LotR なんでも掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

97559

※掲示板を再開しました。SPAM対策を強化してあります。必ず掲示板内「HELP」の案内をご覧下さい。

-----------------------------------

当掲示板は、2005年2月〜3月『オペラ座の怪人』の字幕検証作業場となっておりました。
出来上がった総覧、すなわち全脚本+一部対訳+問題字幕指摘と解説は、
きれいにまとめた形で [字幕改善連絡室新掲示板]にあります。

-----------------------------------
移行以前の旧ツリーは、こちらをご覧ください。


■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalスーパーコピーブランド N級品 代金引換専門店(0) | Nomalブランドコピー服(0) | NomalMAXMAN(0) | Nomal時計N激安買取brepli8(0) | NomalKoH-DC字幕のツリー(55) | Nomal書き込みテスト用のツリー(3) | NomalKoH【DCネタバレ】雑談ツリー(29) | NomalKoHディレクターズカット Disc2(23) | NomalKoHディレクターズカット Disc1(25) | NomalKoHの歴史解説字幕(50) | Nomal第2:Kingdom字幕総覧?(22) | NomalKingdom字幕の指摘総覧?(44) | Nomal[バカ]KOH DVDのススメ[ネタ](1) | Nomal第2:Kingdom of Heavenの言葉(50) | NomalKingdom 本編以外(6) | NomalKingdom of Heavenの言葉のツリー(70) | Nomal検証ではなくKingdom of Heaven(70) | Nomal「オペラ座の怪人」字幕に関するお返事(26) | Nomal「オペラ座」後夜祭ツリー(70) | Nomal[報告]連名ありがとうございました (37) | Nomal『総覧』ミス捜し願い(70) | Nomal〔お知らせ〕連絡室新掲示板に(11) | Nomal【マスター】1-8 Magical Lasso(0) | Nomalsage進行雑談ツリー(52) | Nomal【マスター】番号リスト(43) | Nomal代案、投票にかけます(4) | Nomalご協力願い(0) | Nomal【マスター】1-10 Notes(4) | Nomal【マスター】2-7 We have all been blind(3) | Nomal【マスター】1-3 Think of me (前半)(13) | Nomal【マスター】1-12 屋上へ(4) | Nomal【マスター】1-11 Poor Fool, / IL MUTO (6) | Nomal【マスター】1-10 Prima Donna(6) | Nomal【マスター】1-10 Notes(前半・未完)(8) | Nomalヘルプ求む!(16) | Nomal【マスター】2-11 Learn to be lonely(1) | Nomal【マスター】2-4 Wishing you were somehow here again (16) | Nomal【マスター】 1-14 All I ask of you (Reprise)(1) | Nomal【マスター】2-10後半: 三重唱〜ラスト(31) | Nomal【マスター】2-10 (前半)Down once more(27) | Nomal【マスター】2-9 The point of no return / Chandelier crash(6) | Nomal【マスター】2-8 Don Juan(13) | Nomal【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight(5) | Nomal【マスター】2-3 Journey to the cemetery(2) | Nomal【マスター】1-4 Angel of Music(5) | Nomal【マスター】1-9 I Remember / Stranger than you dreamed it (7) | Nomal【マスター】1-13 All I ask of you(7) | Nomal【マスター】1-2 OVERTURE-HANNIBAL[1](11) | Nomal【マスター】1-7 THE MUSIC OF THE NIGHT(9) | Nomal【マスター】1-6 The Phantom Of The Opera(7) | Nomal1-10 Notes / Prima Donna(2) | Nomal【マスター】1-5 Little Lotte / The Mirror(12) | Nomal1-8 Magical Lasso(6) | Nomal【マスター】1-1 PROLOGUE(3) | Nomalサントラ番号(37) | Nomal【マスター】2-2 Madam Giry's Tale(12) | Nomal【マスター】2-1 Masquerade(13) | Nomal【皆様へ】お詫びとお断り(6) | Nomal日本語字幕に関するコメントツリー(19) | Nomal一粒で何度も・・・楽しくつつく隅(1) | Nomal『王の帰還』SEE感想解禁!(23) | Nomalタイトルについて(2) | Nomal書き取りご協力くださる方へ(17) | NomalRotKSEEその7(34) | NomalRotKSEEその6(23) | NomalRotKSEEその5(33) | NomalRotKSEEその4(28) | NomalRotKSEEその3(26) | NomalRotKSEEその2(20) | NomalRotKSEE 追加分その1(31) | Nomal【ネタバレ危険!】RotK SEE【感想】(6) | Nomalコンサート行きました(12/11)(10) | NomalROTK SEE(1) | Nomal『王の帰還』DVDのツリー(2) | NomalLotRコンサート(12) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(その2) (23) | NomalMelting Pot Party! 多国籍交流会 7月17日(土)(0) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(その2)(31) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(その2) (19) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 26〜30(その2)(8) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 21〜25(その2) (16) | Nomal雑談ツリー:FotR関連(43) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(40) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(44) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 11〜15(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 6〜10(30) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 1〜5(38) | NomalFotRのDVD/VHS字幕見直しについて(6) | Nomalエンディング長し(45) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■2456 / 親記事)  【マスター】2-9 The point of no return / Chandelier crash
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 12:41:41)
    2005/03/11(Fri) 00:23:47 編集(投稿者)

    現行字幕はOne of many様・「珍訳集」サイト管理人さま・がらん堂さまからいただきました。和訳はまだ追加できていません。
    コメント部分についてなど、ご意見がありましたらお寄せください。
    ---------------

    DON JUAN:(PHANTOM)
    Past the point of no return
    【ここに来たからには / 後戻りは出来ぬ】 
    no backward glances:
    【後ろも振り返れない】

    Our games of make-believe
    are at an end         
    ★【今までの / お遊び気分のゲームは――】
     【もう終わり】
    make-believe(見せかけ、作り事)という重要語が訳出されていない。、「音楽の天使ごっこ」は終わりだ、ということ。さらには「ゲーム」が雰囲気をぶちこわし、その上長すぎて読みにくい。一文を歌う間、二行字幕を出したままにしたほうがいい。
    代案:偽りの ごっこ遊びは終わった(-5)
       芝居を演じるのは もう終わりだ(-4)

    Past all thought of "if" or "when" -
    ★【”もし”とか”いつ”とかいう言葉もおしまい】このwhenはifと同種同格の接続詞「〜したら(その時は)」であって、疑問詞「誰・どこ・いつ」のほうではありません。代案は次と合わせて提示。
    no use resisting:
    ★【逆らってもムダ】おしまいとかムダという言葉が、この曲この場面の雰囲気を壊している。
    代案:「もしそうなったら」と考える時は終わり(±0)
         抵抗は無力となる(+1)

    abandon thought,
    and let the dream descend...
    【何も考えずに / 夢に身をゆだねるのだ】
    What raging fire
    shall flood the soul?
    【どんな熱い炎が / 魂を包みこむのか】
    What rich desire
    unlocks its door?
    【どんな欲望が / ドアを開くのか】
    比喩であって具体物ではないのだから、カタカナではなく「扉」としてほしい。

    What sweet seduction
    lies before us?
    【どんな甘い誘惑が // 我々を待ち受けるのか】※改行のみ不確定。二度に分けて出る?

    Past the point of no return,
    the final threshold -
    ★【ここが最後のドア】
    上に同じく比喩なのだから「ドア」ではあまりに即物的。またthresholdは扉とは違う。
    代案:最後の境界の一線(±0)〔未確定。漢字多すぎて硬いので、より良い案募集〕

    what warm, unspoken secrets
    【言葉を越えた 二人だけの秘めごと】(秘に下ルビ:ひ)
    will we learn?
    【それを学ぼう】「秘め事を学ぶ」とはまた、奇異な日本語。後半だけ直訳が過ぎて、何を学ぶのやら判らない。
    代案:言葉にならない秘密が // 解き明かされる(両方合わせた1センテンス分で-4)

    Beyond the point of no return...
    【後戻りは // もう 出来ぬ】※改行のみ不確定。二度に分けて出る?
    「〜の彼方」である beyondをできれば訳出したいところ。
    代案:戻れぬ一線を 越えて…(+1)
    ※ここは現状ママでよいですか?

    AMINTA (CHRISTINE)
    You have brought me
    【あなたは私を導いた】 あまりに直訳で、次との続きが悪い。
    代案:あなたが ここまで導いた(+2)

    to that moment where words run dry,
    ★【(?)言葉が干からび途切れ】「言葉が干からび」そんな日本語はない。原文は「湧き水が涸れるように、もはや言葉が出てこない」、ということ。
    代案:今 言葉は途切れ(-3)

    to that moment where speech disappears
    【会話が宙に消えてしまって】
    代案:話すことは もはやなく 
    into silence, silence . . .
    【(?)沈黙が支配する場所に】
    代案:沈黙が 支配する // 静かに… (リフレインは前出の同歌詞の代案に呼応させています)

    I have come here,
    【私はなぜここへ来てしまったの?】無駄に長い
    代案:私は ここまで来たわ
    hardly knowing
    the reason why
    【その理由は自分でもわからない】
    代案:なぜなのか わからないまま

    In my mind,
    I've already imagined
    【私はもう心で想像してる】
    代案:心に思い描いたことはある(+1)

    our bodies entwining -
    defenceless and silent -
    【我を忘れ 無言で体を絡め合わせる私たち】
    二人が無言で 絡まり合うさまを

    and now I am here with you:
    【私はあなたとここに】
    そして今 あなたといる
    no second thoughts,
    ★【後戻りは出来ない】英文が全然別なのに、何度も出ている同じ日本語をさらに繰り返して流用しないでほしい。
    代案:ためらいは もうない

    I've decided,
    decided...
    【私は心を決めたのだから】

    Past the point of no return
    no going back now:
    【ここに来たからには / 後戻りは出来ない】

    our passion-play has now,
    at last, begun...
    ★★★【私たちの 情熱のプレイが―
         今から 始まる】
    ・圧倒的多数から、怒りや嘲笑を買っている、前代未聞の「珍訳」。原語passion-playが「受難劇」というのはどの辞書にも載っており、ポルノ等でパロディ的に使われているとしてもそれは別問題である。分けて訳すものではない。
    ・たとえ、このシーンに合わせて意訳したと強弁したところで、「プレイ」という安っぽいカタカナとの相乗効果が卑猥な印象を与えた、与えているのはまぎれもない事実である。英語のplayは多様な意味を持つが、日本語における「プレイ」と言う言葉は、「演劇」の意味まで含むような使い方で通用してはいないのだ。
    ・passionの語が「情熱」の含みを持たされている可能性は十分あるため、「受難劇」を最適の訳と主張する人ばかりではない。しかし、この場面のplayの訳が「プレイ」でよいと本気で思っている人は誰ひとりいない。
    ・何よりも問題なのは、「クライマックスの緊張と感動をこの突飛な珍訳によって台無しにされた」「二度目以降は字幕から目をそらして映画を見なくてはならない」という声が何百という単位で出ていることである。責任者は常識に立ち返って、この珍妙な「情熱のプレイ」という語を必ず修正されるよう強く要望する。


    ・代案は難しいところだが、今までに出ている意見は
    1)せめて「情熱の劇」「情熱の舞台」に。
    2)原文を尊重して、日本人観客が戸惑おうとも「受難劇」にすべき。
    3)両方の意味を含めるべく意訳して、「背徳の儀式が 今始まる」などにしてはどうか。

    Past all thought
    of right or wrong -
    【正しいのか過ちなのか / もう分からない】
    One final question:
    【残った疑問はあと一つ】
    「あと一つ」というのも随分とそぐわない。素直に訳して「最後の疑問」でなぜいけないのか。
    代案:最後の問いかけは

    how long should we two wait,
    【あとどのくらい待てばいいの】
    before we're one...?
    ★【私たちがむすばれて】ハッピーエンドのゴールインではないのである。この「むすばれて」は、暗い破滅を予感させる原詩と曲調を台無しにしている。
    代案:ひとつになるその時まで(+2)

    When will the blood begin to race
    【熱く燃える血が / 全身を駆けめぐって】
    the sleeping bud
    burst into bloom?
    【眠っていたつぼみ(傍点「つぼみ」)が開くのはいつ?】
    無意味な傍点の乱用は以前から批判されているのに改まる気配もない。特にここでは、わざわざ「つぼみ」に特別の意味を持たせているように見え、猥褻に感じた人も多い。傍点は消すべき。
    代案:眠っていたつぼみが 花を開き

    When will the flames,
    at last, consume us?
    ★【情熱の炎に 私たちが燃えつきるのはいつ?】 原文には「情熱」はない。正統派ドンファン伝説の「地獄の劫火に焼き尽くされる」と解釈することが十分以上に可能な箇所であり、字幕によって別解釈を強制されるべきではないだろう。
    代案:二人が炎に 焼き尽くされるまで

    BOTH
    Past the point of no return
    the final threshold -
    the bridge is crossed,
    【もう橋を渡ってしまった】
    so stand and
    watch it burn
    【後はそれが燃え落ちるのを / 見守るだけ】

    We've passed
    the point of no return...
    【後戻りは // できない】


    PHANTOM
    Say you'll share with me
    【誓って欲しい / 私と分かち合うと】
    one love, one lifetime
    【たった一つの愛 / たった一つの人生を】
    Lead me, save me
    【私の手を取り / 救い出しておくれ】
    from my solitude...
    【この孤独から】

    PHANTOM
    Say you want me with you,
    【言ってくれ / 私なしでは生きられないと】
    here beside you
    【君の側にいつも必要だと】

    Anywhere you go
    let me go too -
    ★【どこへ行こうと 私はついていく】、"let me"のニュアンスが出ておらず、嫌がってもつきまとうかのような、強引な印象を与える。「ファントムはストーカー」という印象の強化固定にも一役買っているかもしれない。続く「望み」に合わせて
    代案:どこへ行くにも 共に歩みたい(-1)


    Christine
    that's all I ask of...
    【クリスティーヌ 私ののぞみはただそれだけ】(改行不明、のぞみは漢字「望み」?)


    《シャンデリア落下、脱出》

    maestro
    Go!
    【字幕なし】「逃げろ!」くらい入れてほしいところ。

    Carlotta
    (イタリア語?)
    【大変だわ】
    Pienge, my love! 
    【愛するビアンジ】
    Mi Amore
    【私の愛する人!】※要確認?

    ANDRE
    Oh, my God!                        (ああ、なんてことだ!)

    FIRMAN
    We're ruined, Andre -- ruined!          (破滅だ、アンドレーー破滅だ!)
    【我々はもうおしまいだ!】

    RAOUL
    Where did he take her?               (どこへ連れて行ったんだろう?)
    【あの二人は?】
    これでは、彼が拉致したのでなく、駆け落ちしたかのよう。英文の主語ははっきりしている。
    代案:彼の行き先は?(+1)

    GIRY
    Come with me, monsieur!                 (一緒にいらしてください!
    I'll take you to him!                  彼の所へご案内いたします
    【私がご案内します】
    But remember:                        ですが、よろしいですか、
    Keep your hand at the level of your eyes!    片手を目の高さに保ってください!)
    ★【ロープで絞められないように】 この後ラウルが手を上げている意味が伝わらない。この後もう一度同じ内容の台詞があるので、せめてそちらで「目の高さに手をあげて首を守れ」という内容の字幕を付けるべき。

    MEG
    I'll go with you!                     (わたしも行く!)

    MME. GIRY
    No, Meg! No, you must take care!        (いいえ、メグ! だめ、後を頼むわ!
    Come with me, monsieur.                   さあこちらへ、子爵さま)

    MEG[通路の方へ行こうとする女の子たちに]
    NO!                                  (だめよ!)
    【だめよ!】(カタカナまたは漢字が使われていた可能性あり)
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■2701 / ResNo.2)  字幕補完 2-9 The point of no return / Chandelier crash
□投稿者/ One of many -(2005/03/10(Thu) 07:03:01)
    2005/03/10(Thu) 08:05:13 編集(投稿者)
    2005/03/10(Thu) 08:00:44 編集(投稿者)

    手元にメモがある分のうち
    解読出来たと思われる箇所を補完しました。


    DON JUAN:(PHANTOM)
    Past the point of no return
    【ここに来たからには / 後戻りは出来ぬ】 


    abandon thought,
    and let the dream descend...
    【何も考えずに / 夢に身をゆだねるのだ】

    What raging fire
    shall flood the soul?
    【どんな熱い炎が / 魂を包みこむのか】
    What rich desire
    unlocks its door?
    【どんな欲望が / ドアを開くのか】

    Past the point of no return,
    【ここに来たからには / 後戻りは出来ぬ】



    Beyond the point of no return...
    【ここから先は】
    【後戻りは-- // もう-- //出来ぬ(--)】※改行のみ不確定。二度に分けて出る?
    ▼手元のメモでは3度に分かれています

    AMINTA (CHRISTINE)
    You have brought me
    【あなたは私をここに導いた】
    to that moment where words run dry,
    【言葉が干からび / 途切れてしまう場所に】
    to that moment where speech disappears
    【会話が宙に消えてしまって--】
    into silence, silence . . .
    【沈黙が支配する場所に】


    In my mind,
    I've already imagined
    【私はもう心で想像してる】

    and now I am here with you:
    【(?)私はあなたとここに】
    no second thoughts,
    【(?)後戻りは出来ない】

    Past the point of no return
    【ここに来たからには / 後戻りは出来ない】

    When will the blood begin to race
    【熱く燃える血が / 全身を駆けめぐって】


    so stand and
    watch it burn
    【後はそれが燃え落ちるのを / 見守るだけ】



    PHANTOM
    Say you'll share with me
    【誓って欲しい / 私と分かち合うと】
    one love, one lifetime
    【たった一つの愛 / たった一つの人生を】


    here beside you
    【君の側にいつも必要だと】

    Anywhere you go
    let me go too -
    【君がどこへ行こうと 私はついていく】
    ▼ 字数制限のせいもあるだろうが、"let me"のニュアンスが出ておらず
      自発的(やや強引)な印象。
    All I ask of you ではまだ仕方ないとしても、ここは何と出来ないかと思う。

    Christine
    that's all I ask of...
    【クリスティーヌ 私ののぞみは / ただそれだけ】 (前半の改行は不明)


    《シャンデリア落下、脱出》

    maestro
    Go!

    Carlotta
    【大変だわ】
    Mi Amore
    【私の大事な人!】

    ANDRE
    Oh, my God!                        (ああ、なんてことだ!)

    FIRMAN
    We're ruined, Andre -- ruined!          (破滅だ、アンドレーー破滅だ!)
    【我々はもうおしまいだ!】

    RAOUL
    Where did he take her?               (どこへ連れて行ったんだろう?)
    【あの二人は?】


    MEG
    I'll go with you! (わたしも行く!)
    【私も】

    MME. GIRY
    No, Meg! No, you must take care!
        (いいえ、メグ! だめ、後を頼むわ!
    【あなたは待ってて】

    Come with me, monsieur.   (いらして下さい、子爵)

    MEG[通路の方へ行こうとする女の子たちに]
    NO!                           (だめよ!)
    【だめよ】 (ダメよ 又は 駄目よ かも)





引用返信
■2705 / ResNo.3)  感謝。一応終了
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/10(Thu) 10:57:31)
    2005/03/10(Thu) 10:59:20 編集(投稿者)

    がらん堂さま、たくさんの補完有り難うございました。
    一応作業終了。コメント・代案も入れました。
引用返信
■2714 / ResNo.4)  Re[1]: スクリプト確認
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/10(Thu) 15:22:22)
    >Our games of make-believe
    >are at an end         ※till now はサントラにはないのですが?

    スクリプトにもありません。
引用返信
■2761 / ResNo.5)  (代案)the final threshold..
□投稿者/ がらん堂 -(2005/03/12(Sat) 02:14:28)
    2005/03/12(Sat) 02:32:09 編集(投稿者)


    > Past the point of no return,
    > the final threshold -
    > ★【ここが最後のドア】
    > 上に同じく比喩なのだから「ドア」ではあまりに即物的。またthresholdは扉とは違う。
    > 代案:最後の境界の一線(±0)〔未確定。漢字多すぎて硬いので、より良い案募集〕

    この the final threshold ですが、

    ・最後の敷居

    がいいと思います。
    直訳ですが、日本語としても定着している言葉ですし。
    もしくは、意訳になりますが

    ・運命の一線
    ・運命の分かれ目
    ・決断の時
    ・決断の場所

    なども考えてみました。
    このあたりは、個々人の言語感覚に左右される所だと思うので難しいのですが…

    * * * * *

    > When will the blood begin to race
    > 【熱く燃える血が / 全身を駆けめぐって】
    > the sleeping bud
    > burst into bloom?
    > 【眠っていたつぼみ(傍点「つぼみ」)が開くのはいつ?】
    > 無意味な傍点の乱用は以前から批判されているのに改まる気配もない。特にここでは、わざわざ「つぼみ」に特別の意味を持たせているように見え、猥褻に感じた人も多い。傍点は消すべき。
    > 代案:眠っていたつぼみが 花を開き
    >
    > When will the flames,
    > at last, consume us?
    > ★【情熱の炎に 私たちが燃えつきるのはいつ?】 原文には「情熱」はない。正統派ドンファン伝説の「地獄の劫火に焼き尽くされる」と解釈することが十分以上に可能な箇所であり、字幕によって別解釈を強制されるべきではないだろう。
    > 代案:二人が炎に 焼き尽くされるまで
         ↑
    この部分、"at last" なニュアンスが入った方がいいのではないでしょうか。

    (代案(仮))
    この炎に 2人がついに焼き尽くされるまで(+1)
    この炎に 私達がついに焼き尽くされるまで(+1)

引用返信
■2904 / ResNo.6)  半分は反映させていただきました
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/15(Tue) 23:46:51)
    2005/03/15(Tue) 23:50:03 編集(投稿者)

    >この部分、"at last" なニュアンスが入った方がいいのではないでしょうか。
    反映させました(新連絡室の方だけで、ここの上のマスターはまだと言うか後回しですが)

    この炎が私たちを ついに焼き滅ぼすのは?(-1)

    としてみました。やっぱり私がやると、直接でなくても「滅びる」ほうに傾いてしまいます(^^;) だってburnじゃないんだもの、consume us だもの。燃え尽きるのはburn outって感じで…すぐ後に「燃え落ちる」があって、そっちはぴったりだから動かない。consumeを使うなんて、普通じゃない英語ですから。ってこれは完全に感じ方の個人差、の領域ですけど。
    --------
    「敷居」のほうはまさに
    >個々人の言語感覚に左右される所だと思うので難しいのですが…
    これに該当して、かなり悩んでしまいました。てかまだ悩んでます。
    思ってた以上に、「知らぬが仏」「韋駄天(すみませんLotRのときです)」などには抵抗ある人が多くて、「敷居」ってのもそこはかとなく日本臭いのかな?というのが迷いの理由。せっかく頂いたのにすみません。週末までにはなんとか決めます。(実はそういう迷い中はほかにもある)

    走り書きですみません。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2454 / 親記事)  【マスター】2-8 Don Juan
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 12:07:33)
    2005/03/14(Mon) 16:02:43 編集(投稿者)


    英語脚本は「済」、和訳は一部のみ、現行字幕は追加していきます。
    ---------------

    2-8 Don Juan

    《この劇中劇は本来、視覚的にはエロティックでも、言葉は決して卑猥に流れないところが重要。下敷きとなるモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』と同様、神・罰・受難(=自己犠牲と救済)・地獄といったキリスト教的モチーフが随所に盛り込まれているのに、それを完全に無視し、字幕は過度に「エロい」、すなわち原文にない性的表現が多用されすぎている》

    CHORUS:
    Here the sire may serve the dam,
    【ご主人様の宴が始まる】
    here the master takes his meat!
    【ご主人様は肉を召し上がる】
    Here the sacrificial lamb
    【いけにえの子羊が / 引き出され――】
    utters one despairing bleat!
    【断末魔の鳴き声を上げる】

    CARLOTTA AND CHORUS:
    Poor young maiden!
    【哀れな娘!】
    For the thrill on your tongue of stolen sweets
    【甘いものを / つまみ食いして――】
    you will have to pay the bill -
    【その罰を受ける】
    tangled in the winding sheets!
    ★★【ご主人様のベッドの中で!】 winding sheetsとは屍衣のはず。調べ不足であれ「意訳」であれ、このように直截に性行為を示唆する字幕は問題である。
    代案:禍いの影がお前に迫る!(-1)

    Serve the meal and serve the maid!
    【肉を出し 娘を侍らせろ】
    Serve the master so that,
    when tables, plans and maids are laid,
    【テーブルを整え 娘を前へ】
    Don Juan triumphs once again!

    DON JUAN(PIANGI)
    Passarino, faithful friend,            (パッサリーノ、忠実なる友よ、
    once again recite the plan.             もう一度計画のおさらいだ)

    PASSARINO
    Your young guest believes I'm you         (お若い客人は、あっしがご主人様
    【彼女は私たちを混同し――】
    I, the master, you, the man.             ご主人様があっしだと思っていなさる)

    DON JUAN
    When you met you wore my cloak,        (おまえが会った時は、余の外套を着ていたし
    she could not have seen your face.      彼女はおまえの顔を見たはずがない

    She believes she dines with me,        余は彼女と食事を共にするが
    in her master's borrowed place!        「ご主人さまが借りた場所」と信じさせ
    Furtively, we'll scoff and quaff,          そして二人で盗み食い、盗み飲み
    【”主人の留守の間に / うまい物を食おう”と】
    Stealing what, in truth, is mine.         もちろん盗むといっても余の物だがな
    When it's late and modesty starts         夜が更けて、慎みも
    to mellow, with the wine             ワインでとろけてきた頃に…)
    【彼女の慎みは / ワインで溶ける】

    PASSARINO
    You come home!                 (「ご主人」のお帰りという次第!
    I use your voice -                 あっしは声色を使って
    slam the door like crack of doom!        扉を叩く、さあ運命の時!)

    DON JUAN
    I shall say:                    (余は言う、
    "come - hide with me!               「おいで、一緒に隠れよう!」
    Where, oh, where?                   「まあ、でも、どこに?」
    Of course - my room!"                隠れ場所はもちろん、余の私室だ)

    PASSARINO
    Poor thing hasn't got a chance!          (哀れな娘は逃げようがない!)
    【もう逃げられない!】

    DON JUAN
    Here's my hat, my cloak and sword.          (さあ、余の帽子に外套に剣だ
    Conquest is assured,                    征服は間違いなし
    【彼女は私のもの】
    If I do not forget myself              ただ、余がついうっかりと
    and laugh!                     笑い出したりさえしなければな!はっはっは!)


    AMINTA:(CHRISTINE
    【?彼女の頭の中にはなにもない】
    but thoughts of joy
    【幸せの予感だけ】
    No dreams within her heart
    【?彼女の胸の中にはなにもない】
    but dreams of love
    【あるのは愛の夢だけ!】

    PASSARINO
    Master?

    DON JUAN:(PHANTOM )
    Passarino - go away!
    For the trap is set and waits for its prey

    DON JUAN:(PHANTOM)
    You have come here
    【君はこの場にやって来た】
    in pursuit of your deepest urge,
    in pursuit of that wish
    【胸に秘めた夢を追って】
    which till now has been silent,
    【今までは/沈黙しつづけてた夢】
    silent...
    ★【沈黙しつづけてた夢】たった一音節に対して長すぎるが、何よりここでの彼の動作が重要なので、それに合わせるべき。繰り返しであることも考慮した代案
    2つ合わせての代案:今まで 静かに / 眠っていた夢 //
                静かに… (ここで「しーっ、何も言うな」と人差し指を唇に当てる)


    I have brought you,
    【私に誘われて / 君はここへ(に?)来た】
    that our passions may fuse and merge -
    【私たちの情熱は熱く一つに溶け合う】
    続けて読むとわかるが英文は一貫して主語は「私」であり、後半は「私がお前を」連れて来た目的である(that節でmayを使っている)。相当に不正確な訳。
    代案:私たちの情熱を / 熱く溶け合わせよう (±0)

    in your mind you've already succumbed to me
    dropped all defences
    completely succumbed to me -
    【逆らう気を失い (7) / 自分を投げ出している (9)】
    now you are here with me:
    >★【もう私のもの (6)】
    まだ「今ここに一緒にいる」だけなので、「私のもの」とは先走りすぎ。
    2文合わせての代案:君の心はすでに  / 負けを知り守りを解いて (+1)
                私とここにいる (+1)

    no second thoughts,
    ★【後戻りは出来ない】
    英文が全然別なのに、何度も出て来るthe point of no returnと同一の訳を流用しないでほしい。
    代案:ためらいは捨てて (±0)

    you've decided, decided...
    【君はもう心を決めている】
引用返信

▽[全レス13件(ResNo.9-13 表示)]
■2677 / ResNo.9)  (代案)
□投稿者/ がらん堂 -(2005/03/09(Wed) 15:14:03)
    2005/03/09(Wed) 15:15:03 編集(投稿者)

    > For the thrill on your tongue of stolen sweets
    > 【甘いものを / つまみ食いして――】
    > you will have to pay the bill -
    > 【その罰を受ける】
    > tangled in the winding sheets!
    > >★★【ご主人様のベッドの中で!】 winding sheetsとは屍衣のはず。調べ不足であれ「意訳」であれ、このように直截に性行為を示唆する字幕は問題である。
    >

    (代案)
    前半をそのまま使う場合の案を考えてみました。
    「つまみ食い」という訳は上手いと思うのですが…

    甘いものを/つまみ食いして――
    その罰を受ける
    禍いの影がお前に迫る!(-1)

    (もしくは…)
    ・死の影がお前に迫る!(-2)

    しかし「死」という字を入れていいのかどうか…

引用返信
■2703 / ResNo.10)  入れました
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/10(Thu) 08:49:25)
    2005/03/10(Thu) 11:00:47 編集(投稿者)

    がらん堂さま
    tangled in the winding sheets!
    >禍いの影がお前に迫る!(-1)

    蝋涙のほうも入っていて(どちらでも大丈夫)、とてもいいと思います。いただきました。

    リーダース英和:
    winding sheet n 死衣, きょうかたびら; 《ろうそくの》蝋流れ《その流れ落ちる方向の人に凶事が起こるという》



引用返信
■2799 / ResNo.11)  私たちの情熱は一つに溶け合う 代案
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/12(Sat) 19:36:34)
    2005/03/12(Sat) 21:16:21 編集(投稿者)

    I have brought you,
    【私に誘われて (6) / 君はここへ(に?)来た (7)】
    that our passions may fuse and merge -
    >【私たちの情熱は熱く一つに溶け合う (16)】
    ※続けて読むとわかるが英文は一貫して主語は「私」であり、後半は「私がお前を」連れて来た目的である(that節でmayを使っている)。相当に不正確な訳。《コメント未完》

    in your mind you've already succumbed to me
    dropped all defences
    completely succumbed to me -
    【逆らう気を失い (7) / 自分を投げ出している (9)】
    now you are here with me:
    >★【もう私のもの (6)】
    まだ「今ここに一緒にいる」だけなので、「私のもの」とは先走りすぎ。

    no second thoughts,
    【後戻りは出来ぬ (7)】
    you've decided, decided...
    【君はもう心を決めている】

    -----

    後半、DON JUAN:(PHANTOM)の台詞に和訳がないので、お願いします。ここは重要な部分です。
    私も代案を考える上で、一応、訳してみます。

     私は君を連れてきた
     私たちの情熱が熱く一つに溶け合うことになるのを願って
     君は心の中では既に私に屈していた
     全ての防備をかなぐり捨てて
     完全に私に屈していたのだ
     今や君は私の傍らにいる ということは
     他の考えはありえない
     君はもう心を決めたのだ

    代案:私は君をここへ誘(いざな)った (-3)
       私たちの情熱が / 熱く一つに溶け合うようにと (+4)
       君の心は既に私に屈し (+3)  / 防御を解いていた (-2)
       君は今 私といる (+1)
       その意味は一つ (0)
       君はもう心を決めている

    ----------
    <参考>
    No2456(2-9 The point of no return / Chandelier crash )
    AMINTA (CHRISTINE)が歌う、対照部分のコメントと代案
    -----
     You have brought me
     【あなたは私を導いた】 あまりに直訳で、次との続きが悪い。
     代案:あなたが ここまで導いた(+2)

     and now I am here with you:
     【私はあなたとここに】
     そして今 あなたといる
     no second thoughts,
     ★【後戻りは出来ない】英文が全然別なのに、何度も出ている同じ日本語をさらに繰り返して流用しないでほしい。
     代案:ためらいは もうない

     I've decided,
     decided...
     【私は心を決めたのだから】
    -----
引用返信
■2867 / ResNo.12)  Re[3]: 反映されてません
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/14(Mon) 03:26:44)
    ハーブ様、ここの代案がまだ連絡室のものに入っていませんよ。未定ですか?

    >ここはかの「しぃ」が入るところですから!
    >この最後の、silent...silent...
    >という部分に、その英語の意味を対応させル必要があるというだけです。

    クリスに口封じしている所ですからね、あの字幕ではまずいです。
    しかも、世界中の(?)女性の心を鷲掴みにした「しぃ」だし・・・(爆)
引用返信
■2870 / ResNo.13)  早速直しました!
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/14(Mon) 08:43:27)
    2005/03/14(Mon) 08:48:44 編集(投稿者)

    見落とし指摘有り難うございます。最速直してきました!

    >しかも、世界中の(?)女性の心を鷲掴みにした「しぃ」だし
    ああまた観に行きたく(爆)

    早く他も補完したいのですが、本日午前は実生活の縛りでここまでです。残念。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-13]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2444 / 親記事)  【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 01:12:48)
    2005/03/12(Sat) 11:39:42 編集(投稿者)

    PHANTOM
    Wandering child, so lost, so helpless...        (迷える子よ 途方にくれ 無力で)
    【さまよえる娘よ お前はか[・]弱く 混乱してる】 
    yearning for my guidance...              (わたしの導きを切望している)
    【私の導きを必要としている】
     
    CHRISTINE
    Angel or father, friend or Phantom?     (天使なの、お父さまなの? 友だち、それとも幽霊?)
    【(?)あなたは天使 お父様 (?)それともファントム?】
    Who is it there staring ...?            (そこで見つめているのは誰なの?)
    PHANTOM
    Have you forgotten your angel?            (おまえの天使を忘れたのか?)

    CHRISTINE
    Angel, oh, speak   (天使よ、お話しください)
    【天使よ あなたの声をもっと聞かせて】
    what endless longings                    (なんという無限の憧れが
    echo in this whisper!               響いているのかしら このささやきに)
    【私の声(魂?)の中にこだまするように】

    PHANTOM
    Too long you've wandered in winter    (あまりにも長くおまえは冬の中をさまよってきた)
    【(?)冬の中をさまよい過ぎた娘よ】
    far from my fathering gaze...          (父のように見守る私の目から離れて)
    【(?)父親の目を注ぐ私から離れて】

    CHRISTINE
    Wildly my mind beats against you   (わたしの意志は 必死にあなたを振り払おうとしている)
    ★★★【この胸の高鳴り】これではまるで恋人に会えて嬉しがっているかのようで、全く逆。
    代案:抗おうとする私の心(+2)

    PHANTOM
    You resist...                         (抗おうとしても)
    CHRISTINE&PHANTOM 
    ...yet the soul obeys                    (魂は従ってしまう)
    【(?)でも魂は従っている】

    2文あわせての代案:抗おうとしても(+1)
              声に魂が従ってしまう(+1)

    CHRISTINE&PHANTOM
    Angel of Music I/you denied you/me           (音楽の天使を否定したことで
    【(?)音楽の天使よ 私はあなたを拒み】
    turning from true beauty...              真の美への道から それようとした)
    【真の美から遠ざかろうとしていた】

    Angel of Music! My protector/Do not shun me      (音楽の天使 わが護り/受け入れよ)       
    【(?)音楽の天使よ】【(?)私を遠ざけないで】
    Come to me/your strange angel...             (不思議な天使の もとへ…)
    【(?)さあ私のところへ 謎に満ちた天使よ】

    PHANTOM
    I am your Angel of Music               (わたしはおまえの音楽の天使だ)
    【私はお前の音楽の天使だ】
    Come to me: Angel of Music...          (我がもとに来たれ 音楽の天使のもとに)


    RAOUL
    No, Christine! Wait! Wait!           (だめだ、クリスティーヌ! 待て、待つんだ!)
    ★【待ってくれ! // クリスティーヌ、待って!】 危機感が薄い。まるで、さっさと先を歩く人に追いすがっているかのよう。ここは騎士ラウルの見せ場なので男らしくしてほしい。
    代案:いけない!(-1)
       クリスティーヌ、待つんだ!(+1)

    CHRISTINE
    Raoul!?                              (ラウル !?)
    RAOUL
    Whatever you may believe                 (君がどう思っていようが)
    this man, this thing, is not your father!   (この男は、これは君の父上なんかじゃない!)
    【そいつは君の父親じゃない】

    《剣を抜いて決闘、決着》

    CHRISTINE
    No!! Raoul, no!                     (だめ!! ラウル、やめて!   
    Not like this.                         こんな終わり方にしないで)


    PHANTOM
    Now let it be war upon you both!         (これでもう、二人とも敵だ。戦争だ!)
    ★【(?)お前たち2人に 戦争を宣言する】
    日本語では、「宣戦布告する」または「戦争が勃発する」のであって、戦争を「宣言する」とは言いません。この誤用を指摘する声はきわめて多数。
    代案:これで 2人とも私の敵だ!
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■2549 / ResNo.1)  Re[1]: 【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight
□投稿者/ 「珍訳集」サイト管理人 -(2005/03/06(Sun) 23:05:12)
http://uk.geocities.com/jonetsuplay/
    You resist..(「この胸の高鳴り」の後のファントムの台詞)
    →【私に抵抗しつつ】でした。

    Now let it be war upon you both!
    ★【(前半は?) 戦争を宣言する】
    →【お前達2人に戦争を宣言しよう】でした
    代案ですが、「お前達2人に戦いを挑もう!」ではどうでしょうか?
    でも訳にあげられている「これでもう、二人とも敵だ」の方がすっきりしますね。

引用返信
■2596 / ResNo.2)  字幕移植 【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight
□投稿者/ One of many -(2005/03/07(Mon) 15:24:29)
    2005/03/07(Mon) 15:39:16 編集(投稿者)

    PHANTOM
    Wandering child, so lost, so helpless...      (迷える子よ 途方にくれ 無力で)
    【さまよえる娘よ お前はか[・]弱く 混乱してる】 
    yearning for my guidance...            (わたしの導きを切望している)
    【私の導きを必要としている】
     
    CHRISTINE
    Angel or father, friend or Phantom?   (天使なの、お父さまなの? 友だち、それとも幽霊?)
    【(?)あなたは天使 お父様 (?)それともファントム?】
    Who is it there staring ...?          (そこで見つめているのは誰なの?)
    PHANTOM
    Have you forgotten your angel?          (おまえの天使を忘れたのか?)

    CHRISTINE
    Angel, oh, speak (天使よ、お話しください)
    【天使よ あなたの声をもっと聞かせて】
    what endless longings             (なんという無限の憧れが
    echo in this whisper!         (響いているのかしら このささやきに)
    【私の声(魂?)の中にこだまするように】

    PHANTOM
    Too long you've wandered in winter   (あまりにも長くおまえは冬の中をさまよってきた)
    【(?)冬の中をさまよい過ぎた娘よ】
    far from my fathering gaze...         (父のように見守る私の目から離れて)
    【(?)父親の目を注ぐ私から離れて】

    CHRISTINE
    Wildly my mind beats against you   (わたしの意志は 必死にあなたを振り払おうとしている)
    ★★★【この胸の高鳴り】これではまるで恋人に会えて嬉しがっているかのようで、全く逆。
    代案:〔未定。募集中〕

    PHANTOM
    You resist...                   (抗おうとしても)
    ◆【私に抵抗しつつ】
    CHRISTINE&PHANTOM
    ...yet the soul obeys               (魂は従ってしまう)
    【(?)でも魂は従っている】

    CHRISTINE&PHANTOM
    Angel of Music I/you denied you/me          (音楽の天使を否定したことで
    【(?)音楽の天使よ 私はあなたを拒み】
    turning from true beauty...            (真の美への道から それようとした)
    【真の美から遠ざかろうとしていた】

    Angel of Music! My protector/Do not shun me      (音楽の天使 わが護り/受け入れよ)       
    【(?)音楽の天使よ】【(?)私を遠ざけないで】
    Come to me/your strange angel...             (不思議な天使の もとへ…)
    【(?)さあ私のところへ 謎に満ちた天使よ】

    PHANTOM
    I am your Angel of Music            (わたしはおまえの音楽の天使だ)
    【私はお前の音楽の天使だ】
    Come to me: Angel of Music...         (我がもとに来たれ 音楽の天使のもとに)


    RAOUL
    No, Christine! Wait! Wait!           (だめだ、クリスティーヌ! 待て、待つんだ!)
    【待ってくれ! // クリスティーヌ、待って!】 危機感が薄い。まるで、さっさと先を歩く人に追いすがっているかのよう。ここは騎士ラウルの見せ場なので男らしくしてほしい。
    代案:いけない! // クリスティーヌ、待つんだ!

    CHRISTINE
    Raoul!?                         (ラウル !?)
    RAOUL
    Whatever you may believe              (君がどう思っていようが)
    this man, this thing, is not your father!  (この男は、これは君の父上なんかじゃない!)
    【そいつは君の父親じゃない】

    《剣を抜いて決闘、決着》

    CHRISTINE
    No!! Raoul, no!                     (だめ!! ラウル、やめて!   
    Not like this.                         こんな終わり方にしないで)


    PHANTOM
    Now let it be war upon you both!         (これでもう、二人とも敵だ。戦争だ!)
    ◆【お前達2人に戦争を宣言しよう】
    ★【(前半は?) 戦争を宣言する】日本語では、「宣戦布告する」または「戦争が勃発する」のであって、戦争を「宣言する」とは言いません。この誤用を指摘する声はきわめて多数。
    代案:(募集中)

    ◆代案ですが、「お前達2人に戦いを挑もう!」ではどうでしょうか?
    でも訳にあげられている「これでもう、二人とも敵だ」の方がすっきりしますね。
引用返信
■2657 / ResNo.3)  A候補・この胸の高鳴り
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/08(Tue) 23:22:38)
    CHRISTINE
    Wildly my mind beats against you   (わたしの意志は 必死にあなたを振り払おうとしている)
    >【この胸の高鳴り】 (7)
    > これではまるで恋人に会えて嬉しがっているかのようで、全く逆。

    行ってはいけない、引き返せ! と危険信号が点滅している状態ですよね。
    うーん、短い言葉では説明しにくいです。

    代案1:心が不安にざわめく (+2)

    代案2:理性は逆らっているのに… (+4.5)
引用返信
■2659 / ResNo.4)  (代案)この胸の高鳴り
□投稿者/ がらん堂 -(2005/03/08(Tue) 23:29:47)

    CHRISTINE
    Wildly my mind beats against you   (わたしの意志は 必死にあなたを振り払おうとしている)

    (代案)
    抗おうとする私の心(+2)

    体言止めはマズいでしょうか…

引用返信
■2750 / ResNo.5)  一応終わり、字幕補完まだ必要?
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/11(Fri) 14:37:42)
    問題箇所ではないので、このままでもいいんですが。
    補完してくださるなら、「補完必要」という枝のついたチャプターを優先してくださるようお願いします。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2443 / 親記事)  【マスター】2-3 Journey to the cemetery
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 00:07:02)
    2005/03/04(Fri) 00:07:27 編集(投稿者)

    To my father's grave, please.          (父の墓所へやって下さいな)
    【お願い 父の墓所へ】

    RAOUL
    Where have they gone?               (どこへ行った?)

    STABLE MAN
    The cemetery.                    (墓地でさ)
     

    CHRISTINE
    In sleep he sang to me,               (眠りのうちに彼は私に歌いかけ
    【眠っていると私に歌いかけ】
    in dreams he came...                 夢の中 彼は訪れる…)
    【その人は夢の中に現れる】

    That voice which calls to me             (呼びかけてくるあの声が
    【私を呼び起こすその声】
    and speaks my name...               わたしの名を口にする)
    【私の名を囁きかける】
      

    CHRISTINE
    Little Lotte thought of everything and nothing...   (小さなロッテはあれこれ考えた…)
    【ロッテはまだ幼かった】
    Her father promised her               (ロッテの父は約束した)
    that he would send her the Angel of Music.    (音楽の天使をつかわしてあげると)
    【だから父は約束した 音楽の天使を送ると】
    Her father promised her... Her father promised her... (父は約束した…彼女に約束した…)
    【それは父親の約束 それは父親の約束】 やや奇異に感じられる。「父は約束した」で十分ではないか。
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■2450 / ResNo.1)  解説:Her father promised her
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 08:59:45)
    Her father promised her... Her father promised her... 
    【それは父親の約束  // それは父親の約束】

    >意味はわからなくはないが、普通に言うなら、
    >代案:父は約束してくれた
    (白い都様の意見。元発言は原稿ツリーにあったので一括削除済み)

    これに対するハーブのレスが以下です。残しておきます。

    >父は約束してくれた
    だとどうしてもFather(, you) promised me でしょう(My father promised meだと独り言ではなく話し相手がいる感じ)。
    なのにここでは、Her fatherと言っているその理由ですが。

    映画では「小さなロッテ Little Lotte」はラウルが幼い時クリスティーヌを呼ぶ愛称だった、となっているのでイコールと思った人も多いでしょう。原作では彼女の父がふたりに聞かせてくれたお話の中に、「小さなロッテのお話」があって、舞台がはねた後クリスの私室(?)を訪れたラウルが挨拶よりも先に"Little Lotte let her mind wander..."  というのはそのお話の出だしの一節だったわけです。成長したクリスティーヌに、僕だよ、覚えてる?という代わりにラウルはこれを言う。そして彼女も、ひとり父に語りかけるために墓地を訪れたとき、そのお話を思い出しているわけです。

    どちらにしても現行字幕は妙に印象が強く観ていてひっかかるので、できれば直したいけど、重要度は他のものに比べて低いと思います。

    クリスが二人称でなく三人称を使っていることは強調せず、どちらにも取れるようぼかして、これでどうでしょう。

    代案:父は約束した ロッテに約束した
       父は約束した 約束した…
引用返信
■2748 / ResNo.2)  一応終わってますが
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/11(Fri) 14:22:15)
    Her father promised her               (ロッテの父は約束した)
    that he would send her the Angel of Music.    (音楽の天使をつかわしてあげると)
    【だから父は約束した 音楽の天使を送ると】

    この部分、個人的には「送る」が違和感なんです。でも「つかわす」も天使の上位にいるみたいだし…「お前のところに行ってくれるようにとたのんであげるよ」ではどうにも長すぎる。代案がないのと、誰も何も言っていないので、指摘なしになっています。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■2441 / 親記事)  【マスター】1-4 Angel of Music
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/03(Thu) 23:35:36)
    2005/03/12(Sat) 22:46:54 編集(投稿者)

    PHANTOM'S VOICE
    Brava, Brava, Bravissima ...
    ★【ブラボー ブラボー // 素晴らしかった】
    「ブラヴァ」にすべきとの声が、特にオペラファンから出されている。「ブラヴァ」に馴染みの薄い人にも直後の日本語で意味はわかるので、ラウルの「ブラボー」と差をつけるという脚本の意図を尊重してほしい。 
    代案:ブラヴァ ブラヴァ / 素晴らしかった(ここまで一度に出せばわかりやすい)

    MEG
    Christine... Christine...   
    【クリスティーヌ クリスティーヌ 】

    PHANTOM'S VOICE
    Christine...   
    【クリスティーヌ 】
     
    MEG
    Where in the world have you been hiding?      (まったく、どこに隠れたのかと思ったわ)
    ★【一体どこに 消えてしまったのかと】
    無意味な誇張であり、辞める支配人の "I'll be in Australia" も「オーストラリアに消える」となっている。全然違う原文にワンパターンの日本語をあてる癖が、目に余る一例。また、もともとの台詞は「隠れた才能」という含みを(少なくとも舞台では)もたせてあるので、それもなるべく考慮したほうがいい。
    代案:一体どこに 隠れてたのかしら(-2)

    Really, you were perfect!               (本当にあなたの歌は完璧だったわ!)
    ★★【あなたの舞台 パーフェクトだったわ!】
    ここでカタカナを使う意義は全くないばかりか、「雰囲気ぶち壊し」との非難がきわめて多数出ている。
    代案:あなたの舞台 完璧だったわ!
       本当に素晴らしい歌い方だったわ!
         
    I only wish I knew your secret!            (秘密を知りたいものね)
    【だからこそ教えて あなたの秘密を】 
    Who is your great tutor?             (あなたの素晴らしい先生はどなたなの?)
    【(?)あなたの先生ってどんな方なの】

    Christine
    Meg... When your mother brought me here to live...
    【寄宿生活を始めて】
    Whenever I would come here alone to light a candle for my father...
    【?ここで父の為にろうそくをともすと】
    A voice from above...
    【上の方から声が聞こえるの】
    And in dreams...he was always there
    【その人は夢の中にいつもいる】
    You see... When my father lay dying...
    【(?)お父様は 死の床で私に言った】※すぐ上では「父のためにろうそくを」ですが?
    He told me i would be protected by an Angel...
    【天使が守ってくれるよって】
    an Angel of Music...
    【音楽の天使が】

    MEG
    Christine...do you believe?
    【クリスティーヌ、信じてるの?】
    ...Do you think the spirit of your great father is coaching you...?
    【(?)それが(亡くなった)お父様の魂だと?】

    Christine
    Who else? (Who?)
    【それ以外に誰がいる?】

    CHRISTINE
    Father once spoke of an angel
    【いつだったか 父は
    天使の話をしてくれた】
    I used to dream he'd appear
    【天使が現れるのを 私は待ちわびた】

    Now as I sing, I can sense him . . .
    【?今の私は歌うと感じるの】
    And I know he's here
    【彼がどこか近くにいることを】

    Here in this room
    he calls me softly
    somewhere inside
    hiding...
    《できれば字幕確認の上加えたい。「部屋のどこかに隠れている」とか何とか、まるで泥棒か逃亡者のような印象の字幕だった》

    Somehow I know
    he's always with me...
    【そしていつも 私のそばにいてくれる】
    he - the unseen genius...
    ★【彼は誰の目にも 見えない天才なの】
    人間と思わず父の霊か天使だと思っているところへ「天才」はあまりに人間そのもので、おかしい。ここのgeniusは「守護霊」のほうと解釈すべき。
    代案:目に見えない 守護霊なのよ(-3)

    MEG
    Christine, you must have been dreaming
    【(?)クリスティーヌ あなたは夢を見ているのよ】
    stories like this can't come true
    【そんな話あるはずがないわ】

    Christine, you're talking in riddles
    【謎めいた そんな話はやめて】
    and it's not like you
    【いつもの あなたらしくないわ】

    CHRISTINE
    Angel of Music!
    【音楽の天使!(ルビ:エンジェル・オブ・ミュージック)】
    Guide and guardian!
    【私を導き 守ってくださる】
    Grant to me your glory!
    【あなたの輝く光を私の上に!】

    BOTH
    Angel of Music!
    Hide no longer!
    【音楽の天使!】
    ★【私から逃げないで】
    「逃げる」はニュアンスが違いすぎる。
    代案:なぜ隠れているの(±0)

    Secret and strange angel...
    【秘密のヴェールに包まれた 不思議な天使】

    CHRISTINE
    He's with me, even now
    【今も私のそばにいる】

    MEG
    Your hands are cold
    【手が冷たいわ】

    CHRISTINE
    All around me

    MEG
    Your face, Christine, it's white...
    【顔も血の気がない】

    CHRISTINE
    It frightens me...
    【?怖いわ(怖いの)】

    MEG
    Don't be frightened...
    【大丈夫よ 怖がらないで】

    GIRY:(人々を閉め出しながら)
    NO!
    【駄目よ】                            (お引取りを)

    GIRY
    (to CHRISTINE)
    You did well, my dear.                    (よくやりましたね)
    【大成功だったわ】 
    He is pleased with you.               (あの方が喜んでいらっしゃいますよ)
    【あの方もお喜びよ(「あの方」に傍点)】       

    FIRMAN
    Ah, Vicomte, I think we've made      (ああ、子爵、ダイエ嬢は実に掘り出し物でしたね)
    quite a discovery with Miss Daae!
    【子爵、あの娘は掘り出し物ですな】
                       
    ANDRE
    Perhaps we could present her to you,       (彼女をご紹介いたしましょうか、
    dear Vicomte.                    子爵さま)

    RAOUL
    Gentlemen if you wouldn't mind.           (申し訳ないけれど、)
    【悪いが】
    This is one visit I should prefer to        (連れはなしで訪ねたいので)
    make unaccompanied.
    【僕一人で彼女に会いたい】                     
    But thank you.                    (でも、ありがとう)
    【では】
                  
    FIRMAN
    It would appear they've met before...     (どうも、前に会ったことがあるみたいだな)
    【知り合いらしい】    

    ANDRE
    Yes.                             (ああ)

引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■2529 / ResNo.1)  Re[1]: 【マスター】1-4 Angel of Music
□投稿者/ 「珍訳集」サイト管理人 -(2005/03/06(Sun) 15:26:25)
http://uk.geocities.com/jonetsuplay/
    Hide no longer!
    【私から逃げないで】
    →he's always with me... / he - the unseen genius...
     He's with me, even now
    ですので、近くにいるけど目には見えない相手に対する言葉です。
    「逃げないで」ではなく、「隠れていないで」の方がいいのではないかと思います。

引用返信
■2593 / ResNo.2)  字幕移植 【マスター】1-4 Angel of Music
□投稿者/ One of many -(2005/03/07(Mon) 15:15:06)
    PHANTOM'S VOICE
    Brava, Brava, Bravissima ...
    ★【ブラボー ブラボー 素晴らしかった】「ブラヴァ」にすべきとの声が、特にオペラファンから出されている。「ブラヴァ」に馴染みの薄い人にも直後の日本語で意味はわかるので、ラウルの「ブラボー」と差をつけるという脚本の意図を尊重してほしい。 
    代案:ブラヴァ ブラヴァ 素晴らしかった

    MEG
    Christine... Christine...   
    【クリスティーヌ クリスティーヌ 】

    PHANTOM'S VOICE
    Christine...   
    【クリスティーヌ 】
     
    MEG
    Where in the world have you been hiding?      (まったく、どこに隠れたのかと思ったわ)
    ★【一体どこに 消えてしまったのかと】 無意味な誇張であり、辞める支配人の "I'll be in Australia" も「オーストラリアに消える」となっている。全然違う原文にワンパターンの日本語をあてる癖が、目に余る一例。また、もともとの台詞は「隠れた才能」という含みを(少なくとも舞台では)もたせてあるので、それもなるべく考慮したほうがいい。
    代案:一体どこに 隠れてたのかしら(-2)

    Really, you were perfect!               (本当にあなたの歌は完璧だったわ!)
    ★★【あなたの舞台 パーフェクトだったわ!】 ここでカタカナを使う意義は全くないばかりか、「雰囲気ぶち壊し」との非難がきわめて多数出ている。
    代案:あなたの舞台 完璧だったわ!
       本当に素晴らしい歌い方だったわ!
         
    I only wish I knew your secret!            (秘密を知りたいものね)
    【だからこそ教えて あなたの秘密を】 
    Who is your great tutor?             (あなたの素晴らしい先生はどなたなの?)
    【(?)あなたの先生ってどんな方なの】

    Christine
    Meg... When your mother brought me here to live...
    【寄宿生活を始めて】
    Whenever I would come here alone to light a candle for my father...
    【?ここで父の為にろうそくをともすと】
    A voice from above...
    【上の方から声が聞こえるの】
    And in dreams...he was always there
    【その人は夢の中にいつもいる】
    You see... When my father lay dying...
    【お父様は 死の床で私に言った】
    He told me i would be protected by an Angel...
    【天使が守ってくれるよって】
    an Angel of Music...
    【?音楽の天使が】

    MEG
    Christine...do you believe?
    【クリスティーヌ、信じてるの?】
    ...Do you think the spirit of your grreat father is coaching you...?
    【(?)それが(亡くなった)お父様の魂だと?】

    Christine
    Who else? (Who?)
    【それ以外に誰がいる?】

    CHRISTINE
    Father once spoke of an angel
    【いつだったか 父は
    天使の話をしてくれた】
    I used to dream he'd appear
    【天使が現れるのを 私は待ちわびた】

    Now as I sing, I can sense him . . .
    【?今の私は歌うと感じるの】
    And I know he's here
    【彼がどこか近くにいることを】

    Here in this room
    he calls me softly
    somewhere inside
    hiding...

    Somehow I know
    he's always with me...
    【そしていつも 私のそばにいてくれる】
    he - the unseen genius...
    【彼は誰の目にも 見えない天才なの】

    MEG
    Christine, you must have been dreaming
    【(?)クリスティーヌ あなたは夢を見ているのよ】
    stories like this can't come true
    【そんな話あるはずがないわ】

    Christine, you're talking in riddles
    【謎めいた そんな話はやめて】
    and it's not like you
    【いつもの あなたらしくないわ】

    CHRISTINE
    Angel of Music!
    【音楽の天使!(ルビ:エンジェル・オブ・ミュージック)】
    Guide and guardian!
    【私を導き 守ってくださる】
    Grant to me your glory!
    【あなたの輝く光を私の上に!】

    BOTH
    Angel of Music!
    Hide no longer!
    【音楽の天使!】
    【私から逃げないで】

    ◆→he's always with me... / he - the unseen genius...
     He's with me, even now
    ですので、近くにいるけど目には見えない相手に対する言葉です。
    「逃げないで」ではなく、「隠れていないで」の方がいいのではないかと思います。




    Secret and strange angel...
    【秘密のヴェールに包まれた 不思議な天使】

    CHRISTINE
    He's with me, even now
    【今も私のそばにいる】

    MEG
    Your hands are cold
    【手が冷たいわ】

    CHRISTINE
    All around me

    MEG
    Your face, Christine, it's white...
    【顔も血の気がない】

    CHRISTINE
    It frightens me...
    【?怖いわ(怖いの)】

    MEG
    Don't be frightened...
    【大丈夫よ 怖がらないで】

    GIRY:(人々を閉め出しながら)
    NO!
    【駄目よ】                            (お引取りを)

    GIRY
    (to CHRISTINE)
    You did well, my dear.                    (よくやりましたね)
    【大成功だったわ】 
    He is pleased with you.               (あの方が喜んでいらっしゃいますよ)
    【あの方もお喜びよ(「あの方」に傍点)】       

    [17]
    FIRMAN
    Ah, Vicomte, I think we've made      (ああ、子爵、ダイエ嬢は実に掘り出し物でしたね)
    quite a discovery with Miss Daae!
    【子爵、あの娘は掘り出し物ですな】
                       
    ANDRE
    Perhaps we could present her to you,       (彼女をご紹介いたしましょうか、
    dear Vicomte.                    子爵さま)

    RAOUL
    Gentlemen if you wouldn't mind.           (申し訳ないけれど、)
    【悪いが】
    This is one visit I should prefer to        (連れはなしで訪ねたいので)
    make unaccompanied.
    【僕一人で彼女に会いたい】                     
    But thank you.                    (でも、ありがとう)
    【では】
                  
    FIRMAN
    It would appear they've met before...     (どうも、前に会ったことがあるみたいだな)
    【知り合いらしい】    

    ANDRE
    Yes.                             (ああ)
引用返信
■2814 / ResNo.3)  一応終了、補完ほしいところ
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/12(Sat) 22:48:37)
    Here in this room
    he calls me softly
    somewhere inside
    hiding...
    《できれば字幕確認の上加えたい。「部屋のどこかに隠れている」とか何とか、まるで泥棒か逃亡者のような印象の字幕だった気がします》
引用返信
■2816 / ResNo.4)  Re[2]: 一応終了、補完ほしいところ
□投稿者/ ゆきみ -(2005/03/12(Sat) 23:56:33)
    手元に残るメモによると、こう読めます。

    Here in this room he calls me softly
    【この部屋で 彼は優しく私を呼んでる】

    somewhere inside hiding...
    【この部屋のどこかに 隠れてるの】

    書き取りがぐちゃぐちゃなので、「い抜き」やその他あいまいです。
    確認なさる時の補助にでもして下さいませ。

引用返信
■2818 / ResNo.5)  Re[2]:ダメよ
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/13(Sun) 00:44:31)
    この映画、「ダメ」は全部カタカナになってますね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]






Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -