LotR なんでも掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

69268

※掲示板を再開しました。SPAM対策を強化してあります。必ず掲示板内「HELP」の案内をご覧下さい。

-----------------------------------

当掲示板は、2005年2月〜3月『オペラ座の怪人』の字幕検証作業場となっておりました。
出来上がった総覧、すなわち全脚本+一部対訳+問題字幕指摘と解説は、
きれいにまとめた形で [字幕改善連絡室新掲示板]にあります。

-----------------------------------
移行以前の旧ツリーは、こちらをご覧ください。


■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
NomalKingdom of Heavenの言葉のツリー(70) | Nomal検証ではなくKingdom of Heaven(70) | Nomal「オペラ座」後夜祭ツリー(70) | Nomal『総覧』ミス捜し願い(70) | NomalKoH-DC字幕のツリー(55) | Nomalsage進行雑談ツリー(52) | NomalKoHの歴史解説字幕(50) | Nomal第2:Kingdom of Heavenの言葉(50) | Nomalエンディング長し(45) | NomalKingdom字幕の指摘総覧?(44) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(44) | Nomal【マスター】番号リスト(43) | Nomal雑談ツリー:FotR関連(43) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(40) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 11〜15(38) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 1〜5(38) | Nomal[報告]連名ありがとうございました (37) | Nomalサントラ番号(37) | NomalRotKSEEその7(34) | NomalRotKSEEその5(33) | Nomal【マスター】2-10後半: 三重唱〜ラスト(31) | NomalRotKSEE 追加分その1(31) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(その2)(31) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 6〜10(30) | NomalKoH【DCネタバレ】雑談ツリー(29) | NomalRotKSEEその4(28) | Nomal【マスター】2-10 (前半)Down once more(27) | Nomal「オペラ座の怪人」字幕に関するお返事(26) | NomalRotKSEEその3(26) | NomalKoHディレクターズカット Disc1(25) | NomalKoHディレクターズカット Disc2(23) | Nomal『王の帰還』SEE感想解禁!(23) | NomalRotKSEEその6(23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 41〜46(その2) (23) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 36〜40(23) | Nomal第2:Kingdom字幕総覧?(22) | NomalRotKSEEその2(20) | Nomal日本語字幕に関するコメントツリー(19) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 31〜35(その2) (19) | Nomal書き取りご協力くださる方へ(17) | Nomalヘルプ求む!(16) | Nomal【マスター】2-4 Wishing you were somehow here again (16) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 21〜25(その2) (16) | Nomal【マスター】1-3 Think of me (前半)(13) | Nomal【マスター】2-8 Don Juan(13) | Nomal【マスター】2-1 Masquerade(13) | Nomal【マスター】1-5 Little Lotte / The Mirror(12) | Nomal【マスター】2-2 Madam Giry's Tale(12) | NomalLotRコンサート(12) | Nomal〔お知らせ〕連絡室新掲示板に(11) | Nomal【マスター】1-2 OVERTURE-HANNIBAL[1](11) | Nomalコンサート行きました(12/11)(10) | Nomal【マスター】1-7 THE MUSIC OF THE NIGHT(9) | Nomal【マスター】1-10 Notes(前半・未完)(8) | NomalFotR SEEの字幕 Chap 26〜30(その2)(8) | Nomal【マスター】1-9 I Remember / Stranger than you dreamed it (7) | Nomal【マスター】1-13 All I ask of you(7) | Nomal【マスター】1-6 The Phantom Of The Opera(7) | NomalKingdom 本編以外(6) | Nomal【マスター】1-11 Poor Fool, / IL MUTO (6) | Nomal【マスター】1-10 Prima Donna(6) | Nomal【マスター】2-9 The point of no return / Chandelier crash(6) | Nomal1-8 Magical Lasso(6) | Nomal【皆様へ】お詫びとお断り(6) | Nomal【ネタバレ危険!】RotK SEE【感想】(6) | NomalFotRのDVD/VHS字幕見直しについて(6) | Nomal【マスター】2-5,2-6 Wandering child & Swordfight(5) | Nomal【マスター】1-4 Angel of Music(5) | Nomal代案、投票にかけます(4) | Nomal【マスター】1-10 Notes(4) | Nomal【マスター】1-12 屋上へ(4) | Nomal書き込みテスト用のツリー(3) | Nomal【マスター】2-7 We have all been blind(3) | Nomal【マスター】1-1 PROLOGUE(3) | Nomal【マスター】2-3 Journey to the cemetery(2) | Nomal1-10 Notes / Prima Donna(2) | Nomalタイトルについて(2) | Nomal『王の帰還』DVDのツリー(2) | Nomal[バカ]KOH DVDのススメ[ネタ](1) | Nomal【マスター】2-11 Learn to be lonely(1) | Nomal【マスター】 1-14 All I ask of you (Reprise)(1) | Nomal一粒で何度も・・・楽しくつつく隅(1) | NomalROTK SEE(1) | NomalMAXMAN(0) | Nomal時計N激安買取brepli8(0) | Nomal【マスター】1-8 Magical Lasso(0) | Nomalご協力願い(0) | NomalMelting Pot Party! 多国籍交流会 7月17日(土)(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■2068 / 親記事)  RotKSEEその4
□投稿者/ ハーブ -(2004/12/18(Sat) 11:44:54)
    ツリーひとつあたりのチャプター数は少なめに設定しています。
引用返信

▽[全レス28件(ResNo.24-28 表示)]
■2272 / ResNo.24)  【日本版】決死の覚悟で  (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/06(Sun) 01:10:06)
    2005/03/11(Fri) 00:37:32 編集(投稿者)

    【字幕】
    Falamir:  ここはヌメノール人の都//
          この美しい都の思い出と/  叡知に命を捧げましょう


    【吹き替え】
    Falamir:  ここはヌメノール人の都
          その芳しい想い出のためなら喜んで… 一命を… 捧げましょう


    ――――――
    女性や母とも重なる愛しい都なのですね  郷土愛の薄い自分には羨ましさも感じます
引用返信
■2273 / ResNo.25)  【日本版】馬鍬砦への集結 (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/06(Sun) 11:06:25)
    2005/03/11(Fri) 00:44:13 編集(投稿者)

    【字幕】
    Eomer: お前もホビットも戦を知らぬ//
        恐怖に襲われ――//
        血の海となる戦場の阿鼻叫喚(あびきょうかん)の/  真っただ中で――//
        ひるまず 戦えるか?//
        逃げ出すだろう/  それが当然だ//
        戦は男のものだ エオウィン
        

    【吹き替え】
    Eomer: お前やホビットには戦がわかっておらぬ
        恐怖に襲われたら…
        戦場の血潮や叫喚、兢兢(きょうきょう)を目前にして
        踏みとどまって戦えると思うか?
        彼は逃げ出す
        逃げ出して当然だ
        戦は人間の男の領分だ 

引用返信
■2274 / ResNo.26)  【日本版】アラゴルン、死者の道を行く  (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/06(Sun) 11:32:31)
    2005/03/11(Fri) 00:47:24 編集(投稿者)

    【字幕】
    アラゴルン:あなたは幻影を愛している//
         私には応えられません//
         私の望みは あなたの幸せ… 

         
    【吹き替え】
    Aragorn:姫よ あなたは幻を愛しておいでだ
         あなたの願いには応えられない
         ご自分に相応しい幸せをつかんで欲しい

引用返信
■2275 / ResNo.27)  【日本版】ドゥイモルベルグ−精霊山  (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/06(Sun) 12:03:04)
    2005/03/11(Fri) 00:52:00 編集(投稿者)
    2005/03/11(Fri) 00:51:38 編集(投稿者)

    【字幕】
     薄明の中で彼らを呼ぶのは――//
     忘れられし民の/  誓言せし者の世継ぎ//
     その者は危急に駆られ/  北より来たり――//
     死者の道への戸をくぐる     

    【吹き替え】
     薄明の中 
     忘れられし民を
     呼ぶ者はたれぞ?
     彼らの誓いし王の世継ぎ
     北方より来たらん
     危急に駆られ
     彼 死者の道の戸をくぐらん     

    ****
    瀬田訳の文語体はもちろん好きですが、やはり詩句は言葉に出して詠むほうがずっと良いですね。 吹き替えの頑張りを感じました

引用返信
■2276 / ResNo.28)  【日本版】死者の道 (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/06(Sun) 12:47:57)
    2005/03/11(Fri) 01:10:28 編集(投稿者)

    【字幕】
    ギムリ  :何だ?//
         何が見える?

    レゴラス :人間の形が見える//
         そして馬…

    ギムリ  :どこに?

    レゴラス :ちぎれ雲のような旗も//
         そして槍が――//
         冬の木立のように林立してる//
         背後には死者たち…//
         召集されたのだ

    ギムリ  :死者が召集されただと?//
         思った通りだ// 
         結構だね//
         レゴラス!

    アラゴルン:下を見るな


    アラゴルン:私の約束だ!//
         戦え! 安らぎのない死から/  解き放とう!//
         答えろ!

    ギムリ  :立て 裏切り者たち!

    アラゴルン:外へ!//
         レゴラス!//
         走れ!

    死者の王 :我らは戦う


    【吹き替え】
    Gimli:  どうなってる?  何が見える?

    Legolas: 人の形をしたもの…  それに馬も…

    Gimli:  どこにだ?

    Legolas: ちぎれ雲のような色薄い旗
         たくさんの槍が… 冬枯れの木立のように立っている
         死者たちだ…
         死者たちが集まった

    Gimil:  死者だと? 集まってる?
         それがどうした
         結構なことだ
         おぅい、レゴラス!

    Aragorn: 下を見るな


    Aragorn: 約束しよう!
          戦え! さすれば安らぎのない死より 解き放つ!
          返事は!

    Gimli:    立て 裏切り者ども!

    Aragorn:  返事はどうした?!
          走れぇ! レゴラス! 外だぁ!


    King of the Dead: 戦おう



    *****
    数万個もの頭蓋骨、幽霊になる前に一つずつ集めてたというの?
    奥方といい 時たま炸裂するPJのオタク趣味には、私もついて行けません

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-28]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2469 / 親記事)  【マスター】2-10 (前半)Down once more
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/04(Fri) 21:42:10)
    2005/03/13(Sun) 19:38:31 編集(投稿者)

    ★長すぎるので2-10は二つに分けました
    前半:Down once more 三重唱の前まで
    後半:Track down this murdererですが題は分かりやすく「三重唱〜ラスト」とします。

    和訳は金のたてがみ様の連絡室ご投稿#871、#872
    がらん堂さまNo.2524 入れました。
    ---------------

    PHANTOM
    Down once more to the dungeons                 (もう一度 地下牢へ
    of my black despair!                   真っ暗な絶望の中へ降りて行くのだ!)
    【さあ戻ろう 暗い絶望に満ちた/私の地下牢へ】

    Down we plunge to the                     我が心の牢獄へ
    prison of my mind!                    真っ逆さまに飛び込むのだ!
    【私の心を閉じ込めてる/あの地底の牢獄へ】

    Down that path into                    この道を降りていくのだ
    darkness deep as hell---!!               地獄のごとく深い闇の中へと!
    【この道の先にあるのは 地獄のような暗闇】

    Why, you ask, was I bound and chained         (お前は尋ねた、どうして私が
     
    in this cold and dismal place?         この寒く陰気な場所に縛られているのかと)
    【なぜ私は闇の囚われ人なのか?】 
    Not for any mortal sin,                地獄に落ちるべき大罪のゆえではなく
    but the wickedness of my abhorrent face!    見るも恐ろしいこの顔が 隠れ住む理由だ!)
    【罪を犯したのではなく この醜い顔のせい!】

    MOB:(offstage)
    Track down this murderer! He must be found!   (殺人者を追跡! なんとしても見つけろ!)
    【殺人犯を捕まえろ!】

    PHANTOM:
    Hounded out by everyone!                (誰からも追われ
    Met with hatred everywhere!             どこへ行っても憎悪に出会う
    【いつも人に追われ / 憎しみを浴びる】
    No kind word from anyone!               誰からも優しい言葉はなく
    No compassion anywhere!                 どこにも同情はない!
    【優しい言葉を知らず / 同情してくれる者もない】
    Christine, why?                      クリスティーヌ、なぜだ
    【なぜだ?】
    Why?                              なぜなんだ?)
    【なぜだ!】


    MME. GIRY
    Your hand at the level of your eyes!       (片手を目の高さに保って!)
    ★【ロープで絞められぬよう / 用心して】
    何度か出てくるこの台詞、ここではラウルの手を挙げる動作がはっきりしているのに、この字幕ではなぜ手を上げるかわからない。
    代案:片手を常に上げて / ロープに備えて(±0)

    RAOUL(唱和)
    -at the level of your eyes-                  (目の高さに)

    MME. GIRY
    This is as far as I dare go.          (わたしが行けるのはここまでです)
    【私はここまで】
    RAOUL
    Thank you.                         (ありがとう)

    ----[ラウル水に落ちる]-----

    CHRISTINE:
    Have you gorged yourself at last,    (あなたは とうとう呑み込まれてしまったの?
    in your lust for blood?                流血を求める邪悪な欲望に?)
    【血に飢えた思いが これで満たされた?】
    彼の殺人行為を咎めていることがわかりにくい。水中のラウルの場面直後に「これで」は唐突すぎて、「これ」の指すものが不明。続く一文と呼応させた代案を後述。

    Am I now to be prey                     (そして 今から私は
    to your lust for flesh?               あなたの肉欲の餌食になるの?)
    ★★【女の肌への欲望…】
      【私はその餌食なの?】
    見る人がぎょっとする「女の肌」というエロ言葉に対し非難多数。英語は前出の「血」の対語としての「肉」なので、それも生かして前後あわせた代案を提示する。
    代案(前半):血に飢えた人殺しに なり果てたの? (-1)
    代案(後半):次は肉の飢えを満たそうと それで私を? (+2)

    PHANTOM:
    That fate, which condemns me
    to wallow in blood
    ★【血の匂いが喜びとなった私の運命】
    これではファントムが変態サディストのようだが、運命によって追いやられた、刑を宣告された(condemns me)とあるので「喜び」は解釈が違う。
    代案:私に流血の道を強いた この運命(±0)

    has also denied me
    the joys of the flesh
    【それは私を肉の歓びからも遠ざけた】間違ってはいないが、前の文とのつながりで代案提示。
    代案:肉体を通しての喜びなど なかった(-1)

    this face -the infection
    【この醜い顔が――】
    which poisons our love
    【我々の愛を毒している】

    This face, which earned
    【この顔を目にして】
    a mother's fear and loathing
    【(?)母でさえ(恐れ)おののき 私を忌み嫌った】

    A mask,
    【冷たい】
    my first
    【仮面が】
    unfeeling scrap of clothing
    【私がつけた 初めての“衣服”】

    Pity comes too late -
    【憐れみはもう遅い】
    turn around and face your fate:       (こっちを向け お前の運命を直視しろ)
    【この運命を受け入れて】
    an eternity of this before your eyes!  (お前はこの顔を 永遠に目にし続けるのだ)
    【自分に言い聞かせるのだ】
    【苦しみは永遠に続くのだと】
    突然抽象的に「苦しみ」と言われても何を苦しむのかわかりようがない。この場面の "this" とは明らかに彼の「この顔」である。
    3つ合わせての代案:
      目をそらすな これが運命だ // (+2)
     お前はこの顔を 永遠に // (-1)
      目の前に見て苦しむのだ! (-2)          

    CHRISTINE:
    This haunted face                 (あなたのこの 苦悩に苛まれた顔
    holds no horror for me now              私にはもう少しも 怖くはない)
    ★【一度見たら忘れられない そのお顔
    でも私はもう恐れを感じない】
    「お顔」では揶揄しているかのように見える。hauntedの訳も、hauntingと取り違えているのが明らか。
    代案:苦悩に苛まれた あなたの顔は(-2)
        もう 私を怯えさせはしない(-2)

    It's in your soul                        (あなたの魂こそが
    that the true distortion lies...           本当に 歪められてしまったのね…)
    【本当に歪んでいるのは あなたの魂だと分かったから】

    PHANTOM:
    Wait! I think, my dear, we have a guest!    (待て! どうやら客人のようだぞ!)
    【待て 誰か客が来た】

    CHRISTINE:
    Raoul!                                (ラウル!)
    【?(字幕なし)】

    PHANTOM:
    Sir, this is indeed an unparalleled delight!     (これはこれは、無上の喜び!
    【これはたとえようもない喜び】
    I had rather hoped                     おいでいただけないものかと
    【君の訪れを】ここはわざとらしく馬鹿丁寧な口調。
    代案:貴公のおいでを(+2)
    that you would come.                       願っていたのですよ)
    【期待してもいたのだ】後に来る口調の激変を字幕でも表現すべく慇懃に。
    代案:お待ち申しておりました(+2)
    And now my wish comes true -             (そして今、その望みは叶った)
    【その願いはかなえられた】
    代案:願いをかなえて下さった(±0)
    you have truly made my night!        (おかげで素晴らしい夜になりましたな!)
    【(字幕無し?)】

    RAOUL:
    Free her! Do what you like          (彼女を放せ!好きなようにすればいいが
    only free her! Have you no pity?      彼女だけは放せ!情けってものがないのか?)
    【彼女を離せ! 頼む / 情けがあるなら放せ!】

    PHANTOM: (to CHRISTINE)
    Your lover makes                    (おまえの恋人が
    a passionate plea                    一生懸命頼んでいるぞ)
    【優しい恋人だ】
    ラウルの必死の嘆願に「優しい」は不似合いで、英文の意味とも離れすぎ。
    代案:恋人が必死だな(+1)

    CHRISTINE
    Please, Raoul, it's useless                  (ラウル、無駄よ)

    RAOUL
    I love her!                         (愛しているんだ! 
    Does that mean nothing?                それが無意味だというのか!)
    【彼女を愛してる】
    ★【その気持ちがわかるか?】
    理解できるかと問うているのではない。第一、彼女を愛する気持ちなら、ファントムだってラウルに劣らないことくらい、双方承知のはず。この字幕ではファントムには愛がないかのようである。
    代案:お前にもわかるだろう? (0)

    I love her! Show some compassion     愛しているんだ! 思いやりを見せてくれ…)
    【情けを】
    あまりに短すぎ。この前の部分と合わせてひとかたまりとして訳すことを提案する。後述。

    PHANTOM
    The world showed                     (世間は俺に思いやりなど
    no compassion to me!                    見せはしなかった!)
    ★【誰が私に情けを?】
    強い否定の断言が、疑問文に変えられた上、直前と2度続いて「〜を」で止められている。
    代案:情けなど縁が無い!(+1)

    前後あわせての代案を提示する。
    代案:
    I love her! Does that mean nothing?  
    I love her! Show some compassion  
    愛しているんだ! 憐れみを示してくれ(計-4)
                    
    PHANTOM (snarls furiously at RAOUL)
    The world showed no compassion to me!  
    世間が私を憐れんだか!?(+3)


    RAOUL:
    Christine, Christine!
    Let me see her!
    【彼女を見せてくれ】 格子越しに見えています。
    代案:彼女に会わせてくれ!(+1)

    PHANTOM:
    Be my guest, sir...                      (ご遠慮なく どうぞ)
    【いいとも ご自由に】

    Monsieur, I bid you welcome!                (歓迎いたしますよ!
    【ムッシュー ようこそ 歓迎するよ】
    Did you think that I would harm her?        わたしが彼女を傷つけるとでも?
    【(?)彼女を傷つけるとでも思ったのか(ね)?】
    Why should I make her pay for the sins        彼女を責めたりしませんとも
    which are yours?                    すべては…貴様の罪だ!)
    【君の犯した罪の償いを―】
    【彼女に払わせるとでも / 思ったのか?】

    Order your fine horses now!         (さあ、立派な馬車の支度をさせてみろ!)
    【馬の準備をするがいい】
    屋上でクリスティーヌがラウルに言った言葉を聞いていた、と告げる痛烈な皮肉であり嘲笑なので、生かしたい。
    代案:立派な馬車の支度はどうした(+3)

    Raise up your hand to the level of your eyes!     (それから手は目の高さにな!)
    【手を上げてその首を守れ】
    直訳すぎる。ここはただの命令文ではなく、用心を忘れたことを揶揄している。
    代案:手を上げておくべきだったな(+2)
       手で首を守ってみるか?(-1)

    Nothing can save you now -               (もうおまえを救えるものはない)
    ★【君の命を助けられるのは】
    首を絞める直前まではわざとらしく丁寧に、直後のここでは憎しみを爆発させて口調が激変している。同じ二人称「君」では違和感もはなはだしい。
    代案:貴様の命を救えるのは(-1)
       
    except, perhaps, Christine.               (クリスティーヌ以外にはな)
    【クリスティーヌだけ】

    両方あわせての代案:貴様は終わりだ ただし(-1)
              クリスティーヌ次第でな(+2)


    Start a new life with me -             (俺と共に新しい人生を始めるのだ
    ★【私と一緒に暮らそう】
    悪鬼の形相で脅迫し命令しているのに「一緒に暮らそう」はのんびりしすぎ。
    代案:さあ 私と暮らすと言え!
       私と一緒に生きると言え!

    Buy his freedom with your love!        やつの自由をおまえの愛で贖うがいい!
    【愛で彼の自由を買え】
    Refuse me,                         俺を拒めば お前は恋人を
    and you send your lover to his death!          死に追いやることになる!
    【拒めば死が彼を待つ】
    This is the choice -                   これが分かれ道だ
    【さあ選ぶのだ】
    This is the point of no return!             もう後戻りはできんぞ!)
    【ここを越えて後戻りは // 出来ぬ】

    CHRISTINE:(to the PHANTOM)
    The tears I might have shed             (あなたの暗い運命を悲しんで
    for your dark fate                    流すはずだった涙も
    【あなたの暗い運命を思って私が流した涙】
    仮定法が出るとほとんど毎度誤訳。正しくは「流したかもしれなかった」のであって、実際には涙を流していない。もっとも、気づかずに済ませられる、この字幕で通じるのは事実。
    代案:あなたの暗い運命を思って / 泣こうにも―

    grow cold, and turn to tears of hate!     冷えて、憎しみの涙に変わったわ!)
    【涙は凍りつき】
    【憎しみの涙に変わってしまった!】

    ----《これより三重唱》-----
引用返信

▽[全レス27件(ResNo.23-27 表示)]
■2732 / ResNo.23)  Re[3]: 〔ゴミ〕 flesh and blood
□投稿者/ さんちゃん -(2005/03/11(Fri) 01:16:41)
    2005/03/11(Fri) 01:20:35 編集(投稿者)

    ふと思い付いて「ヴェニスの商人」を調べたら、これも「flesh and blood」なんですね。
    (「fleshは切り取ってもよいが、bloodは流してはならぬ」という判決)
    いえ、それだけです。

    PORTIA

    Therefore prepare thee to cut off the flesh.
    Shed thou no blood, nor cut thou less nor more
    But just a pound of flesh: if thou cut'st more
    Or less than a just pound, be it but so much
    As makes it light or heavy in the substance,
    Or the division of the twentieth part
    Of one poor scruple, nay, if the scale do turn
    But in the estimation of a hair,
    Thou diest and all thy goods are confiscate.


引用返信
■2733 / ResNo.24)  たぶん【運命を受け入れて】です
□投稿者/ One of many -(2005/03/11(Fri) 01:37:36)
    turn around and face your fate:       (こっちを向け お前の運命を直視しろ)
    ★【この運命を受け入れよう】※再確認必要。

    手元のメモは
    【運命を受け入れて】
    と読めます。
引用返信
■2794 / ResNo.25)  検討課題 ★の付け方
□投稿者/ 白い都 -(2005/03/12(Sat) 18:31:52)
    2005/03/12(Sat) 19:54:23 編集(投稿者)

    > ★をつけるつけないについては、全部終わったら改めて検討します。

    ★のないものを拾っておきました。★の数も含めて、要検討。

    【血に飢えた思いが これで満たされた?】彼の殺人行為を咎めていることがわかりにくい。水中のラウルの場面直後に「これで」は唐突すぎて、「これ」の指すものが不明。続く一文と呼応させた代案を後述。
    【それは私を肉の歓びからも遠ざけた】間違ってはいないが、前の文とのつながりで代案提示。
    【君の訪れを】ここはわざとらしく馬鹿丁寧な口調。
    【期待してもいたのだ】後に来る口調の激変を字幕でも表現すべく慇懃に。
    【その願いはかなえられた】(コメントなし)
    【優しい恋人だ】ラウルの必死の嘆願に「優しい」は不似合いで、英文の意味とも離れすぎ。
    【情けを】あまりに短すぎ。この前の部分と合わせてひとかたまりとして訳すことを提案する。後述。
    【彼女を見せてくれ】格子越しに見えています。
    【馬の準備をするがいい】屋上でクリスティーヌがラウルに言った言葉を聞いていた、と告げる痛烈な皮肉であり嘲笑なので、生かしたい。
    【手を上げてその首を守れ】直訳すぎる。ここはただの命令文ではなく、用心を忘れたことを揶揄している。
    【クリスティーヌだけ】両方あわせての代案
    【あなたの暗い運命を思って私が流した涙】仮定法が出るとほとんど毎度誤訳。正しくは「流したかもしれなかった」のであって、実際には涙を流していない。もっとも、気づかずに済ませられる、この字幕で通じるのは事実。
引用返信
■2796 / ResNo.26)  今度こそ終了?
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/12(Sat) 19:05:34)
    No.2794No.2733入れました。
    ご確認ください。

    ★をつけるつけないについては、全部終わったら改めて検討します。
    できれば白い都さまのNo.2794は削除ではなく、最後の部分だけ残しておいて下さると助かります。
引用返信
■2859 / ResNo.27)  重要なとこで思い切り間違えてました
□投稿者/ ハーブ -(2005/03/13(Sun) 19:35:15)
    2005/03/13(Sun) 20:55:18 編集(投稿者)
    2005/03/13(Sun) 20:53:59 編集(投稿者)

    PHANTOM:
    That fate, which condemns me
    to wallow in blood
    ★【血の匂いが喜びとなった私の運命】
    > これではファントムが変態サディストのようだが、運命によって追いやられた、刑を宣告された(condemns me)とあるので「喜び」は解釈が違う。
    > 代案:私の運命は 血まみれの道 (+1)
    >
    has also denied me
    the joys of the flesh
    > 【それは私を肉の歓びからも遠ざけた】間違ってはいないが、前の文とのつながりで代案提示。
    > 代案:肉の歓びなど なかった (+1)

    いずれの代案も、思いっきり数え間違えてました。なぜ?いくら数字苦手でも小学生以下…(-_-;)

    新連絡室で投稿後一息つきながら、字体とかうまく出てるか見てたときに気づいたので、あっちを先に慌てて直し、こっちも直しました。

    訂正後の代案
    ★【血の匂いが喜びとなった私の運命】
    代案:私に流血の道を強いた この運命(±0)

    【それは私を肉の歓びからも遠ざけた】
    代案:肉体を通しての喜びなど なかった (-1)

    「血&肉」をちゃんと入れた割にはまあまあ、人格低めずに済んでる、かな?(^^;)


引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-27]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3123 / 親記事)  「オペラ座の怪人」字幕に関するお返事
□投稿者/ よし -(2005/04/12(Tue) 23:06:39)
http://enbi.moo.jp/phantom/phantom-movie.html
    DVD・ビデオの販売元であるアーティスト・フィルム様・GAGA様両社より、
    「DVD・ビデオ化の際には、新たに字幕を作成します」というお返事を
    いただきました!
    もちろん、このお返事をWEB上で公表してもよいと許可をいただいております。

    アーティスト・フィルム社様からは、まずきちんと書面にてご返答をいただき
    ました。ただ、公表してもよいかどうかが不明だったので、私から改めて
    FAXで問い合わせをいたしました。それに対し、本日ご担当者様から非常に
    丁寧なお電話をいただきました。
    当初、DVD・ビデオの発売時期がきちんと決定してから、公式サイトなどで
    アーティスト・フィルム社様から発表したいというお話だったのですが、
    署名を寄せてくださった多くの方へのご報告という形で発表するならOKと
    許可をいただき、本日公表させていただくことになりました。
    アーティスト・フィルム様に対しては、署名送付が(私個人としては)
    初めてのコンタクトであったにも関わらず、非常に迅速、かつ誠意を感じ
    られる対応をいただき、非常に信頼できる会社だな、という印象を持ち
    ました。なによりも自社から販売する作品に対し、愛情と責任を持って
    いらっしゃるな、と感じることができ、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。
    これならきっと、作品にふさわしい字幕をつけていただけるものと期待でき
    そうです。

    アーティスト・フィルム社様からお返事をいただいた段階でGAGA様からは
    何の音沙汰もありませんでした。
    しかし、私のサイトの書き込みにもあったように、「GAGAから字幕修正すると
    いう返事をもらった」という方がいらっしゃったようです。実は私も
    その旨のメールはいただいていたのですが、「公表しないでほしい」との
    ことだったのでそれについては、約束を守ってきました。ですが、先述の
    ような内容のブログなどがあるということもあり、「一体どうなっている
    のか?」という少々苛立ちを隠せないメールを送ったところ、「公表して良し」
    という旨の返事を(即効で)いただきました。

    両社の対応はこんな感じです。


引用返信

▽[全レス26件(ResNo.22-26 表示)]
■3477 / ResNo.22)  後はよろしく
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/08/25(Thu) 22:56:41)
    取り敢えず、気になる所だけ手を付けました。
    後は時間的に無理なので、皆さまどうかよろしくお願いいたします。
引用返信
■3478 / ResNo.23)  Re[2]: DVD字幕検証作業への協力お願い
□投稿者/ ぶらんでぃ -(2005/08/26(Fri) 09:49:26)
    地方在住なのに、密林で予約してしまったので到着は明日午前の予定。
    届いた時点で、まだ「空席」があったら参加しようと思っています。
引用返信
■3479 / ResNo.24)  あっという間に
□投稿者/ 金のたてがみ -(2005/08/27(Sat) 13:45:40)
    ぞくぞくと検証がなされていますね。すごい、すごい!

    ハーブ様、週明けには全部整理できそうではないですか。
引用返信
■3482 / ResNo.25)  修正結果の評価
□投稿者/ ハーブ -(2005/09/04(Sun) 13:14:49)
引用返信
■3498 / ResNo.26)  90名の連署とコメント
□投稿者/ ハーブ -(2005/09/25(Sun) 01:26:11)
    『オペラ座の怪人』DVD字幕は、はなはだしく不完全な修正しか施されず、不満足なものであったとの評価を伝える手紙に賛同する連名は90名に達して本日締め切られました。

    http://miyako.cool.ne.jp/cgi-bin/opera2/dvd.cgi

    ここに寄せられたコメントは、その多くが冷静さと礼節を保ちつつ、問題の本質を鋭く言葉化した達意の文章で、修正結果が明らかになったときの深く苦い失望も「共感の浄化作用」の働きでいくらか紛れる思いさえするほどです。わけても最後を飾ったOne of many 様のコメント

    >もしも“ローマの休日”が“ローマのホリデー”、“眠れる森の美女”が“寝てる美女”と訳されたとして、「意味は合っているのだから問題なし」とするべきでしょうか?

    これには思わず「上手いっ!」と拍手したいくらいでした。まさに、問題はこれなのです。半永久的に残るであろう『オペラ座の怪人』DVD日本語字幕に対し、私たちがなぜ怒り嘆いているのか、それを伝えるのにこの上なく有効で適切なたとえだと思います。作品を見ていない人にも即読即解してもらえることでしょう。

    それにつけても、いつまで繰り返さなくてはならないのかと、ため息もつきたくなります。
    毎回、もう二度とやりたくない、どうかこれが最後になりますようにと祈り、幾度もその祈りは踏みにじられてきました。
    映画は誰のものなのでしょうか。字幕は何のためのものなのでしょうか。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-26]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2062 / 親記事)  RotKSEEその3
□投稿者/ ハーブ -(2004/12/18(Sat) 11:40:55)
    ツリーひとつあたりのチャプター数は少なめに設定します。
引用返信

▽[全レス26件(ResNo.22-26 表示)]
■2266 / ResNo.22)  【日本版】侵攻されるオスギリアス  (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/05(Sat) 17:07:31)
    2005/03/10(Thu) 01:45:00 編集(投稿者)

    【字幕】
    マドリル:向こう岸は静かです/  オークは身を潜めています//
         守備隊が移動したのか…//
         こちらも斥候(せっこう)を放ちました//
         北から来れば分かります

    ゴスモグ:静かに

    ゴンドール兵士:(字幕なし) 

    ゴスモグ:殺せ!

    ファラミア:北からじゃない//
         大河に出るのだ 急げ//
         さあ

    ゴスモグ:急げ!//
         刀を抜け!

    ゴンドール兵士:(字幕・吹き替え無し)


    【吹き替え】
    Madril:  対岸がやけに 静かです
          オークの気配が無い
          守備隊が移動したのかも…
          アンドロスに物見を出しました
          北から攻める気なら、兆しがあるはず

    Gothmog:  静かに

    Gondorian Soldier:あと10本運べ

    Gothmog:  殺せ!

    Faramir: 敵は北からじゃない!
          おい、行け! 早く! 行け! さあ! 急げ!

    Gothmog:  強くこげ!
          剣を抜け!
引用返信
■2267 / ResNo.23)  【日本版】オスギリアス陥落  (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/05(Sat) 17:16:36)
    2005/03/10(Thu) 01:54:25 編集(投稿者)

    【字幕】 
    ガンダルフ:ファラミア 話してくれ/  知っている すべてを

    【吹き替え】
    Gandalf: ファラミア 詳しく話せ  何もかもじゃ
引用返信
■2268 / ResNo.24)  【日本版】セオデンの決断  (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/05(Sat) 22:41:52)
    2005/03/10(Thu) 01:51:38 編集(投稿者)

    【字幕】
    メリー :失礼します//
         この剣を――//
         捧げます//
         そして わが身命のご奉公を

    セオデン:喜んで受け取ろう//
         メリアドク/  ローハンの見習い騎士としよう


    ギムリ :騎馬兵か//
         おれも完全武装のかっこいい/  ドワーフの軍勢を集めたい

    レゴラス:戦(いくさ)に出て行かなくとも――//
         戦が彼らの方へやって来る


    【吹き替え】
    Merry:  陛下
          僕も剣を持ってます  どうかお願いです 
          陛下の騎士の一人に お加え下さい

    Theoden: ああ、喜んで加えようぞ
          たった今より メリアドク ローハンの騎士見習いじゃ。

    Gimli:  騎馬隊か ふん
          できることなら完全武装のドワーフの軍勢を呼び寄せたいとこだが・・

    Legolas: 呼び寄せるまでもないかもな
          戦の方からお前の親族に向かっているかも

引用返信
■2269 / ResNo.25)  【日本版】魔法使いの弟子  (字幕・吹き替え)
□投稿者/ あんどん -(2005/02/05(Sat) 23:46:54)
    2005/03/11(Fri) 00:20:00 編集(投稿者)
    2005/03/10(Thu) 02:07:38 編集(投稿者)

    【字幕】
    デネソール:それで都を守れると?//
         陥落の危機にさらして?

    ファラミア:正しい判断だと

    デネソール:お前の正しい判断か//
         力の指輪を小さい人の/  手に委ね モルドールへ送った//
         安全な城砦へ/  持ち帰るべきであった//
         人知れず――//
         用いることなく/  地下深く作られた隠し場所に//
         用いるのは/  絶体絶命の破局に迫られた時…

    ファラミア:私は用いません//
         ミナス・ティリス滅亡の/  瀬戸際でも

    デネソール:そなたの望みは古(いにしえ)の代の/  王と同じく威厳と――//
         慈(いつくしみ)を持つことだ//
         ボロミアなら父の窮状を想い――//
         持ち帰ってくれたろう

    ファラミア:いえ 兄上は指輪を――//
         わが物とし 堕落したはず
        
    デネソール:何だと?

    ファラミア:堕落して――//
         父上でさえ――//
         息子と分からない

    デネソール:ボロミアは忠実だった/  魔法使いの言いなりには!

    ファラミア:父上…

    デネソール:息子よ

    デネソール:下がるがいい!


    【吹き替え】
    Denethor: ゴンドールを守る気はあるのか
          ミナス・ティリスが滅びてもよいのか

    Faramir:  正しいことをしました

    Denethor: そなたがそう思うだけだ
          お前は力の指輪を無力なホビットに預けてむざむざモルドールへ行かせた
          なぜ指輪を持ち帰らなかった? 愚か者め!
          あれは… ここの地下深くの金庫に 隠しておけ!
          いよいよ 絶体絶命の時使うはずだった

    Faramir:  私なら使いません。
          都が滅亡に瀕し 私しかいなくても 

    Denethor: お前は古代の王を敬い 彼等に倣って 慈しみの心が強すぎる
          ボロミアなら 父の望みを忘れはせん
          あれなら贈り物を持ち帰っていた

    Faramir: それは決してありえません
          指輪を手に入れた途端 堕落した筈です

    Denethor: お前に何がわかる!

    Faramir: 指輪を自分の物とし
          戻った時には  化け物に変わっていたはず

    Denethor: ボロミアは父に忠実であった!
          魔法使いの弟子などではないわ!

    Faramir:  父上… 

    Denethor: 息子よ…

    Denethor: 下がるがよい
引用返信
■2333 / ResNo.26)  身命のご奉公
□投稿者/ 白い都 -(2005/02/26(Sat) 02:57:07)
    2005/02/26(Sat) 02:58:54 編集(投稿者)

    Merry: Excuse me.
    > 失礼します //
        I have a sword.  Please accept it.
    > この剣を― //  捧げます //
        I offer you my service, Theoden King.
    > そしてわが身命のご奉公を (12) //

    「身命のご奉公」は瀬田訳の表現で、誤訳とは言えませんが、
    どなたかがおっしゃっていたように、この場面の字幕としてはどうも大仰過ぎて、浮くような気がします。
    映画のメリーの臣従の場面は、ピピンのような誓いの儀式もなく、テラスの縁でちょっと膝をついて終わり、というあっさりした演出になっていますから。

    私案:陛下にお仕えしたいのです (12)

    ちなみに、原作ではそれなりに仰々しいやり取りです。
    I have a sword.
    May I lay the sword of Meriadoc of the Shire on your lap, Theoden King?
    Receive my service, If you will!
    (Book5:The Passing ot the Grey Company)
    剣なら持っております。
    セオデン王よ、殿のお膝にホビット庄のメリアドクの剣を置かせていただけましょうか?
    御意にかなえば、わが身命のご奉公をお受けくださいまし!
    (王の帰還下:灰色の一行 罷り通る)
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-26]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■3915 / 親記事)  KoHディレクターズカット Disc1
□投稿者/ ハーブ -(2006/06/28(Wed) 10:14:45)
    2006/09/01(Fri) 15:17:56 編集(投稿者)

    日本では未発売(2006年6月現在)、US版は発売中の、リドリー・スコット監督“Kingdom of Heaven Director's Cut”のツリーです。

    ご存知のとおり、本来監督が意図したのはこのバージョンでしたが、映画会社が愚かにも劇場用に無理な短縮を強いて2時間15分の長さで劇場公開されました。その「不完全版」でさえ、私にとっては生涯ベスト3映画入り決定!の秀作で何度も劇場に通いましたが。

    このたびようやく、「より完全な」3時間11分のバージョンを見られるようになったので、日本語版を待ちきれず購入した方々と共に、劇場版にはなかった英語台詞を読み解いていけたらと思い、このツリーを立てます。
    この映画を愛する方々の参加をお待ちします。英語台詞書き取り提供でも、感想のみでも、ご自分の和訳を提供してくださるのでも歓迎です。

    当然ながら、ネタバレそのものの内容ですので、ご自分の判断で見る見ないを決めてください。
    ------------------
    1)劇場版と同じ(変更なし)の部分はこちら↓からいただきます
    Kingdom of Heaven 字幕と英語脚本
    http://miyako.cool.ne.jp/LOTR/think/j/KOH_script.html

    従って、【劇場版DVDの日本語字幕】はつけたままにしてあります。
    ただし、主観的判断で[ハーブ訳]に差し替えている箇所もかなりあります。

    2)追加分の脚本は、青字で示します。訳は、できる時に英文(lines)の下に[ハーブ訳](字幕案に非ず)を入れていきます。

    3)ハーブによる投稿は随時、編集書き足しされる可能性があります。更新情報はこの下に出していく予定です。
    ------------------
    chap 4 Without an Heir  城館の晩餐 重要修正7/1 末尾の注を参照のこと
    No.3919 ゴドフリーと城主の関係、城主のよからぬ企みが明らかになる。

    chap26 Guests of the House 訪れた客人  重要追加7/13
    No.3936 シビラが最初の夫と息子に言及したのに、それが抜けていたので補足。
引用返信

▽[全レス25件(ResNo.21-25 表示)]
■4037 / ResNo.21)  DC版字幕 chap25〜34まとめて
□投稿者/ One of many -(2006/12/10(Sun) 05:59:03) [ID:tpVYzetX]
    2006/12/10(Sun) 06:37:57 編集(投稿者)

    chap25 Ibelin イベリンの地

    (壁に描かれた骸骨の絵。ラテン語。)
    Balian:(声に出して読む)
    Quad sumus...hoc eritis.

    Such as you are,
    【”これが真実の姿”】
    you will be.
    【”皆 こうなる”】


    (イベリンを案内する際の台詞、一文のみ追加)
    Almaric:
    My lord, you have 1,000 acres, 100 families.
    【ご覧ください
     1000エーカーの土地に100家族】

    You have Christians, Jews, Muslims.
    【キリスト ユダヤ イスラム教徒】

    You have 50 pairs of oxen.
    This is a poor and dusty place.
    【牛は100頭
     貧しく ほこりっぽい所です】

    Balian:
    What we do not have
    【ないものがある】
    is water.
    【水だ】


    ----------
    chap26 Guests of the House 突然の訪問者

    (シビラ、イベリン訪問。到着シーンは変更なし。
     仕事を終え帰宅したバリアンを迎え、シビラは水で布を絞り
     彼の汚れた顔を拭こうとする。その手を止めるバリアンに)

    Sibylla:
    But this isn't adultery. It's washing.
    【不貞じゃない 拭くだけよ】

    (バリアン渋い表情で、されるに任す)

    But if it were adultery...
    【不貞を犯しても---】
    which it isn't...
    【これは違うけど…】
    the Commandments are not for people like us.
    They are for others.
    【その罪に問われるのは
     私たち以外の人よ】

    Balian :(目をそらしつつ)
    Did they give you something to eat?
    【もう食事を?】

    Sibylla:
    They said to wait until the master returned.
    【ご主人のお帰りを待ってたの】

    My cook will prepare something while you wash.
    【その前に汚れを落として】

    (シビラ立ち去る。バリアン、自分で水と布を使う)

    (食事シーンは台詞の変更なしにつき省略)

    (夜明け。祈りを捧げるイスラム教徒たち)

    Sybilla:
    They try to be one.
    【一つの心を分かち合いたいと
     祈ってる】
    One heart, one morality.
    【1つの道義を】

    Their prophet says "Submit."
    Jesus says,
    【彼らの預言者は”従え”と説(と)き】
    【イエスは―】

    "Decide."
    【”決断せよ”と】

    Balian :
    Did you decide on Guy?
    【ギーとの結婚も?】

    Sybilla:
    Guy was chosen by my mother.
    【母が決めた縁組よ】

    My first husband died before our son was born.
    【最初の夫は息子を見ずに他界】

    I was only 15.
    【私は15才だった】

    Balian :
    I've met your son.
    【息子さんを見かけた】

    -------------
    chap27 There Is Only Light 光を消して

    (夜、机に向かうバリアンのもとにいきなり訪れたシビラ)

    Sibylla:
    I could stay here forever.
    【ずっと いたいわ】

    Balian :
    This house is yours.
    【あなたの家です】

    Sibylla:
    Why do you think I'm here?
    【なぜ来たと思う?】

    Balian :
    I know that Ibelin is not on the way to Cana.
    【カナへの途中ではない】

    Sibylla:
    What else do you know, my lord?
    【他に知っていることは?】

    Balian :
    I know that you are a princess.
    【あなたは王女で---】
    And I am no lord.
    【私は貴族ではない】

    Sibylla:
    You're a knight.
    【騎士よ】
    [あなたは騎士の身分よ]

    Balian :
    Neither earned, nor proved.
    【騎士らしいことはしていない】

    (以下台詞の変更なしにつき省略)

    chap28 隊商への襲撃
    (ギー達のキャラバン襲撃。台詞自体には変更なしにつき省略)


    chap29 Tokens バリアンとシビラ

    (バリアンの寝室。夜明け。)

    Sibylla:(自分の指輪を示しながら)
    This is from France.
    I've never been there.
    【これは まだ訪ねてない
     フランスのもの】

    This from my brother.
    【これは兄から】

    This to remind us of death.
    【これは”死”を思うため】

    And this...
    【これは---】
    I put the day I saw you.
    【あなたと出会った記念に】

    Balian :
    You lie.
    【嘘だろ?】

    (二人とも笑う)

    -----------------
    chap30 Blasphemy  軍の召集
      31 Deffenders of Kerak  カラクの守り
      32 The Friendly Enemy  戦場での再会
      33 Jerusalem Has Come  到着したエルサレム軍
      34 The Kiss of peace   ルノーの処罰
    以上5チャプターは台詞に変更なし

引用返信
■4063 / ResNo.22)   2. 丘の上の埋葬
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/13(Wed) 22:36:53) [ID:wFDKVile]
    (chap 1 序曲 は、音楽のみで映像も台詞もなし)

    chap 2 丘の上の埋葬

    〔画面に白文字〕
    It is almost 100 years since Christian armies from Europe seized Jerusalem.
    【キリスト教徒イスラム教徒双方の聖地エルサレム】【そこを十字軍が奪って約100年】
    Europe suffers in the grip of repression and poverty.
    【ヨーロッパは慢性的な圧制と貧困に苦しめられていた】
    Peasant and lord alike flee to the Holy Land in search of fortune or salvation.
    【農民も貴族も運と救いを求め 遠い聖地を目指した】
    One Knight returns home in search of his son.
    やがて一人の騎士が 未だ見ぬ息子を探し―
    故郷の地に戻ってきた】

    1184 France

    KINGDOM of HEAVEN〔題字〕

    Gravedigger:
    She's denied the cross for suicide and buried at the center of a crossroads. Huh.
    【自殺者の墓に十字架は許されない / だが十字路に埋められる】
    Show me the logic.
    【理屈に合わない】
    Father?
    【神父様?】

    Priest: What?
    【(字幕out)】

    Gravedigger:
    The devil is a practical man.
    【悪魔は計算高いんです
    If she were a witch, she was a poor return on his investment.
    こんな女を魔女にします?】

    Priest:
    What would you know of logic?
    【知った口きくな】

    Gravedigger:
    Oh, I have ears, Father. Although one is notched. Because I love justice.
    【耳は聞こえるんです / 耳たぶに穴は開けられたけど】

    Priest:
    You love theiving.
    【盗みの罰だろ?】
    Shut up. You dig.
    【さっさと掘れ】


    Gravedigger:Crusaders.【十字軍だ】

    soldier:Clear the road if you will.【通してくれ】

    Godfrey:Squire. 【来い】

    soldier:Hyah!【(字幕out)】
    (呼ばれて行き、戻って来て司祭に銀貨を手渡す)
    This is for the burial from my lord...
    【殿から埋葬の手間賃だ 女の魂にー】
    And a mass for the soul.
    【祈ってやれ】

    (兵士去る。司祭、墓掘り人に)
    Priest:
    Wait. Have you forgotten?
    【待て 忘れてるぞ】

    Gravedigger:
    She was you brother's wife.
    【義姉では?】


    Priest:
    She was a suicide. Cut off her head.
    【自殺者だ 首を切れ】
    And return the axe.
    【斧は戻せよ】
引用返信
■4065 / ResNo.23)  3. 十字軍
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/13(Wed) 22:56:42) [ID:wFDKVile]
    chap 3 十字軍

    Hospitaler:
    You know this place, my lord?
    前にもここへ?
    Godfrey:
    Know it? I know all of it.
    良く知っている土地だ

    bishop:
    Your brother? You have spoken to him?
    【兄さんと話したか?】
    Priest:
    On what matter, my lord? He is still arrested.
    【まだ捕らえられてます】

    bishop:
    Your brother is as responsible for his wife's sin as I am.
    【女房の大罪は 彼の責任ではない】
    Priest:
    Opinions differ, my lord.
    【それは どうだか…】

    bishop:
    The burial was―
    【埋葬したのか?】
    Priest:
    Yes.
    【はい】
    bishop:
    And you did not mutilate the person?
    【首を落としたのか?】
    Priest:
    No.
    【いいえ】
    bishop:
    Good.
    【よかった】

    The law can go too far. It can go too far, I ask myself,
    【法の行き過ぎだ / キリストなら絶対にー】
    "Would Jesus do it thusly?"
    【お許しにならぬ】
    There is so much done in Christendom of which Christ would be incapable.
    【最近は そういうことばかりだ】

    You must release your brother. I cannot do without him.
    【釈放しろ 彼が必要だ】

    Priest:
    My-My brother, my lord bishop, uh, is possessed by the devil
    【司教様 兄は悪魔に / 取りつかれております】
    and must be...examined.
    【教会のー // 審問を】

    bishop:
    Your brother is as mad as you are.
    【困った兄弟だ】
    He grieves. Without your brother, I cannot finish my church.
    【兄がおらぬと 教会が仕上がらぬのだ】

    Let him out. And give him this.(数枚の銀貨を手渡す)
    【牢から出し この金を】
    And tell him htat he is at the very center of my prayers.
    【彼のために私が祈っていると 伝えてくれ】

    (牢のバリアン。回想、身重で幸福そうな妻が苗木を植えている)

    Priest:
    The bishop needs you.
    【司教が仕事しろと】
    Release him.
    【縄を解け】

    jailer:
    On your feet.
    【立て】
    This is not heaven. It's the world. And there's troubles in it.
    【現世は天国じゃない 悩み 苦しみが満ち満ちている】

    (バリアン戸外へ)

    jailer:
    Do yourself no injury. Other men are always good for that.
    【自らを傷付けるな そうすれば他人も救われる】
引用返信
■4066 / ResNo.24)  4. 跡取り
□投稿者/ ハーブ -(2006/12/13(Wed) 23:12:37) [ID:wFDKVile]

    the lord:
    And what of Jerusalem?
    【エルサレムは?】

    Godfrey:
    Jerusalem?
    【エルサレム?】

    Hospitaler:
    In peril, my lord, as always.
    【今も危機に瀕しています】

    the Lord:
    We have stood there against the Saracens for over a hundred years.
    【100年もサラセン人と / 戦ったのに?】

    Hospitaler:
    Saracens, as you call them, have now unified
    【彼らは今や統合された】
    in Egypt, Syria and all Arabia.
    【エジプトとシリア 全アラビアが】

    the Lord:
    Year.
    【(字幕out)】

    Hospitaler:
    Saracens and someone new.
    【新指導者の元で】

    Lord's son:(to his father)
    Saradin, the king.
    【サラディンという王だ】

    black man:
    Sarah-din.(原語発音で)
    【サラーディン(傍点)だ】

    the Lord:
    Gibberish.
    【どうでもいい】

    Hospitaler:(銀杯を手に)
    Very fine.
    【素晴らしい】

    the Lord:
    And yet, you do not drink.
    【酒をー 飲まんのか?】
    A knight should be a knight, a monk a monk...
    【騎士は騎士】【坊主は坊主】

    Godfrey:
    Brother.
    【兄上】(たしなめるが無視される)

    the Lord:
    ...not both. One. That's what I say.
    【お前は どっちなんだ?】
    Now I may be old-fashioned, but
    【俺は古いかもしれんがー】
    as for the cup, I have, uh, an artificer, uh, a blacksmith.
    【杯(さかずき)だけは腕のいい職人に / 作らせることにしている】
    Or did have.
    【この村にもいい鍛冶職人がいた】

    Godfrey:
    Which son of the blacksmith of my time is the blacksmith now?
    【先代の親方の跡を継いだのは / どの息子だ?】

    the Lord:
    Balian, the eldest.
    【バリアンだ】【長男だよ】
    His child died.
    【最近 子供を亡くしたとか】
    His wife fell into a melancholy. She would not listen to reason.
    【女房は悲しみのあまりー】
    She killed herself. It occurs.
    【命を絶った】 【よくある話だ】
    But what's that to you?
    【何の関係が?】

    Godfrey:
    Private matter.
    【いや ちょっと…】(席を立ち退出する)


    the Lord:(隣席の息子に)
    It's been six and 20 years since my brother took the cross.
    【弟は十字軍と共に26年】
    Now he returns an actual baron of the kingdom of Jerusalem.
    【凱旋する今はー // エルサレム王国の直臣の位を持つ】
    How is that for the lot of the younger brother?
    【あいつは何を受け継ぐ?】
    With no heir, comes to me
    【嫡子がいないから / 跡取りは俺だ】
    and thus to you.
    【そして お前】

    Lord's son:
    Then I thank the stars for my uncle.
    【いい叔父を持った】
引用返信
■4083 / ResNo.25)  Chap24 No.4031の誤字訂正
□投稿者/ 白い都 -(2006/12/17(Sun) 23:24:00) [ID:N4x1r8Py]
    > Protect the helpless.
    > 【弱気を助け---】

    ○ 【弱きを助け―】

    No.4031を修正してくだされば、このレスは削除します。


引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-25]






Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -