので、ご了解ください。
引用返信
■2381 / ResNo.6)  業務連絡&感謝
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/02(Wed) 03:12:37)
    2005/03/02(Wed) 03:30:16 編集(投稿者)
    2005/03/02(Wed) 03:16:27 編集(投稿者)

    <One of many様、
    早速の補足ありがとうございます(No.2380)。
    今夜は活動限界ですので明日反映させます。

    <よし様
    自己削除ありがとうございました。できましたら、お時間のあるときに、No.2372もお願いできますでしょうか。(用済のものを消していけるのがこの掲示板のとりえでして ^^;)

    <梅の一様
    今回もまた、ご協力くださって、ありがたいです〜
    作業となるといつも労を惜しまず助けてくださるので心強いです。

    <金のたてがみ様
    あれほどの大仕事をしてくださった後なのに、こまめにチェックと提言、ありがとうございます。ご自分の訳が変更されてちょっと納得いかない、ということがありましたら、どうかご遠慮なく掲示板ででもメールででもおっしゃってください。改行配置の都合で変えたりもしていますので。
    (でも1-7はやってるうちについつい自分があの歌に酔ってしまって、勝手を致しました…)
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2270 / 親記事)  日本語字幕に関するコメントツリー
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/06(Sun) 00:29:56)
    2005/02/06(Sun) 00:32:27 編集(投稿者)

    あんどん様、エルフのマント様、ぽん豆様、次々と日本語字幕(および吹き替え)の書き取り資料提供、まことにありがとうございます!
    書き取っていただいたその箇所についての、文末のコメントも、楽しくありがたく拝見しています。

    ハーブの英和対訳は、英語版が出てあっという間に有志の方々が英語字幕書き取りしてくださったので、当初の宣言通り「拙速!」とやったものです(待てずに英語版買ったけど、十分には理解できないという人の役に立てるといいな、というのが第一目的でした)。が、こうして1つのツリーで原文と三種の訳の比較ができるようになってみると、いろいろと発見がありますねー。

    今まで通り、書き取りしてくださった方がその同じ投稿にコメントしてくださるのは歓迎ですし、またご質問とその回答などは、該当するチャプターのすぐ下につけるのが自然です。ただ、それだとツリーが満杯になる可能性もあるかと(許容投稿数はかなり多めに設定してありますからたぶん大丈夫ですが)、このツリーを新規に立てました。また一箇所以上にわたって何かコメントなさる場合、どこにつけるか迷ったら、どうぞこちらへ。

    言い換えれば、PJ監督はじめ製作陣に言いたいことは感想ツリーへ、「訳」のことで(資料情報提供ではなく)何か言いたい時はこちらへどうぞ、ということです(^^;)

    と申しましても、どうぞあまり厳密に考えず、お気軽にご投稿ください。>皆様

    (私事ですが明日はほぼ1日AFK=away from keyboard になります。レス遅れご容赦ください)
引用返信

▽[全レス19件(ResNo.15-19 表示)]
■2335 / ResNo.15)  Re[3]: なぜ現在形?
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/27(Sun) 00:29:30)
    Gollum: Smeagol lied.
    > スメアゴルは嘘をつく (10)

    本当にここ、こんな字幕なの?と思ってしまいました。書き取りしていただいた時に必ず目は通していたつもりで、見落としてたかも。

    >ああ、スメアゴルはもう完全にゴラムの中に消えてしまったんだなと
    >まるで第三者のように「“スメアゴルは”嘘をついた」と言うゴラム

    私の気持ちもエルフのマント様のこの解釈と同じでした。英語で聞くと、この過去形にすごく「今と切り離された」感じがして怖かったので。
    >ゴラム:奴は 嘘ついたのよ
    に一票。

    また、フロドが必死に言う「約束したじゃないか」には、黒門前の「約束を守った(字幕はどうだったか今確認してませんが)」と言ってもらった時のスメアゴルの目を思い出して泣けます。なのでこちらは白い都さまと同意見で
    >swere と promise は違う単語なので、訳し分けたい。
    です。でも、白い都さまの案、珍しく元の英文にない疑問符がついてますね。

       Smeagol promised!
    フロド:スメアゴルは約束したろ? (11)

    そこを変えて
    私案:スメアゴルは約束した! (10.5)
    と断言させたいです。
引用返信
■2343 / ResNo.16)  スメアゴルは約束したのに!
□投稿者/ 白い都 -(2005/02/28(Mon) 03:13:11)
    Gollum: Smeagol lied.
    > スメアゴルは嘘をつく (10)

    > まるで第三者のように「“スメアゴルは”嘘をついた」と言うゴラム(エルフのマント様)
    なるほど、そういう解釈もあるのですね。
    私は、ここは文字通り、スメアゴルが自分自身の心境を説明していると受け止めて、しぇぇーっっ でございました。
    TTT「ボロミアは誓いを破った」と同様のショック。
    そんなわけで、脚本自体が気に入らないという背景から、できるだけ端折った代案を出してしまったということはあるかもしれません。

    原作では二重人格的な設定はありませんが、ゴクリにとっても、誓言や約束はそれなりに重みを持っています。フロドとの直接対決は、火の室の直前「さがれ、この腹ばう者よ」と、火口で指をかみ切る場面のみ。
    それさえも、ゴクリは「指輪の<前>で誓った」---「指輪にかけて」ではない---誓言を覆すためには、「フロドはゴクリを騙して指輪を傷つける悪い人、だから指輪を守るためには誓いは無効になる」というように、より上位の権威・規範を持ち出して、自分を正当化する理由付けが必要でした。

    映画スメアゴルは、ゴラムよりは幾分抑えてはいますが、反抗心ありありでフロドの隙を窺っており、悪モード全開です。これでは、フロドが土壇場でpityを示さず、格闘してしまうのも、仕方がないのかもしれません。
    そして、極めつけが、SEE追加の「<スメアゴルは>嘘をついたのよ」
    自分が言ったことは嘘だと正面から認めるのか、嘘を付くことに抵抗や葛藤はないのか、スメアゴルでさえも?
    もうだめだ、私のゴクリは死んだ、これは全然別人だ、と思いました。

    しかしこれを、第三者的な分析による台詞と見るならば、
      あの時のスメアゴルの言葉は実現されず、今となってみれば結果的に嘘になった
    という趣旨に解釈できないこともない。
    スメアゴルに聞いたら、「自分は約束を守ろうと、がんばったのだ」と答えるかもしれない。それなら私としても、許容範囲です。

    スメアゴルは本当に、嘘をついたのでしょうか?
引用返信
■2354 / ResNo.17)  Re[5]: スメアゴルは約束したのに!
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/28(Mon) 14:45:15)
    sageで一点レス。

    > しかしこれを、第三者的な分析による台詞と見るならば、
    >   あの時のスメアゴルの言葉は実現されず、今となってみれば結果的に嘘になった
    > という趣旨に解釈できないこともない。

    > スメアゴルは本当に、嘘をついたのでしょうか?

    私の解釈ですが、まず前提が:映画に基づいて完全に分離した人格。TTTでは「行っちまえ!二度と戻ってくるな!」とスメアゴルがゴラムを追い払えるくらい、別々のふたりである。

    で、火口付近、ゴラムはついにスメアゴルを追い払うことに成功済み(TTTの逆)。
    「あいつ=スメアゴルの奴が嘘をついたのさ」というのは、
    ・スメアゴルに情けをかけ、スメアゴルを一度は信じたフロド
    ・「約束」は守るものと思い、彼なりにMasterのために働こうと努め、「スメアゴルは約束を守ったんだよ」とフロドに言ってもらったときにはもう大感動で涙うるうるしていた、あの愚かでおめでたいスメアゴルのやろう

    この両者をひとくくりにして嘲笑し、絶望に突き落とそうとする悪意だと思います。いいスメアゴルは死んでしまったので、死人に口なし。スメアゴルにとっては、Murderer!の次に言われたくない言葉だったと承知で、あらゆる憎しみと悪意とそして勝利を込めてこの一語を発した悪魔そのもののゴラム、と私には受け取れました。

    つまりは白い都さまの
    > スメアゴルに聞いたら、「自分は約束を守ろうと、がんばったのだ」と答えるかもしれない。それなら私としても、許容範囲です。
    最初からこれに近い受け止め方ですね。どっちかというと、背筋の寒くなるような純粋悪、純粋悪意のインパクトが強かったため、かあいそうなスメちゃんは遠くの方になってしまいましたけども。
    でもあの「歓喜のゴラム」の瞬間には、スメちゃんも一体になって喜んでいたと思いたい。それくらいないとあまりに(涙)
引用返信
■2356 / ResNo.18)  [雑談感想] スメちゃん
□投稿者/ 白い都 -(2005/02/28(Mon) 19:40:25)
    Don't say - goodbye
    Don't say - I didn't try…
       (Gollum's song)

    > 両者をひとくくりにして嘲笑し、絶望に突き落とそうとする悪意
    そうかあ、私が感じた絶望は、フロドのものだったんだね。

    > かあいそうなスメちゃんは遠くの方になってしまいました
    私は原作の、pityを催すゴクリが好きです。「わしら負けたよ! つ、つち・・!」
    映画のサムは、いきなり剣を抜いて斬りつけるんだもんねえ。

    ------
    すんません、すんません、ageてしもうた・・・
引用返信
■2358 / ResNo.19)  Re[7]: [雑談感想] スメちゃん
□投稿者/ エルフのマント -(2005/03/01(Tue) 00:38:41)
    ハーブさんの解説が入ったのですでに不要かとも思いましたが、せっかく書いた(笑)ので貼っておきます。

    『王の帰還』で、ゴラムはたびたびスメアゴルの名を自ら語り、フロドの憐憫の情に訴えかけようとします。
    「スメアゴルはハエも殺せないのに!」
    「なぜスメアゴルを嫌うんだ? スメアゴルが何をしたと言うんだ?」
    「旦那は重荷を背負ってる スメアゴルは知ってる」
    「スメアゴルが盗むわけがない」
    こんなふうにスメアゴルを強調する時は、ゴラムが(フロドに取り入り、サムを疑わせる)策略として語っている時だと思います。

    ではそれらの発言は100%嘘かと言うと、(100%本当とは言わないまでも)スメアゴルの偽らざる心情もいくらか含まれていると思います。
    ゴラムがいなければハエも殺せない腰抜けスメアゴル(当然盗みもできない)。人に嫌われたくない、優しく接してほしいと望むスメアゴル。指輪を愛しながら憎んでいたスメアゴル。ゴラムはそれを十二分に理解した上で利用しています。
    これがゴラムの狡猾なところで、スメアゴルにとっての真実が含まれているからこそその言葉はフロドに対して力を持ちます。また、スメアゴルの思いを代弁することでスメアゴルをも手懐けています。

    では、「スメアゴルは嘘をついた」にスメアゴルの真実は含まれているでしょうか?
    NO!
    フロドによって自分の名を取り戻すスメアゴル。黒門前で人から信頼された事実に涙を流さんばかりに心動かされたスメアゴル。
    あのシーンを目撃していながら、「スメアゴルは嘘をついた」の一言を真に受けて、「ああ、あのスメアゴルも嘘偽りだったのか!」なんて本気で言う人がいたら、私はその人のことを即座に『ろくでなし』認定しますね。(笑)人生ってそんなに単純なものではないでしょう?

    もうここにスメアゴルはいない。かけらさえも存在しない。この時、フロドの前にいたのは、ゴラムの形をしたナズグルだと思います。指輪に囚われ、指輪に仕えるもの。ただ冥く深い闇。どんな生き物も必ず持っていると信じる善性に一縷の望みをかけようとしたフロド(やスメアゴル)を見下し嘲笑って立つ悪意。

    私は、フロドたちのことを思ってスメアゴルに乱暴を働くファラミアとか、フロドの身の安全を思う余りにスメアゴルを信用出来ないサムとか見ると、お前らもう少し親切に接してやろうという気にはならんのかいとは思っても、殴られるスメアゴルに対してはそれほど可哀想とか思わない(ごめんよ、スメアゴル(^^;)質なんですが、この時だけはさすがにスメアゴルが哀れでした。
    (もし私が脚本家で、フロドにショックを与えることをメインにセリフを考えていれば、「わしら 嘘ついたのよ(「わしら」に傍点)」にしたと思います。)

    嘘をつかれ、騙されたのはスメアゴルだと思います。
    ファラミアが「フロドとサムを守ってやっておくれ」と言っていたら。サムが「旦那を上から引っぱり上げてくれ」と言っていたら。彼を信頼という名の鎖でつなぎ止めておくことが出来たのなら、彼にももう少し違う終わり方があったのかなあ?

    ゴラムは、指輪を取り戻した満足感に、しっかりと指輪を抱き締めたまま幸福な笑みを浮かべて溶岩に消えて行けば良かったのに。最後の瞬間に、ゴラムに高く手(指輪)を差し上げさせたのはやはり指輪なのだろうと思うと腹が立つ!
    やっぱ、あんなもの、消滅して正解だわ。(と、スメアゴルのために言ってみる。)

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■2245 / 親記事)  一粒で何度も・・・楽しくつつく隅
□投稿者/ Cindy -(2005/02/03(Thu) 13:06:59)
    ようやくほんとのエンドロールみたあと・・・
    チャプター戻してつつく重箱の隅々。

    ・ミナス・ティリスでデネ侯にお目見えした後、ガンダルフと話すピピンの追加ショット、
    あまりにはっきりと顔が違いすぎ! メイクでなんとか合わせてから撮影できなかったのか・・・。
    ・戦いの後、メリーを見つけたピピンのシーン、劇場版の昼間からSEEは夜に変わってる
    けど夕暮れの色になんだか違和感ある。
    ・ボロミア幻影は違和感あるけれど、ファンとしてはくっきり見えるのはうれしいなぁ♪

    もっといっぱいあるから、何度もDVD見返せて元とること間違いなしです。
    それにしても、製作側もFOTRのときとは編集する気持ちが違うんでしょうねぇ。
引用返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■2314 / ResNo.1)  小ネタといえば
□投稿者/ ハーブ -(2005/02/13(Sun) 22:17:46)
    2005/02/13(Sun) 22:18:51 編集(投稿者)

    Cindy様、あるまじきレス遅れすみません。実は、こうして*レスをつけてしまうと自己削除できなくなる*ので、たぶんご自分で「感想ツリー」に付け直し再投稿なさるかなと思い、それを妨げないほうがいいかと待ってたんですが。

    こういう単独のご投稿ですと、どうしても下へ下へと沈んでしまいます。それは惜しいので、今度からなるべく既存ツリーに付けていただいた方がいいかと思います(もちろん、全然新規の話題であればどなたでも「新規作成」でツリー立てしていただいてかまわないんですが。そうでない場合は、ツリー頭の発言またはご自分がレスしたい投稿をクリックし読める状態にして、下にスクロールすると「上記の記事へ返信」の投稿欄があります)。
    ---------
    >・戦いの後、メリーを見つけたピピンのシーン、劇場版の昼間からSEEは夜に変わってるけど夕暮れの色になんだか違和感ある。

    夕暮れの色とかより私は、その前の一連の時間の流れとの混乱が・・・No.2313で書いたばかりですが、あれだとエオウィンとファラミアが
    >一昼夜のあいだに息を吹き返して回復して目覚めて出会って恋に落ちたと
    しか見えない。それでは「お前ら何やっとるかー!」といわれても仕方ない・・・ってのが許せないのでした。

    「楽しくつつく隅 」といえば、TTTの時は(旧ツリー板)小ネタでずいぶんと盛り上がったものでした。あの時は純粋に楽しかった。今回も、上のご投稿を頭に、小ネタが出るかな?期待したいです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]






Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -