LotR なんでも掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

69981

※掲示板を再開しました。SPAM対策を強化してあります。必ず掲示板内「HELP」の案内をご覧下さい。

-----------------------------------

当掲示板は、2005年2月〜3月『オペラ座の怪人』の字幕検証作業場となっておりました。
出来上がった総覧、すなわち全脚本+一部対訳+問題字幕指摘と解説は、
きれいにまとめた形で [字幕改善連絡室新掲示板]にあります。

-----------------------------------
移行以前の旧ツリーは、こちらをご覧ください。


■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
NomalMAXMAN(0) | Nomal時計N激安買取brepli8(0) | NomalKoH-DC字幕のツリー(55) | Nomal書き込みテスト用のツリー(3) | NomalKoH【DCネタバレ】雑談ツリー(29) | NomalKoHディレクターズカット Disc2(23) | NomalKoHディレクターズカット Disc1(25) | NomalKoHの歴史解説字幕(50) | Nomal第2:Kingdom字幕総覧?(22) | NomalKingdom字幕の指摘総覧?(44) | Nomal[バカ]KOH DVDのススメ[ネタ](1) | Nomal第2:Kingdom of Heavenの言葉(50) | NomalKingdom 本編以外(6) | NomalKingdom of Heavenの言葉のツリー(70) | Nomal検証ではなくKingdom of Heaven(70) | Nomal「オペラ座の怪人」字幕に関するお返事(26) | Nomal「オペラ座」後夜祭ツリー(70) | Nomal[報告]連名ありがとうございました (37) | Nomal『総覧』ミス捜し願い(70) | Nomal〔お知らせ〕連絡室新掲示板に(11) | Nomal【マスター】1-8 Magical Lasso(0) | Nomalsage進行雑談ツリー(52) | Nomal【マスター】番号リスト(43) | Nomal代案、投票にかけます(4) | Nomalご協力願い(0) | Nomal【マスター】1-10 Notes(4) | Nomal【マスター】2-7 We have all been blind(3) | Nomal【マスター】1-3 Think of me (前半)(13) | Nomal【マスター】1-12 屋上へ(4) | Nomal【マスター】1-11 Poor Fool, / IL MUTO (6) | Nomal【マスター】1-10 Prima Donna(6) | Nomal【マスター】1-10 Notes(前半・未完)(8) | Nomalヘルプ求む!(16) | Nomal【マスター】2-11 Learn to be lonely(1) | Nomal【マスター】2-4 Wishing you were somehow here again (16) | Nomal【マスター】 1-14 All I ask of you (Reprise)(1) | Nomal【マスター】2-10後半: 三重唱〜ラスト(31) | Nomal【マスター】2-10 (前半)Down once more(27) | Nomal【マスター】2-9 The point of no return / Chandelier crash(6) | Nomal【マスター】2-8 Don Juan(13) | Nomal【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight(5) | Nomal【マスター】2-3 Journey to the cemetery(2) | Nomal【マスター】1-4 Angel of Music(5) | Nomal【マスター】1-9 I Remember / Stranger than you dreamed it (7) | Nomal【マスター】1-13 All I ask of you(7) | Nomal【マスター】1-2 OVERTURE-HANNIBAL[1](11) | Nomal【マスター】1-7 THE MUSIC OF THE NIGHT(9) | Nomal【マスター】1-6 The Phantom Of The Opera(7) | Nomal1-10 Notes / Prima Donna(2) | Nomal【マスター】1-5 Little Lotte / The Mirror(12) | Nomal1-8 Magical Lasso(6) | Nomal【マスター】1-1 PROLOGUE(3) | Nomalサントラ番号(37) | Nomal【マスター】2-2 Madam Giry's Tale(12) | Nomal【マスター】2-1 Masquerade(13) | Nomal【皆様へ】お詫びとお断り(6) | Nomal日本語字幕に関するコメントツリー(19) | Nomal一粒で何度も・・・楽しくつつく隅(1) | Nomal『王の帰還』SEE感想解禁!(23) | Nomalタイトルについて(2) | Nomal書き取りご協力くださる方へ(17) | NomalRotKSEEその7(34) | NomalRotKSEEその6(23) | NomalRotKSEEその5(33) | NomalRotKSEEその4(28) | NomalRotKSEEその3(26) | NomalRotKSEEその2(20) | NomalRotKSEE 追加分その1(31) | Nomal【ネタバレ危険!】RotK SEE【感想】(6) | Nomalコンサート行きました(12/11)(10) | NomalROTK SEE(1) | Nomal『王の帰還』DVDのツリー(2) | NomalLotRコンサート(12) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(その2) (23) | NomalMelting Pot Party! 多国籍交流会 7月17日(土)(0) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(その2)(31) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(その2) (19) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 26〜30(その2)(8) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 21〜25(その2) (16) | Nomal雑談ツリー:FotR関連(43) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(40) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(44) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 11〜15(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 6〜10(30) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 1〜5(38) | NomalFotRのDVD/VHS字幕見直しについて(6) | Nomalエンディング長し(45) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■2641 / 親記事)  【マスター】1-10 Notes
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/08(Tue) 20:08:56)
    2005/03/13(Sun) 16:35:37 編集(投稿者)


    あまりにも長いので、NotesとPrima Donna に分けました。
    梅の一様、One of many様、金のたてがみ様、ありがとうございました。
    --------------
    FIRMAN
    "Mystery after gala night," it says,         (「ガラの夜の謎」だとさ)
    【オペラ初日の怪】
    "Mystery of soprano's flight!"             「ソプラノ歌手逃走の謎!」
    "Mystified" all the papers say,         「真相不明」どの新聞も言っている、
    "We are mystified -- we suspect foul play!"         「謎!犯罪の可能性?」

    Bad news on soprano scene                 ソプラノ歌手に凶報続き
    【ソプラノ歌手の厄日】
    first Carlotta, now Christine!     まずカルロッタ、次にクリスティーヌときた!
    Still at least the seats get sold            それでも、座席は売り切れ
    gossip's worth its weight in gold          醜聞は黄金の値打ちってわけだ)

    What a way to run a business!               (まったく何て経営法だ!
    Spare me these unending trials!           こんな果てしない試練は勘弁だ!
    Half your cast disappears,               出演者の半分が姿を消しても
    but the crowd still cheers!                  観客は喝采するんだ!
    Opera!                            オペラがどうした
    To hell with Gluck and Handel             グルックもヘンデルも用はない
    Have a scandal                         醜聞があれば
    and you're sure to have a hit!              必ず大当たりだものな!)

    ANDRE
    Damnable!                           (なんてこった!
    Will they all walk out?               役者は全員出ていっちまうぞ
    This is damnable!                         なんてこった!)

    FIRMAN
    Andre, please don't shout...        (アンドレ、そう がなり立てるなよ
    It's publicity!                大いに宣伝になってるじゃないか!
    ★【無料(ルビ:ただ)のPRだと思え】
    19世紀に「PR」とは非常識。日本語内での英字略語のイメージを考えて欲しい。しかも字数は「宣伝」と変わらない。
    代案:無料の宣伝だよ

    And the take is vast!                   しかも儲けは大きく
    Free publicity!                      宣伝費はかからない)
    【(?)儲けはデカい】※要確認

    ANDRE
    But we have no cast!                 (だが役者がいなくては困る)

    FIRMAN
    But Andre, have you seen the queue?    (いやいや君、あの長蛇の列を見たかね?)
    Oh...                              (ほう…)
    it seems you've got one too              (で、君にも手紙が来たのか)

    ANDRE
    "Dear Andre what a charming gala!  (「親愛なるアンドレ君、素敵な特別公演だったよ!
    【素晴らしい初日だった】
    Christine was, in a word, sublime.   (クリスティーヌは、一言で言えば、崇高だった)
    【(?)クリスティーヌは完璧】
    We were hardly bereft when Carlotta left --    (カルロッタがいなくても平気だ)
    on that note, the diva's disaster,              (歌姫の災難についてだが
    must you cast her                      お払い箱にしなくてはな
    when she's seasons past her prime?"          とうに全盛期を過ぎているのだから)
    【とっくに盛りを過ぎた (?)ひどい歌手なのだから】

    FIRMAN
    "Dear Firmin, just a brief reminder:  (「親愛なるフィルマン君、ちょっと思い出してもらおう)
    【(?)ひと言申し上げたい】
    my salary has not been paid.             (私の給料がまだ支払われていない
    【私の給料はどうなっている】
    Send it care of the ghost,                     幽霊気付けで、
    【ゴースト宛に送るのだ】※ゴーストに引用符もしくはカギ括弧つき?

    by return of post                         至急送金するように)
    P.T.O.                               (裏面参照)
    【裏ページを見よ】
    一枚の手紙で何故わざわざ「ページ」の語を用いるのか?
    代案:裏を見よ

    No-one likes a debtor,                     (負債者は嫌われるぞ)、
    so it's better if my orders are obeyed!"     (指示通りにしたほうが身のためだ」!)

    FIRMAN / ANDRE
    Who would have the gall to send this?   (こんなものを送ってくるずうずうしい奴は誰だ?
    Someone with a puerile brain!              幼稚なおつむの持ち主だろう!)
    【赤ん坊のような知能程度】
    赤ん坊にこんな悪戯はできません。「幼稚な」で十分。
    代案:頭が幼稚なんだろう(-2)

    FIRMAN
    They are both signed "O.G."...            (どっちも"O.G"と署名してあるな…)
    ANDRE
    Who the hell is he?                          (一体どいつだ?)
    BOTH
    "Opera Ghost!"                        (「オペラ座の幽霊」か!)
    【(?)O.G.(ルビ:オペラ・ゴースト)】

    FIRMAN
    It's nothing short of shocking                  (じつにけしからぬ!)
    ANDRE
    He's mocking our position                 (われわれの立場を嘲っている)
    FIRMAN
    In addition he wants money!                (おまけに、金をよこせだと!)
    ANDRE
    What a funny apparition...                    (へんてこな幽霊だ…)
    BOTH
    ...to expect a large retainer!             (莫大な料金を得ようだなんて!
    Nothing plainer                      明らかにいかれているのは
    he is clearly quite insane!                  はっきりしている!)


    RAOUL
    Where is she?                            (彼女はどこだ? )
    【彼女は?】
    ANDRE
    You mean Carlotta?                      (カルロッタの事ですか? )
    〔字幕はありません〕
    RAOUL
    I mean Miss Daae                   (私が聞いているのはダーエ嬢の事だ
    where is she?                    彼女はどこにいる?)
    【クリスティーヌはどこだ?】

    FIRMAN
    Well, how should we know?                  (いえ、私どもは存じません)
    ★★【知るか!】
    スポンサーたる貴族様に、こんな言葉遣いはあってはならない。対等以下、乱暴すぎる。
    代案:存じません!(+2)

    RAOUL
    I want an answer                         (答えてもらいたい
    I take it that you sent me this note?      これを送ったのは君たちではないのか?)

    ANDRE
    Of course not!                    (そんなもの送ってませんとも!)
    ★★【バカ言うな!】
    上の「知るか!」と全く同様、立場や身分からして完全に間違った言葉遣い。
    代案:滅相もない!(±0)

    FIRMAN
    Don't look at us!                     (疑ったりしないで下さい!)

    RAOUL
    She's not with you, then?           (では、君たちは彼女と一緒にいなかった?)

    FIRMAN
    Of course not!                       (もちろんいませんとも!)
    【もちろん!】
    ANDRE
    We're in the dark...                (私どもも途方にくれておりまして… )

    RAOUL
    Monsieur, don't argue                 (よろしい、言い争いは止そう
    Isn't this                          本当に君たちは
    the letter you wrote?                 この手紙は書かなかったんだね?)

    FIRMAN
    And what is it, that we're meant                 (そこには何と
    to have wrote...written?                     書いてあるのですかな )
    ★★【一体どういう内容の / 手紙なのかね】
    「知るか!」「バカ言うな!」で説明済み。
    代案:一体どういう 手紙です?(-5)

    ※【見せてみろ】はどこに入ってますか?>皆様

    ANDRE(読む)
    "Do not fear for Miss Daae.                (「ダイエ嬢のことは心配ない。
    The Angel of Music has her                  音楽の天使が、その翼の下に
    under his wing.                          彼女を守っている。
    Make no attempt to see her again."         二度と彼女に会おうとしてはならぬ」)
    ★★【彼女にはもう会えない】 
    これではまるで死んだかのようであるが、数分以内に無事に戻ったとの知らせ、その後も彼女はオペラ座に戻るのだから、事実に反すること甚だしい。
    代案:今後は彼女に近づくな(±0)

    解説:ラウル宛てということを考慮して、「楽屋に来たり食事に誘ったりするな」という意味と解釈しました。seeの目的語が特定の異性だと、デートの意味になることがあります。(リーダース:6a 会う, 面会[会見, 引見]する; …と交際する, デートする.・see each other お互い(時々)会って[デートして]いる.)

    RAOUL
    If you didn't write it,                 (君たちでないなら
    who did?                         誰が書いたんだろう?)

    CARLOTTA
    Where is he?                       (彼はどこにいるの?)
    ANDRE
    Ah, welcome back!                    (ああ、よくお戻りで!)
    CARLOTTA
    Your precious patron                (あんた達の大事なパトロン様よ
    where is he?                          彼はどこ?)
    RAOUL
    What is it now?                     (今度はいったい何です?)
    CARLOTTA
    I have your letter                 (この手紙を出したのはあなたね
    a letter which I rather resent!             こんなひどい手紙! )

    FIRMAN
    And did you send it?              (手紙をお出しになったのですか?)
    RAOUL
    Of course not!                        (出すものか!)
    ANDRE
    As if he would!                     (子爵様に失礼だろう! )
    CARLOTTA
    You didn't send it?                      (ほんとに違うの?)
    RAOUL
    Of course not!                        (もちろん違う! )
    FIRMAN
    What's going on . . .?                        (わけがわからん)
    CARLOTTA
    You dare to tell me,                       (よく言えるわね
    that this is not the letter you sent ? !        あなたの書いた手紙じゃないなんて)

    RAOUL
    And what is it that
    I'm meant to have sent?                   (それで内容は?)
    【どういう内容なんです?】


    "Your days at the Opera Populaire         ("貴女がオペラ座の花形である時代は
    are numbered.                           もはや終りを告げた)
    【歌手としての君の寿命は尽きた】

    Christine Daae will be singing         (今夜からは、クリスティーヌ・ダーエが
    on your behalf tonight.               貴女の代わりに歌う)
    Be prepared for a great misfortune,       (もしこれを邪魔しようものなら、
    should you attempt to take her place."   恐ろしい災難が起こるものと心得られたし" )
    【それを阻もうとすれば
    想像を超えた恐ろしい災難が降りかかるだろう】

    FIRMAN / ANDRE
    Far too many notes for my taste                (とにかく手紙が多すぎる
    and most of them about Christine! それに、ほとんどクリスティーヌに関する事じゃないか!)
    All we've heard                      (ここへ来てからというもの
    since we came is                             耳にするのは
    Miss Daae's name...                      ダーエ嬢の名前ばかり… )
    ----------

    (突然、メグを連れてジリーが現れる)
    GIRY
    Miss Daae has returned.              (ミス・ダーエが戻ってきました)
    ★【ミス・ダーエよ】
    連れて来て紹介しているのではないのだから、この場では不自然。
    代案:無事 戻りました(+1)
       帰って来ましたわ(+1)

    FIRMAN
    I hope no worse for wear               (もうこれ以上ひどい目に
    as far as we're concerned               遭わないですむといいが)
    【無事に戻ったのか】

    ANDRE
    Where precisely is she now?           (彼女は今 正確にはどこにいるんです?)

    GIRY
    I thought it best that she was alone      (そっとしておくのが一番だと思いますわ)
    ◆【”一人(独り?)でいたい”と】

    MEG
    She needed rest.                          (休ませてあげないと)

    RAOUL
    May I see her?                           (彼女に会えますか?)
    GIRY
    No, monsieur, she will see no-one.      (いいえムッシュウ、誰にも会いたくないと)

    CARLOTTA
    Will she sing? Will she sing?         (それで彼女は 歌う気なの?どうなのよ?)
    【でも 歌えるの?】

    GIRY
    Here, I have a note                    (ここに手紙を預かっています)

    RAOUL / CARLOTTA / ANDRE
    Let me see it!                   (見せて!)

    FIRMAN
    Please!  (皆さんお静かに!)

    "Gentlemen, I have now sent you several  ("紳士諸君、私は君たちに
    notes of the most amiable nature,     いくつかの親切な書き付けを送った
    detailing how my theatre is to be run.  私の劇場をどのように運営してゆくかについてだ
    You have not followed my instructions.  しかし 君たちは私の指示に従わなかった
    I shall give you one last chance..."   もう一度だけ、最後のチャンスを与える… )

    PHANTOM'S VOICE
    Christine Daae has returned to you, and  (クリスティーヌ・ダーエは君たちのもとへ帰した
    I am anxious her career should progress.  私は彼女の行く末を気にかけている
    In the new production of "Il Muto",     したがって新しい上演作品の"イル・ムート"では
    you will therefore cast Carlotta        カルロッタの役柄は給仕とし、
    as the Pageboy, and put Miss Daae               ダーエ嬢には
    in the role of Countess.                    伯爵夫人の役を与えよ
    The role which Miss Daae plays                ダーエ嬢の歌う役には
    calls for charm and appeal.                  人の心を動かす魅力を
    The role of the Pageboy is silent               給仕役に台詞は要らぬ
    which makes my casting, in a word ideal.        それが私の望む理想の配役だ )

    I shall watch the performance from             (私はこの上演をいつもの
    my normal seat in Box Five,             5番ボックス席から拝見させて頂く
    which will be kept empty for me.        この席は常に私のために空けておくように
    Should these commands be ignored,      もし、これらの要求が無視されるようであれば
    a disaster beyond your imagination              諸君の想像を超える禍いが
    will occur.                        降りかかるものと心得られたし)

    I remain, Gentlemen,                ("紳士諸君、それではこれにて。
    Your obedient servant, O.G.                 "O.G." より)
    ◆★【諸君の忠実な僕】※ルビは?
    直訳したために、混乱を招いている。格式ばった手紙の結び文句(日本なら「謹啓―敬白」のようなもの)なのだから、それがわかるようにした方が良いのではないか。慇懃無礼に「ごきげんよう」など。

    CARLOTTA
    Christine!                           (クリスティーヌね!)

    ANDRE
    Whatever next...?                (今度はいったい何を言い出すんです?)

    CARLOTTA
    It's all a ploy to help Christine!         (全部、あの娘のための策略なんだわ!)

    FIRMAN
    This is insane...                         (気違い沙汰ですな…)

    CARLOTTA
    I know who sent this:           (手紙の送り主は分かってるのよ
    The Vicomte - her lover!          子爵さまよ - 彼女の恋人だもの!)

    RAOUL
    Indeed?                         (呆れたものだ
    ◆【バカな!】
    Can you believe this?                 信じられない暴言だ)

    ANDRE
    Signora!                        (およしなさい!)

    CARLOTTA
    O traditori!                       (裏切り者 ! )

    ANDRE
    This changes nothing!                (これじゃ埒が明かない)

    CARLOTTA
    O mentitori!                      (嘘つき!)

    FIRMAN
    Signora!                       (シニョーラ!)

    ANDRE
    You are our star!              (貴女は我が劇場の看板歌手です!)
    FIRMAN
    And always will be!             (もちろん、この先もずっと!)

    ANDRE
    Signora,                      (シニョーラ)
    FIRMAN
    The man is mad!           (手紙を書いた奴は頭がおかしいんですよ!)

    ANDRE
    We don't take orders!        (我々に命令するなんて 馬鹿な!)

    FIRMAN
    Miss Daae will be playing the Pageboy  (給仕の役はダーエ嬢にしましょう
    the silent role...              台詞のない給仕役は…)

    FIRMAN / ANDRE
    Carlotta will be playing the lead!      (主役はカルロッタ嬢ですとも!)

    CARLOTTA
    It's useless trying to appease me!    (わたしを宥めようたってむだよ!)
    You're only saying this to please me! (喜ばそうとして言っているだけじゃない!)
    I will not listen!  (耳を貸さないわよ!)
    You thus insult                (よくもバカにして!
    the honour of your prima donna?      プリマ・ドンナの名誉はどうなるの?
    Padre mio! Dio!               ああ神さま! 神さま!)
    〔ここのピアンジはバックでハモっているだけなので省略〕

    GIRY
    Who scorn his word,            (あの方の言葉を嗤ってはなりません
    beware to those...                ご用心なさい…)
    ★★【あの方(←傍点?)の言葉を真に受けないと // 後が怖いわよ】非常に多数の人の目についた、奇異で読みにくい日本語。「〜を真に受けなさい」という用法はまずない。「〜を真に受けるとは愚かだ」が普通で、前述の発言内容を「それは真実ではない」と否定するのが常法である。
    代案:あの方の言葉を 軽んじるのは / 危険です〔未決定。より良い案募集〕
       手紙の警告を / 無視してはいけません(-4)

    The angel sees, the angel knows...  (天使は見ています、天使はご存知です…)
    【(字幕確認待ち。字幕なし?)】

    《後略》
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■2666 / ResNo.1)  Re[1]: 字幕(旧#2569です)
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/09(Wed) 01:39:50)
    2005/03/09(Wed) 03:06:53 編集(投稿者)

    ご指示の通り、こちらに移動してきました。ついでに追加があります。

    >FIRMAN
    I hope no worse for wear               (もうこれ以上ひどい目に
    as far as we're concerned               遭わないですむといいが)
    【無事に戻ったのか】

    #730-8
    「我々の方は、ひとまず落ち着くといいが」とか「これ以上酷いことにならないといいが」くらいでしょうか。散々な目に会ったので、これ以上ひどい目に遭いたくないという気持ちが出て欲しい。

    #730-6
    【現行字幕】クリスティ−ヌはどこだ?
    英語スクリプト:
    RAUL: Where is she?
    ANDRE: You mean Carlotta?
    RAUL: I mean Miss Daae -- where is she?

    1つの字幕にまとめてしまったために'she'が指しているのが誰か分からず、ちぐはぐなやりとりになる面白さがそがれたと思います。

    上の3つの台詞に対して字幕は1つだけです。
引用返信
■2807 / ResNo.2)  一応終了、字幕確認できれば
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/12(Sat) 21:50:47)
    2005/03/12(Sat) 21:51:11 編集(投稿者)

    The angel sees, the angel knows...  (天使は見ています、天使はご存知です…)
    ★【彼女は天使を見た、聞いた】※これ「彼女は」確かですか?

    他はともかくここは、確認したいです。それと

    And the take is vast!                   しかも儲けは大きく
    Free publicity!                      宣伝費はかからない)
    【(?)儲けはデカい】※要確認

    これです。
引用返信
■2819 / ResNo.3)  彼女は天使を見た、聞いた
□投稿者/ がらん堂 -(2005/03/13(Sun) 00:46:45)

    > The angel sees, the angel knows...  (天使は見ています、天使はご存知です…)
    > ★【彼女は天使を見た、聞いた】※これ「彼女は」確かですか?
    >

    私のメモが正しければ、この場面
    彼女はの在る無し云々ではなく。
    この字幕そのものが存在しないのではないかと思われます…
    一つ前の字幕”あの方の言葉を真に受けないと…”
    が、この部分も含めて、連続で出続けているようです。

引用返信
■2940 / ResNo.4)  1-10字幕
□投稿者/ piece_of_moon -(2005/03/17(Thu) 19:53:18)
    総覧と私の手元資料での相違をあげます。
    ご検証ください。


    >【(?)儲けはデカい】
    「お陰で稼ぎはデカい」

    >【素晴らしい初日だった】
    「“素晴らしい初日だった”」

    >【(?)クリスティーヌは完璧】
    「“クリスティーヌは完ぺき”」

    >【とっくに盛りを過ぎた (?)ひどい歌手なのだから】
    「“とっくに盛りを過ぎた/ひどい歌手なのだから”」

    >【(?)ひと言申し上げたい】
    「“ひと言申し上げたい”」

    >【私の給料はどうなっている】
    「“私の給料は どうなってる?”」


    >【ゴースト宛に送るのだ】
    “「ゴースト」宛に送るのだ”


    以下 手紙を読むところはすべて「“”」

    >【(?)O.G.(ルビ:オペラ・ゴースト)】
    「“オペラ・ゴースト”(ルビ:OG)」

    >【一体どういう内容の / 手紙なのかね】
    「一体 どういう内容の / 手紙なのかね?」

    >※【見せてみろ】はどこに入ってますか?>皆様
    GIRY
    Here, I have a note  
                      
    RAOUL / CARLOTTA / ANDRE
    Let me see it!      →  「早く見せて」

    FIRMAN
    Please!

    手元資料では ここです。

    >【彼女にはもう会えない】
    「“だが彼女には もう会えない”」

    >【”一人(独り?)でいたい”と】
    「“独りでいたい”と」

    >【用件は以上だ】
    【諸君の忠実な僕(ルビ:しもべ)―】
    「“用件は以上だ/諸君の忠実なる僕(ルビ:しもべ)−”」

    >【あの方(←傍点?)の言葉を真に受けないと / 後が怖いわよ】
    傍点あります
    真にルビ



    以上です。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2580 / 親記事)  【マスター】2-7 We have all been blind
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/07(Mon) 10:59:04)
    2005/03/12(Sat) 21:27:34 編集(投稿者)

    RAOUL
    We have all been blind               (我々は皆気がついていなかった)
    ★★【我々の目は節穴?】
    奇異、拙劣で意味の取りにくい字幕。非難多数。
    代案:皆 見えていなかった(+2)
       なぜ気づかなかったろう(+3)

    and yet the answer is staring us in the face (答えは目の前にぶら下がっているというのに)
    【答えは目の前にある】

    This could be the chance                   (これはチャンスだ
    to ensnare our clever friend . . .            あのお利口な友人を罠にかける)
    【あの頭のいい(「頭のいい」に傍点)友達を / 罠にかけるチャンスだ】
    手紙の結びの「忠実なるしもべ」と同様、直訳が過ぎてわかりにくい。また長くて二段で読みにくい。
    代案:あの利口な男を 罠にかける好機だ(-4)
       我らの敵を 罠にかける好機だ(-6)
       
    ANDRE
    We're listening...                          (それで?)
    FIRMAN
    Go on.                             (先を続けてください)
    ★★【どういう案だ?】再三説明するまでもなく、身分立場の上下関係を破壊している字幕。
    代案:と言われますと?(+1)
       どうするんです?(+1)

    RAOUL
    We shall play his game --                (彼のお遊びにつき合ってやろう)
    【彼に従うふり(「ふり」に傍点)をして】

    perform his work --                     (彼の作品を上演するんだ)
    【(字幕なし?)】
    but remember we hold the ace               (だが、切り札ははこちらにある)
    【実際の切り札は / こちらが握る】

    For, if Miss Daae sings,                       (ダイエ嬢が歌えば
    he is certain to attend                   彼は出て来ずにはいられない)
    【(?)ミス・ダーエが歌えば / 彼は必ず聞きに来る】

    ANDRE
    We are certain the doors are barred               (扉をしっかりと閉鎖して
    【(?)ドアを閉め(ろ)】 

    FIRMAN
    We are certain the police are there              (ちゃんと警官を配置し…)
    We are certain they're armed                (しっかりと武装させておく!)

    【(?)武装した警官を / 配置しておく(おけ)】

    FIRMAN / ANDRE / RAOUL
    The curtain falls --                           (幕が下りれば
    his reign will end!                        彼の支配もお終いだ!)
    【(?)幕が下りると同時に /彼(の支配?)は終わり】


    〔礼拝堂にて〕
    CHRISTINE
    Raoul, I'm frightened --                      (ラウル、怖いわ…)
    【怖いの】

    don't make me do this ...                 (こんなことをさせないで …)
    【私にやらせないで】

    it scares me --                         (ラウル、恐いのよ)
    【怖いわ】

    don't put me through this ordeal by fire ...    (こんな辛い試練を受けさせないで…)
    ★【とても出来ない】
    this ordeal by fire「この、火の試練」が全く訳出されておらず、単なる泣き言の繰り返しになっている。ここは『ドンファン』の舞台で火の輪を通り抜けて奈落へ落ちる伏線でもあるので生かしたい。
    代案:火の試練を強いるの?(+2)
       これは火の試練(±0)

    He'll take me, I know ..               (彼はわたしを捕えるわ、きっと…)
    【彼は私を / 奪い去る】※ここ本当にこの短さで改行ですか?
    「奪い去るわ」と一文字足せば未来形らしくなる。

    We'll be parted forever ...          (あなたとは永遠に別れ別れになってしまう)
    He won't let me go.                 (わたしを放しはしないでしょうから)
    【私を放さず / あなたとの仲を永遠に裂く】

    What I once used to dream                   (かつて夢見たことだけれど
    I now dread ...                           今では恐ろしい)
    【私の描いていた夢は / 悪夢に変わってしまった】
    「描いていた」では将来の夢のようだが、ここでは「音楽の天使が私を連れて行ってくれたらいいのにと、昔は夢想していた」の意味。
    代案:以前は会いたかった / でも今は恐ろしい(-2)
       会いたいと夢見た人が / 今は恐ろしい(-3)

    If he finds me, it won't ever end ... (彼がわたしを見つけたら、ずっと終わりはないわ…)
    【もし彼に / 見つかったら…】

    And he'll always be there,            (それに 彼がいなくなることはないわ)
    【彼は私を放さず】
    singing songs in my head ...        (わたしの頭の中に彼の歌声が鳴り響くのよ…)
    【頭の中で歌い続ける】
    He'll always be there,                      (いつでもそこにいて)
    【いつもそばにいて】
    singing songs in my head ...          (わたしの頭の中で歌いつづけるんだわ…)
    【私の頭の中で歌い続ける】


    RAOUL
    You said yourself                   (君は自分で言っていたじゃないか)
    【君は言ってただろう】
    he was nothing but a man                 彼も人間に過ぎないって)
    【”あの男も本当は---】
    【ただの人間だ”と】


    Yet while he lives,                    (でも、奴が生きているうちは)
    【でも彼は / この世にある限り---】
    he will haunt us till we're dead ...         (死ぬまで取り憑いて離れないだろう)
    【僕らにつきまとう】
    【僕らがこの世を去るその日まで】
     
    CHRISTINE
    Twisted every way,                     (こんなにもつれてしまった今
    what answer can I give?                わたしには答えることができないわ)
    【こんなことになって / 何と言えばいいの?】

    Am I to risk my life,                  (命を危険にさらすことになるの?
    to win the chance to live?                生きる機会を勝ち取るために)
    【生きてゆくために / 命を懸けねばならないの?】
    何のことを言っているのかわかりにくい。
    代案:命を危険にさらすのね / 生きのびるために(-1)


    Can I betray the man                    わたしに裏切れるかしら?
    who once inspired my voice?          わたしの声に生命を吹き込んでくれた人を?)
    【私に声を与えてくれた人を / 裏切れというの】

    Do I become his prey?                      (私は彼の餌食になるの?)
    【彼の餌食になるの?】
    Do I have any choice?                       (ほかに手はないの?)
    【それしかないの?】

    He kills without a thought,                 (彼は何とも思わずに殺すわ)
    【ためらわずに人を殺し】
    he murders all that's good...             (善きものすべてを殺してしまう…)
    【善なるものを滅ぼす彼】
    .
    I know I can't refuse,              (この役目を断れないのはわかっているわ
    and yet, I wish I could.                 でも断りたい、どんなにか!)
    【イヤと言いたいのに / 拒めないの?】
    カタカナの「イヤ」が雰囲気ぶちこわしの上、ファントムに対して「拒めない」かのようにも見えてあいまい。
    代案:こんな役目は 断りたいのに

    Oh God -- if I agree,                 (ああ、神さま … もし引き受けたら
    what horrors wait for me in this --       どんな恐ろしいことが待ちかまえているの?
    【その後にどんな恐怖が / (私を)待ち受けているの】
    「その」が何を指すのかわかりにくい。この直訳調の「その」は頻出しすぎ。
    代案:引き受ければ / 恐怖が待っている

    the Phantom's Opera?                 この「怪人のオペラ」上演で?)
    【何が起こるの? /ファントムのオペラで】
      
    RAOUL
    Christine, Christine,
    【クリスティーヌ クリスティーヌ】
    don't thinks that I don't care --         (心配していないなんて思わないでくれ)
    ★【僕だって不安なんだ / 何が起こるか】
    英文の意味と離れすぎている。「僕は君を心配しているとも」と言っているのに。
    代案:君の身は心配だ / 僕だって

    but every hope and every prayer             (でも全ての希望と祈りが
    rests on you now ...                  今は君にかかっているんだ…)
    【でも全ての希望 全ての祈りが / 君の肩にかかっている】
    「祈りが肩にかかる」は日本語として不自然。普通は「肩にかかる」のは「期待」や「責任」。
    代案:だけど 希望と祈りのすべてが / 君に託されているんだ(±0)〔未確定〕

    〔怪人の隠れ家〕
    PHANTOM
    Seal my fate tonight --                (今宵我が運命を定めるのだ…)
    【私の運命が決する夜】

    I hate to have to cut the fun short,   (お楽しみを切り上げなくてはならぬのは嫌だが)
    【せっかくの楽しみを / 打ち切るのは残念だが】
    but the joke's wearing thin ...        (冗談というものは長引かせてはつまらなくなる)
    ★【悪ふざけはほどほどにしよう】
    「ほどほどに」してシャンデリアまで落とすわけがない。ここは、劇を最後まで終わらせることなく、派手に退場する予定のことと私は解釈する。
    代案:潮時というものがある

    Let the audience in ...                        (観客を入れろ)
    【(?)客を入れるがいい】
    Let my opera begin!                     (我がオペラを始めるのだ!)
    【私のオペラの幕を上げるのだ!】


引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■2774 / ResNo.1)  一応終了、字幕未確認多数
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/12(Sat) 12:45:16)
    (?)つきの現行字幕がかなりあります。どなたか
    ・確認した方がいい字幕
    の書き出しを(このチャプターに限らず)お願いできますか?
    その場合No.2724のツリーにつけてくださると助かります。
    作業がぶつからないよう、「要補完字幕書き出しやります」の席取り投稿してからはじめてください。
引用返信
■2786 / ResNo.2)  形式面・「代案」表示抜け
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/12(Sat) 16:43:56)
    Am I to risk my life,                  (命を危険にさらすことになるの?
    to win the chance to live?                生きる機会を勝ち取るために)
    【生きてゆくために / 命を懸けねばならないの?】
    何のことを言っているのかわかりにくい。
    > 命を危険にさらすのね / 生きのびるために(-1)

    代案:命を危険にさらすのね / 生きのびるために(-1)
引用返信
■2788 / ResNo.3)  君の肩にかかっている
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/12(Sat) 17:14:21)
    but every hope and every prayer             (でも全ての希望と祈りが
    rests on you now ...                  今は君にかかっているんだ…)
    【でも全ての希望 全ての祈りが / 君の肩にかかっている】
    >※コメント保留中

    「祈りが肩にかかる」は日本語として不自然。普通は「肩にかかる」のは「期待」や「責任」といった、重たいものである。
    ここでは、「肩」という語はなくてもよいと思う。

    代案1:でも今は 全ての希望と祈りが / 君にかかっているんだ
    代案2:だが 希望も祈りも / すべて君次第なのだ
    代案3(意訳):でも 僕らが頼れるのは / 君しかいないんだ
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2578 / 親記事)  【マスター】1-3 Think of me (前半)
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/07(Mon) 09:42:12)
    2005/03/12(Sat) 21:34:07 編集(投稿者)

    CARLOTTA
    Think of me
    【私を想って】
    think of me fondly
    【優しく思い出して】
    when we've said good-bye
    ★【”さよなら”を言った / あの時を】
    まだ言っていません。副詞節なのでwillがないだけで、これから先の話。「(近い未来)私たちが別れてしまったら、その時には」という意味。そうでなければwhen節に現在完了が来ることはまずない。
    代案:やがて来る 別れの後に(-2)
       
    Remember me
    【私を思い出して】
    once in a while
    Please promise me you'll try.
    【時々でいいから / 私のことを想って】
    【お願いそう約束して】
    When you find that,
    Once again, you long to take           
    【いつか / 思い直す時が来るわ】
    Your heart back and be free
    【自由を取り戻したいと / 思う時が(…)】

    〔背景幕が落ち、騒ぎになる〕
    PIANGI
    Idiot! Oh my God, signora...          (ばか者! 大変だ、シニョーラ…
    Lift it up! Lift it up!               上げるんだ! 上げろ!)

     
    MEG
    He's here ... The Phantom of the Opera.      (彼よ…オペラ座の怪人がいるのよ)
    【(?)ファントムよ】

    LEFEVRE
    Signora! Are you alright?              (シニョーラ! 大丈夫ですか?)
    【おケガを?】 怪我はないかと尋ねる時は普通、「お怪我は?」だろう。そもそも普通に「大丈夫ですか?」のほうがよほどすんなり入ってくる。6文字まではOKのはず。
    代案:大丈夫ですか?

    Buquet! For God's sake man,                (ブケー! 一体
    what's going on up there?                  何がどうなっているんだ?)
    【ブケー? / 何事だ】

    BOUQUET
    Please, Monsieur, don't look at me:        (旦那、そんな風に見ないでくだせえよ。)
    as God's my judge, I wasn't at my post.    (誓って、あっしは持ち場にいなかったんで)
    【(?)私じゃありませんよ / 私のいない間に】
    Please, Monsieur, there's no one there:      (勘弁してください、誰もいやしません)
    【あそこには / 誰もいませんでした】
    or if there is, well then,                   (いるとしたら、そりゃあ、
    it must be a ghost ...                       幽霊にちがいない…)
    【もしいたならゴーストだ】

    ANDRE
    Signora, please...                    (シニョーラ、どうか…
    These things do happen ...              こういうことは、ままあるもので…)
    【事故は時々起こります】         

    CARLOTTA
    For the past three years                        (この3年間
    these things do happen.                   こういうことが起きてるのよ)
    【この3年間起き続けよ!】         
    And did you stop them happening?       (なのに、起きないように何かしてくれた?)
    No! And you two --                  (してやしないわ!新しいお二人も
    you're as bad as him.                  今までの支配人と同じで無能よ!)
    【ちっとも止まらない】   
    ★【あなた達も そう思う?】 英文の意味と全然違う。直訳は「新任のあなた達は前任者の彼と同じだけ悪い」
    代案:支配人が代わっても同じ(+2)

    "These things do happen!"                (「ままあるもので」ですって!)
    Ma! Until you stop these things happening,      (ええ、事故を防いでくれないなら)
    this thing does not happen!              (こんなこと起きないようにする!)
    【何とかしてくれるまで / 私は歌わないわよ】

    Ubaldo! Andiamo!                      (ウバルド! アンディアモ!)
    【ウバルド!引き上げるわよ!】
    Bring me my doggy and my boxy.                (犬と化粧箱を持ってきて)
    ★【チチちゃん!】 既出。誰の名?と無駄に見る人を混乱させる。原文を素直に訳すべき。
    代案:荷物をまとめて!
       ワンちゃんもね!

    PIANGO
    Amateurs!                                (ど素人め!)
    【アマチュアだね】 頻出する「必然性なくカタカナ語を乱用し、時代の雰囲気を壊している」例。目立って、目障りに感じる人多数。
    代案:素人だねえ(-3)
              
    CARLOTTA
    Bye-bye and ciao.
    【(字幕無し?)】                         (さようなら。チャオ!)
    Now you see. Bye-bye,                 (さあ、わかったでしょ。バイバイ、
    I'm really leaving.                     ほんとにやめるんだから)
    【今度こそ本当にバイバイよ】 
     
    LEFEVRE
    Gentlemen. Good luck.                    (それではお二方、幸運を。
    If you need me                        何かご用があったら、私は
    I shall be in #Australia#!               オーストラリアにおりますから!)
    ★【幸運を / 私はオーストラリアに消える】 メグがクリスティーヌを捜して見つからなくても「消える」、これから遠国に出発するのも「消える」。失踪したのでもないのにワンパターンの誇張はやめてほしい。
    代案:では / オーストラリアに発つので失礼(±0)

    ANDRE
    Signor Guidicelli,                     (シニョール・グイディチェリ、
    she will be coming beck, won't she?              彼女は戻ってきますよね?)
    【彼女はもちろん / 戻るんでしょうな】 
        
    MME. GIRY
    You think so, messieurs? (そう思われますか?)
    【そう思います?】 
          
    (一通の手紙が落ちて来る)
    I have a message, sir, from the Opera Ghost.      (伝言です、オペラ座の幽霊から)
    【(?)ファントムから手紙が】
                      
    FIRMIN
    Oh God in Heaven,                          (なんてことだ!
    you're all obsessed!                君たちはみんな取り憑かれてるのか?)
    【(?)君らは取り憑かれてる(!)】

    MME. GIRY
    He welcomes you to his opera house --      (「私の歌劇場に歓迎する」だそうです)
    【”私のオペラ座に歓迎する”】

    FIRMIN
    His opera house?                     (彼の歌劇場だと?)
    【(?)私のオペラ座(だと)?】
    (「私の」に傍点)   

    MME. GIRY
    -- and commands                          (それから、命令です
    that you continue to leave               (今まで通りに5番のボックス席は
    Box Five empty for his usea                 空けておくようにと)
    【5番ボックスは私の席だ / いつもあけておけ】                              
    and reminds you                       (また 忘れずにきちんと
    that his salary is due.               (あの方へのお給料は支払うようにと)
    【それから給料の支払いを】          

    FIRMIN
    His salary?                            (彼の給料だって?)
    【給料だと?】
                               
    MME. GIRY
    Well, Monsieur Lefevre paid him        (ルフェーブルさんは払ってらっしゃいました
    twenty thousand francs a month.                  月に2万フラン)
    【前の支配人は / 月2万フラン払っておいででした】
      
    FIRMIN
    Twenty thousand francs?                     (2万フランだあ?)
    【2万フランだと?】

    MME. GIRY
    Perhaps you can afford more,            (たぶん増額も可能ではないですか?
    with the Vicomte de Chagny                   (シャニュイ子爵さまが
    as your patron?                     パトロンについているのですもの)
    【子爵の援助で / もっと払えるのでは?】

    FIRMIN
    Madam, I had hoped to make                  (マダム、その件は今晩
    that announcement public tonight              子爵が特別公演にいらしたら
    when the Vicomte was to join us for the gala.      公けにしようと思っていたのです)
    【子爵の支援はオープニングの今夜--- /発表する予定だったが---】
    「ガラ」にせずあくまで初日とするにせよ、ここをカタカナにする理由はない。「初日」なら「初日」で通すべきだろう。

    Obviously we shall now have to cancel       (ですが、主役がいなくなってしまっては
    as it appears we have lost our star!        もうキャンセルするしかないでしょう)
    【(?)(しかし)スターがいなくなった今 / (公演は)キャンセルせねばならん】

    ANDRE
    Yeah, but surely there must be a, um...      (しかしあれがあるだろう、ええと…)
    SINGER
    Understudy!                             (代役ですな!)

    ANDRE
    ... understudy?                           (そう、代役は?)
    【こういう時の…代役は?】

    REYER
    Understudy? There is                     (代役ですと?とんでもない
    no understudy for "La Carlotta"!    「ラ・カルロッタ」の代役なんかいるものですか!)
    【カルロッタに代役はいない!】   

    FIRMIN
    A full house, Andre.                    (満席なんだぞ、アンドレ。
    We shall have to refund a full house!      全席払い戻さなくちゃいけないんだぞ!)
    【満席の客に / 払い戻しをするのか?】
        
    MME. GIRY
    Christine Daae could sing it, sir.        (クリスティーヌ・ダイエが歌えますわ)
    【(?)クリスティーヌ・ダーエが(後半不明)】※要確認

    ANDRE
    What, a chorus girl?                  (何だと、コーラス・ガールだろう?
    【コーラス・ガールを?】
    細かいようだが、「彼女に代役をやらせる」のだから、助詞の使い方が間違っている。
    代案:コーラス・ガールに?

    Don't be silly.                        バカを言うんじゃない)
    【(字幕なし?)】
                  
    MME. GIRY
    She has been taking lessons from a great teacher. (すばらしい先生のレッスンを受けていますよ)
    【優れた先生が指導を】

    ANDRE
    Who?                            (誰に?)
    【(?)誰だ?】

    CHRISTINE
    I don't know his name, Monsieur.           (お名前は存じ上げないのです)
    【お名前を知らないのです】  

    MME. GIRY
    Let her sing for you, monsieur.              (歌わせてご覧なさいませ
    She has been well taught.                    よく指導されていますよ)
    【歌を聞かれれば/ 納得されますわ】
    ここの意訳は上手い。表情動作にぴったりでわかりやすい。
       
    ANDRE
    All right. Come on, don't be shy...        (よろしい。じゃ、恥ずかしがらずに…)
    【分かった 歌ってもらおう】
    Come on, come along. Just, just ...          (さあ、やって。ほら、ほら…)
    【(?)勇気を出して ほら】

    FIRMIN
    Andre, this is doing nothing for my nerves.     (アンドレ、こりゃあ神経によくない)
    【胃に悪い商売だな】ここの意訳も上手い。       

    ANDRE
    Oh, she's very pretty.                    (おお、じつに可愛い子だ)
    【美人だな】

    REYER
    From the beginnning of the aria then, Mam'selle.
    【それではアリアの最初から】
引用返信

▽[全レス13件(ResNo.9-13 表示)]
■2823 / ResNo.9)  Re[5]: タイプミスです
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/13(Sun) 01:02:09)
    >★ここはMagni"g"icaではなくMagni"f"icaだと思われます
    >異同4にMagnigicaとあるのはタイプミスではないでしょうか

    うわ、ご指摘の通りです。
引用返信
■2840 / ResNo.10)  改行位置の変更
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/13(Sun) 03:38:26)
    【私たちは誓っていない (9.5) / ”愛は永遠で (5)】
    【”海のように (5) / 変わらない”などと (8)】

    文言はほぼ同じで、改行位置を変えてみました。

    We never said
    私たちは誓っていない  (9.5) //
    our love was evergreen, or as unchanging as the sea
    ”愛は永遠で 海のように不変”だとは (15)

引用返信
■2873 / ResNo.11)  代案どうしますか?
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/14(Mon) 12:22:05)
    現在、字幕改善連絡室のほうも空白のままです。
引用返信
■2875 / ResNo.12)  とりあえず入れました
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/14(Mon) 15:31:32)
    他にも目についた抜けはお知らせください。
引用返信
■2918 / ResNo.13)  確認しました。カット
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/16(Wed) 15:28:53)
    >「あ、ほらやっぱりこの二人の違いにブラヴォとブラヴァの違いが!」と思って入れたものだったと記憶しています。私の記憶違いかもしれませんので(ハーブ)

    >画面にはマエストロ、しかし音も字幕も無し (One of many様)

    そのとおりでした。といっても、アンドレが熱心に喝采している横にフィルマンも映ってはいるんですが、何も言っていないことを確認。(たぶん、その熱の入ったBrava!が「アンドレ支配人らしい、同席のフィルマンは単に成功を喜んでいるのに対し、アンドレは歌に感動し感極まっている」とハーブは思ったということなんでしょう)

    結論:英語脚本のミスとみなし、入れないことにしました。

    ----------
    総覧では現在こう修正してあります。星なし。

    ANDRE
    Brava! 
    【ブラボー(!)】やはり脚本の意図は明らかで、Bravaを使うのは音楽愛好者(及び、カルロッタの取り巻き)である。ラウルは「ブラボー」、ファントムとアンドレ支配人は「ブラヴァ」。フィルマンは間違っても「ブラヴァ」とは言わない。
    代案:ブラヴァ!

    Magnigica! Stupenda!  (すばらしい!)
    【素晴らしい】
    【実にお見事】 
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-13]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2570 / 親記事)  【マスター】1-12 屋上へ
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/07(Mon) 01:34:08)
    2005/03/13(Sun) 16:43:16 編集(投稿者)
    2005/03/12(Sat) 21:57:24 編集(投稿者)

    タイトルWhy have you brought me here / Raoul I've been there があまりに長いので、便宜上勝手に別名をつけました。すみません。
    毎度のことで、和訳は一部変更させていただきました。
    【現行字幕】は、入っていないところが沢山ありますが、問題字幕でない限り別に補完が必要なわけではありません。
    ---------------------

    RAOUL:
    Why have you brought me here?             (何故ここへ連れてきたんだい?)
    【どうしてここへ?】

    CHRISTINE:
    We can't go back there!                   (あそこへは戻れないわ!)

    RAOUL:
    We must return!                        (戻らなくちゃだめだ!)

    CHRISTINE:
    He'll kill you!                        (あの人あなたを殺すわ!)
    【彼はあなたを殺す気だわ!】

    CHRISTINE:
    His eyes will find us there!                (あそこじゃ、見つかるのよ!)

    RAOUL:
    Christine, don't say that...                 (そんなこと言うんじゃない)

    CHRISTINE:
    Those eyes that burn!                       (あの燃えあがる目!)

    RAOUL:
    Don't even think it                      (そんな考えは捨てるんだ)

    CHRISTINE:
    And if he has to kill a thousand men --          (千人でも殺すつもりだとしたら)

    RAOUL:
    Forget this waking nightmare                 (こんな悪夢は忘れるんだ)

    CHRISTINE:                        
    The Phantom of the Opera                      (オペラ座の怪人は
    will kill and kill again!                       殺し続けるわ!
    My God, who is this man,                      ああ、何者なの
    who hunts to kill!                        人間を狩り 殺す彼は!
    【(?)あの死の狩人】

    I can't escape from him ...                  彼からは逃れられない…
    I never will!                          絶対に!)
    ★★【永遠に彼のとりこ(とりこに傍点)】 
    殺人者に怯えきっているというのに、この一文は「私は彼に永遠の恋をしているのよ」としか読めない。勝手な意訳により、逆方向の誤解を与えている。
    代案:きっと逃げきれないわ(+2)

    RAOUL:
    The Phantom is a fable                     (怪人は作り話だ
    Believe me,                             いいかい、
    there is no Phantom of the Opera...          オペラ座の怪人なんていないんだ
    【ファントムなど いない】
    My God, who is this man                     いったい何者なのか
    the mask of death ...?                       あの死の仮面は…?
    【?あの死の仮面】
    Whose is this voice you hear                  君にいつもいつも
    with every breath ...?                      聞こえる声の主は…?)

    BOTH:
    And in this labyrinth,                       (そしてこの迷宮、
    where night is blind,                         夜の闇の中に
    the Phantom of the Opera is here:                 オペラ座の怪人がいる
    inside your/my mind...                      君の/ わたしの心の中に)

    RAOUL:
    There is no Phantom of the Opera           (オペラ座の怪人は実在しない)
    【オペラ座のファントムなんて/いるわけがない】

    CHRISTINE:
    Raoul, I've been there -                   (ラウル、私は行ったのよ
    to his world                             彼の住む世界へ
    of unending night...                     永遠に夜の明けることのない
    To a world where the daylight dissolves           陽の光の届かない、あの場所へ
    into darkness...darkness...                 闇の中へ…闇の…)
    【暗黒の世界…】

    Raoul, I've seen him!                     (ラウル、私は彼を見たわ!
    Can I ever forget that sight?               この目で見てしまったものを忘れられて?
    Can I ever escape from that face?             あの顔につきまとわれ続けるの?
    So distorted, deformed,                    ひどく歪んだ、恐ろしく醜い
    it was hardly a face,                       顔とは言えないような顔
    in that darkness...darkness...                 あの闇の中で…闇の中で…)
    【暗闇の中で…】

    But his voice                         (けれど、あの人の声!

    filled my spirit                       私の心を満たしたあの声は
    with a strange, sweet sound...                  不思議で…甘美な…
    In that night                             あの夜の間中
    there was music in my mind...                私の心には音楽が溢れて…
    And through music                         その調べに
    my soul began to soar!                  魂は遙か高みへと舞い上がったわ!
    And I heard                           そして、私は聞いたのよ
    as I'd never heard before...               かつて聞いたことのない何かを…)
    【聞いたことのないような/すばらしい音楽…】

    RAOUL:
    What you heard was a dream                  (何もかも夢だったんだよ
    and nothing more                           ただの夢だ)

    CHRISTINE:
    Yet in his eyes                         (けれど、あの人の目には
    【あの時の あの方の目…】
    all the sadness of the world...                 深い悲しみの影があった…
    Those pleading eyes,                     あの、嘆願するような眼差しは
    that both threaten                      射竦めるようなのに、同時に
    and adore...                            憧れを宿していたわ…)
    【憧れにあふれてた】

    RAOUL:
    Christine...Christine...                   (クリスティーヌ…クリスティーヌ…)

    PHANTOM'S VOICE:
    Christine...                           (クリスティーヌ…)

引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■2571 / ResNo.1)  質問
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/07(Mon) 01:35:42)
    >★【オペラ座のファントムなんて/いるわけがない】

    ここは★はついていてコメントがなかったので、とりあえずはずしましたが、
    ここを問題にする理由を改めてご投稿いただけますか?
    すでに作業していただいたのに、さらにお願いをしてすみませんけれど>がらん堂さま
引用返信
■2575 / ResNo.2)  The Phantom of the Opera
□投稿者/ がらん堂 -(2005/03/07(Mon) 02:54:05)
    2005/03/07(Mon) 03:09:53 編集(投稿者)

    すいません! そこはコメントを入れておくべきでした

    少し回りくどい説明になるのですが…

    "The Phantom of the Opera"という言葉に対する訳は、
    作品中に何度か出てきます。

    まずは冒頭のオークションの場面での
    「オペラ座の怪人(ファントム・オブ・オペラのルビあり)」
    それから、二重唱の場面での、片仮名表記の
    「ファントム・オブ・オペラ」
    あと、個人的に印象に残っている場面としては、
    予告編などでよく使われていた、『イル・ムート』の舞台の上から、
    メグが天井を見上げて言う、
    "It's him, the Phantom of the Opera.."
    の場面に付いていた「ファントムよ」という訳、
    それから、この「屋上へ」のシーンでは
    「ファントムなど いない」
    「オペラ座のファントムなんて/いる訳がない」
    などの例が挙げられます。

    その内、「ファントム・オブ・オペラ」という字幕については、
    歌詞との兼ね合いでそのような表記にした意図が分かるのですが、
    『イル・ムート』や、この屋上のシーンのような場合、
    観客の多くが馴染んでおり、しかも映画の邦題になっている
    ”オペラ座の怪人”という訳を使わず、端折って「ファントム」としたり、
    ”オペラ座の”だけを枕詞のように残して
    「オペラ座のファントム」という妙な語感の字幕を出す事は、
    元々の持ち味であるゴシック・ホラー風の雰囲気を、
    損なう事にしかならないと感じます。
    (この作品が怪奇趣味の映画だとは言えませんが…)

    という事ですので、★についてはその部分に付けたというよりは、
    この映画の中に出てくる”The Phantom of the Opera”という言葉に対する
    字幕全般への疑問、という事でご回答にしておきます…
    説明不足&私情入りまくりですいません〜m(; ;)m

引用返信
■2577 / ResNo.3)  Re:The Phantom of the Opera
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/07(Mon) 08:46:08)
    2005/03/07(Mon) 08:49:48 編集(投稿者)

    >説明不足&私情入りまくりですいません〜m(; ;)m
    いいえ、そうだろうと思っていたとおりでした。よくわかりますし私もほぼ同意見です。しかしご自身でもおっしゃっているように

    >、「ファントム・オブ・オペラ」という字幕については、
    >歌詞との兼ね合いでそのような表記にした意図が分かる

    つまり意図としては間違っているとは言えず、こうなった必然性が了解できるということ、特定一箇所にコメントをつける形では語れないこと、
    以上2点の理由により「脚本に沿って、今までに『誤訳・問題ある訳』として指摘の出ている箇所を一覧できるようにする」という現在進行中の作業においては★でつけることはしません。

    The Phantom of the Opera という呼称の訳し方はどうするのが適切かの判断には個人差もあることで、この点については個々人で要望を文章化し送る、ということでご了解いただければと思います。
引用返信
■2808 / ResNo.4)  たぶんここまででOK
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/12(Sat) 21:58:08)
    重要度の低いチャプターですし。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■2561 / 親記事)  【マスター】1-11 Poor Fool, / IL MUTO
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/07(Mon) 00:36:42)
    2005/03/13(Sun) 19:55:58 編集(投稿者)
    2005/03/07(Mon) 15:26:45 編集(投稿者)

    ベースはがらん堂さまNo.2556 、和訳は一部変えさせていただいております。

    ----------
    CONFIDANTE:
    They say that this youth                    (この若者が奥方さまの心に
    has set my Lady's heart aflame!                 火をつけたんですって!)
    【奥方様は/あの若者にメロメロ】「メロメロ」というカタカナは劇中劇の時代や服装にそぐわない。
    代案:奥方様は/あの若者にぞっこん(±0)

    1st FOPE:                            (旦那さまはきっと
    His Lordship sure would die of shock!             衝撃のあまり死んでしまう!)

    2nd FOPE:
    His Lordship is a laughing-stock!               (旦那さまは 物笑いの種!)
    【たちまち物笑いの種】

    CONFIDANTE:                           
    Should he suspect her                   (万一旦那さまに疑われたら
    God protect her!                        神様お助けを!)
    【殿様にバレたら大事!】

    ALL:
    Shame! Shame! Shame!                      (何て破廉恥!恥知らず!
    This faithless lady's bound for Hades!             不実な奥方はあの世行き!
    【不実な妻は――//地獄へ真っ逆さま】
    Shame! Shame! Shame!                      何て破廉恥!恥知らず!)


    COUNTESS (CARLOTTA):
    Serafimo -- your disguise is perfect.             (セラフィーモ、完璧な変装ね)
    (ノックの音)
    Why, who can this be?                      (まあ、誰かしら?)

    DON ATTILI0:
    (ドアの外から)
    Gentle wife,                            (優しい妻よ
    admit your loving husband.                   愛する夫を入れておくれ)

    **ボックス席**
    ANDRE:
    Now that's exactly                       (こういうのが、
    the sort of thing the public loves.              大衆は大好きなんだよ)
    【こういうのが受けるんだ】

    **舞台**
    DON ATTILI0:
    My love - I am called to England              (愛しい人よーー私は政務で
    on affairs of State,                       イングランドに行くのだ、
    and must leave you                     そして、おまえと新しい小間使いを
    with your new maid.                       残して行かねばならぬ)  
    ★【お前に新しいメイドを付けておく】これではたった今連れて来たかのよう。すでに男装の彼女は夫人と恋仲なので矛盾する、間違った意訳。また時代劇なので「小間使い」くらいにはしてほしいところ。
    代案:お前と 新参の小間使いを残して(-1)
      
    (傍白)
    Though I'd happily                    (できるものなら小間使いを
    take the maid with me.                    連れて行きたいところだが)

    COUNTESS (CARLOTTA):
    (傍白)
    The old fool's leaving!                 (年寄りのお馬鹿さんはお出かけ!)

    **ボックス席**
    ANDRE (to FIRMIN):
    It's the countess de Charbourg!                 (シャルブール伯爵夫人だ!
    She's invited us to her salon, you know.             サロンに招待してくれた方だよ)

    FIRMIN (to ANDRE):
    Nothing like that ever happened to us           (クズ鉄屋をやってた頃には
    in the junk business.                       あり得なかったなあ)
    【クズ鉄業界とは違うな】

    ANDRE (to FIRMIN):            
    Scrap metal.                        (「金属再生産業」だってば)
    ★【スクラップ・メタル(傍点)だ】初登場シーンで述べたとおり、時代にそぐわないカタカナ語。修正の際には聞こえの良い名称に言い換えるという意図を生かすのが肝要だろう。
    代案:「金属再生産業」と言え

    **舞台**
    COUNTESS (CARLOTTA):
    Serafimo -- away with this pretence!             (セラフィーモ、変装をといて!)
    You cannot speak, but kiss me                 (おまえは喋れないけど、
    in my husband's absence!                   夫の留守にキスしておくれ!

    Poor fool, he makes me laugh!               哀れな愚か者、笑っちゃうわ!
    【何てマヌケな亭主!】
    Haha, Haha! etc.                        
    Time I tried to get a better better half !         もっとましな夫に替える時期よね)
    【もっといい夫を/探すべきだったわ】日本語として見ると抵抗がないものの、これは誤訳。(It's)timeの後に過去形が来るのは、「そろそろ〜していい時間・時期だ」。

    Poor fool, he doesn't know!                 (哀れな愚か者ね、知りゃしない!
    【知らぬが仏の亭主】古くからの純日本的慣用句を欧米人に使わせることに抵抗があるかないかは、個人差があるものの、「仏」という言葉はあまりに和風で違和感が強いという意見が相当数出ていた。

    Hoho, Hoho! etc.                         
    If he knew the truth,                     ホントのことを知ったら、
    he'd never, ever go!                     二度と出かけないでしょうよ!)

    PHANTOM'S VOICE:
    Did I not instruct that                     (5番のボックス席は空けておけと
    【指示を忘れたか】
    Box Five was to be kept empty?                 言わなかったか?)
    ★【ボックス席5番は/空けとくようにと】「空けとく」というくだけた言葉はこの人物の威厳にそぐわないばかりか、恐ろしい謎の声が劇場を圧して響き渡るというこの場面の緊張感を損なっている。
    代案:ボックス席5番は/空けておけと(-2)
       ボックス席5番は/私の指定席だ(-2)

    MEG:
    He's here, the Phantom of the Opera...          (来たわ、オペラ座の怪人が…)

    CHRISTINE:
    It's him.                            (彼だわ)

    CARLOTTA:
    Your part is silent,                    (あなたの役は台詞がないのよ
    little toad!                            ちびのヒキガエル!)
    【お黙り ヒキガエル】

    PHANTOM:
    A toad, madame?                           (ヒキガエルだと?
    【ヒキガエルだと?】
    Perhaps it is you who are the toad...          ヒキガエルはあなたのほうだろう…)
    【それは自分のことだろう?】

    CARLOTTA:
    Why you spray on my chin all the time, huh?            (なんでいつも顎にかけるのよ!)

    CARLOTTA:
    Maestro, da capo... Per favore...           (マエストロ、ダ・カーポでお願いします)

    Serafimo, away with this pretence!            (セラフィモ、変装をときなさい!
    You cannot speak, but kiss me in my -           喋ってはだめよ、夫の留守にキスし
    croak ...                             グワァ・・・)

    REYER (to ORCHESTRA):
    Gentelemen, please, please.                 (諸君、どうか落ち着いて
    Now, come along.                      さあ、いきますよ)

    CARLOTTA:
    Poor fool, he makes me laugh               (哀れな愚か者ね、笑っちゃうわ!
    【何てマヌケな亭主!】
    Hahahahaha!                            ははは!
    Croak, croak, croak.                     グワァ、グワァ、グワァ)
    ...Mama!  *注
    【ママ 助けて!】

    STAGEHAND:
    She's lost her voice.                     (声が出なくなったぞ)

    **カルロッタは動転して取り乱し、幕が引かれる**

    REYER(幕の外に取り残された役者に手振りで)
    Get ... off!
    【(なし?あり?)】

    FIRMAN:
    Er, Ladies and gentlemen,                (え〜、紳士淑女の皆さま、
    we apologize.                        申し訳ございません。
    Er, the performance will continue               え〜、10分後に
    in ten minutes' time . . .                   公演を再開いたします…
    When the role of the Countess                 その際には、伯爵夫人の役は
    will be played by Miss Daae.                 ダイエ嬢が演じます。
    Thank you.                           ありがとうございます)
    (クリスティーヌに)
    Go, go, hurry up, hurry up.                  (行くんだ、急いで、急いで)

    FIRMAN:
    Until then, we would crave your indulgence           (それまで、どうか
    for a few moments.                       今しばらくご容赦ください)

    ANDRE:
    Meanwhile, ladies and gentlemen,               (その間、紳士淑女の皆さまには
    we shall be giving you the ballet                 今夜のオペラの第3幕から
    from Act Three of tonight's opera.                バレエをお目にかけます)

    REYER:
    What?!                               (何ですと?!)

    ANDRE (to REYER):
    Er, Maestro ... the, the, the ballet                (その、マエストロ、バ、バ、バレエだ
    -- bring it forward please.                     どうか 頼むよ)

    REYER(舞台をウロウロしている役者に)
    You are fired!
    【(?)お前はクビだ(!)】
     
    **ブケーの絞殺死体が舞台に落ちてくる**

    RAOUL:
    Are you all right?                         (無事かい?)

    CHRISTINE:
    Raoul, we're not safe here.                     (ラウル、ここでは危険よ)
    ------------------
    解説など
    >(It's)timeの後に過去形が来るのは、「そろそろ〜していい時間・時期だ」。
    例文 It's (high) time you went to bed. 「もう寝る時間ですよ(まだ寝ていない)」。高校文法仮定法の章に必ずある。

    >【ママ 助けて!】<と字幕に出ていたのですが、アドリブ?
    脚本にないのなら、女優さんのアドリブでしょうね。はっきり「ママ!ママ!」と呼んでますから、字幕は問題なし(ごく自然な意訳)と考えます。
    イタリア人は何かというと「神よ!」「母よ!」と言うようです。「ママ・ミーア!」でなかったのが私には不思議でした。カルロッタの幼い一面を表現していたのかな(^^;)

引用返信

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■2763 / ResNo.2)  Re[2]: 英語脚本確認願い
□投稿者/ やっちゃん -(2005/03/12(Sat) 02:55:59)
    すみません、金のたてがみ様への書き込みであることを承知しつつ、お役に立てればと思い書かせていただきます。

    ANDRE (to REYER):
    Er, Maestro ... the, the, the ballet                (その、マエストロ、バ、バ、バレエだ
    -- bring it forward please.                     どうか 頼むよ)

    このあとに、

    REYER
    You are fired!
    【(?)お前はクビだ】「!」がついていたかも。

    という台詞があります。


引用返信
■2768 / ResNo.3)  「早く引っ込みなさい」は?
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/12(Sat) 11:04:48)
    2005/03/12(Sat) 19:37:02 編集(投稿者)

    やっちゃん様ありがとうございました。英語脚本の載っている信頼できる印刷物をお持ちの方ならどなたでももちろん補完歓迎です。

    大騒ぎで幕を引いた時に、引っ込まずにウロウロしている役者が一人いて、「早く引っ込みなさい」とマエストロが手振りつきで命じて、支配人たちと入れ替わりに引っ込む、というのがありますよね。そのあと2人が観客に詫び、さらにそのあとバレエのページをあけてオケが演奏開始、そこでまたウロウロして「君はクビだ」になると思うんですが。

    この二つを混同した書き込みを某所で見かけたので、気になったためつい就寝直前に深くも考えず確認お願いしてしまいました。

    「早く、早く引っ込みなさい」の分は「チチちゃん」同様脚本にはないのでしょうか?
引用返信
■2825 / ResNo.4)  Re[4]: 「早く引っ込みなさい」は?
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/13(Sun) 01:20:49)
    やっちゃん様、補完ありがとうございます。

    >「早く引っ込みなさい」とマエストロが手振りつきで命じて

    スクリプトにはありませんが、'Get ... off!' と言ってますね。
引用返信
■2830 / ResNo.5)  終了でいいですか
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/13(Sun) 01:41:10)
    英語脚本に載っていないような細かいことまでおたずねしてすみませんでした。
    だめですね、目的忘れて没頭してしまいます。

    えーと、ここも必要なのにできてない作業がありましたらご指摘願います。
    もう何がまだなのかわからなくなってきたので、あすこそ新連絡室に資料として出してしまいます。こんどは後から修正きくらしいので、それ以降も細かい補完とかミス直しは出来ますので。

    もちろん、この自分の庭にいる間に終わりと言えるとこまで持っていきたいですけど。
引用返信
■2835 / ResNo.6)  Re[3]: 英語脚本確認願い
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/03/13(Sun) 02:30:16)
    2005/03/13(Sun) 02:52:29 編集(投稿者)
    2005/03/13(Sun) 02:44:12 編集(投稿者)

    ちなみにこの「首だ」の台詞もスクリプトにはありません。もしかして、未来形になっていたかなと、今ふと思いました。確認いりますか?

    それと、うっかりしていましたがブケーの絞殺死体が舞台に落ちて来た後の台詞が抜けていました。ただし、字幕には問題ありませんので、無くても大丈夫。

    FIRMAN (trying to placate the audience)
    Ladies and gentlemen, please remain in your seats.
    Er, do not panic. It is simply an accident ... an accident ...
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]






Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -